2022年09月24日

Mark Audio OM-MF4-MICA スピーカー製作 (2)

Mark Audio "OM-MF4-MICA" スピーカーに合わせて、専用スピーカースタンドを用意しました!

高さ462mmのスピーカースタンドになります。本体キャビをのせると前高662mm(ユニット中央までは562mm)です。

01.キャビ(L).JPG

上面に穴が空いてます、裏側下部にも開口部が見えますね。

02.キャビ(裏).JPG

それでは、ユニットの付いた本体を載せてみましょう。ピッタリはまります。

03.SPシステム.JPG

実はこのスピーカースタンド、ホーン構造になっているんですよ。

04.組立(4).JPG

ホーン構造といっても音道の長さはそれ程ありません。
下部キャビだけで約1400mmの長さです。なので、CWホーンと共鳴管や音響迷路の中間的な感じでしょうか。

上部キャビとの組み合わせではつぎの写真のような構造となり、上部キャビダクトと合わせて音道はトータル1450mm長になります。

05.組立(6).JPG

共鳴ダクトとして考えると [音速÷音道の長さ] で

340m/s÷1.45m = 234.5Hz

の波長になるでしょうか。

参考までに板取写真を。

06.板取(2).JPG

これも側板に対して音道順に張り合わせていくだけなので、製作時間は3時間程度で終了。内部を仕切る板の間隔を合わせるのが注意点ですね。

次回はこのSPシステムの驚きの機能を計測結果と合わせて、ご紹介したいと思います。
.s
posted by toons at 20:57| Comment(0) | オーディオ

2022年09月21日

Mark Audio OM-MF4-MICA スピーカー製作 (1)

「これならできる特選スピーカーユニット 2022年版マークオーディオ編」付録の Mark Audio "OM-MF4-MICA"、やはり6cmユニットということで小型バスレフでいくことにしました。製作もとても簡単です。

机の上に置いても無理のないサイズ感というところで、幅12cm、奥行15cm、高さ20cm程度に納まるよう板取を考えます。

01.板取(1).JPG

板厚12mmのMDFを材料として板幅100mmのバッフル、天板、底板、裏板に200x150mmの側板で挟む形、バスレフダクトは底板から裏側に逃がすようにします。

板数が少ないのでカットも楽、製作も側板に順次張り合わすので難しさはありません。

02.組立(1).JPG

仮組時点ではダクト方向をユニット側にしていましたが、もう少しダクト長を稼ぎたかったので裏板に向く方向に変えています。

03.組立(2).JPG

底ダクトから裏板側に抜けるよう底板は12mmの隙間をあけています。

04.組立(3).JPG

内容積は1.9L程度、断面積が途中で変わるのでダクト周波数(fd)の計算は大雑把ですが170Hz程度の想定です。

吸音材を天板側に少し入れ、側板を貼り付ければ完成。

05.完成(正).JPG

06.完成(裏).JPG

接着剤の乾燥に1日待って特性を測ってみました。昨年とは測定場所が変わったので標準SPのFE83Nとの比較をしてみました。

08.FE83N.JPG

ピンクノイズを再生、アンプボリューム同位置、計測スマホ軸上1m、 "Audio Frequency Analyzer" アプリで計測した 周波数特性がつぎのとおりです。

・OM-MF4-MICA 周波数特性
07.特性(OM-MF4-MICA).PNG

・FE83N 周波数特性
09.特性(FE83).PNG

OM-MF4-MICAの中高域特性は見事にフラット、16kHz以上はマークオーディオの個性ですかね。30度特性で平坦になることを期待しているのでしょう。

ダクト周波数はこの特性からすると160Hz近辺でしょうか、見た目は100Hz-12.5kHzフラットになっています。

FE83Nの方は1k-2kHzが若干レベル高目になっているようです。

ざっと試聴した感想は、よくある紙臭い音ではなかったです。シンバル、フルートの高域も綺麗に拡散する感じ、ピアノの粒立ちも感じられます。

さすがにベースの基音、オーケストラのトゥッティ再生は厳しいですね。ニアフィールドで壁に近づける設置であればもう少し低い方の伸びが期待できるかもしれません。

ということで後は塗装くらいでしょうかね。

いいえ。いくら小型とは言え机周りにそんなスペースがない。通常のセッティングでも聴いてみたいけどわざわざ台を用意するのもな〜。

というお声から、今回この小型システムとマッチしたスピーカースタンドをご用意しております。(え〜、そんな声聞いたことないわ)

そのスピーカースタンドがこちらになります、、、次回につづく。
.s
posted by toons at 19:15| Comment(0) | オーディオ

2022年09月20日

「これならできる特選スピーカーユニット 2022年版マークオーディオ編」- OM-MF4-MICA を入手!

OM-MF4MICA_ユニット(1).JPG

ようやく今年のStereo誌ムック本 ONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット 2022年版マークオーディオ編」を入手しました。

OM-MF4MICA_ユニット(2).JPG

今回のユニットはマークオーディオ "OM-MF4-MICA"、6pフルレンジです。

外見からは、2020年版ユニット"OM-MF4"の振動板を紙にして軽量化を図っただけのように見えますが、本誌内容ではその他細かい改良が加えられているようです。

・OM-MF4-MICA T/Sパラメータ
 Re = 6.8Ω
 Fs = 106.69Hz
 Vas = 1.17L
 Qts = 0.55
 Sd = 23cm2
 Mmd = 1.33g
 Mms = 1.39g
 Spl = 85.23dB/m
 Max Power = 7W(Nom)
 XMax = 4.0mm(1way)

・OM-MF4 T/Sパラメータ
 Revc = 8Ω
 Fs = 97.5Hz
 Vas = 1.15L
 Qts = 0.64
 Sd = 24cm2
 Mmd = 1.63g
 Mms = 1.69g
 Spl = 83.41dB
 Max Power = 7W(Nom)
 XMax = 4.0mm(1way)

機械システムのムービングマス(Mmd)が 0.3gも軽くなっています。Fsが高くなり、音圧レベルも上がっています。

Qtsが下がっているので、少し負荷のかかるダクトでもうまく鳴ってくれそうです。

OM-MF4-1.jpg

2020年版ユニット"OM-MF4"はデザイン優先で設計して、デスクトップオーディオとして活躍中。

今回は素直なバスレフでいくか、、、どうかは次回のお楽しみ。
.s

追記)OM-MF4 関連記事
MarkAudio OM-MF4 プロジェクト vol.1 - ブレストデトネイター 誕生
「これならできる特選スピーカーユニット 2020年版マークオーディオ編」 - OM-MF4 を入手!
posted by toons at 18:01| Comment(0) | オーディオ

2022年09月15日

ビル・エヴァンス - 追憶の時

BillEvans-TimeRememberd.jpg

本日はビル・エヴァンスの命日。

ビル・エヴァンスのジャズピアノの魅力にずっと憑りつかれてきました。1980年に亡くなって42年もの歳月が流れても、彼の音楽はいまも人々の心を惹き付け続けています。

久々に、ビル・エヴァンスを描いた映画「Time Remembered: Life & Music of Bill Evans」を観てみました。
波乱万丈の人生を描いたドキュメンタリー、その生き様の壮絶さを改めて実感できました。彼に関わりのあったミュージシャンのインタビューやビル・エヴァンスの肉声も入っているので貴重な記録です。

残念ながら、実際のライブを聴く機会はなかったのですが、ビル・エヴァンスと同じ空間にいたことがあります。

京都木屋町のジャズクラブ「Lady Day」、、、その昔よく通っていたバーで、毎晩のようにライブ・セッションが催されていました。

そのお店の漆喰壁に、大勢のミュージシャンに混じって、ビル・エヴァンスの手書きサインが!!
おそらく、日本ツアーの際に立ち寄ったのでしょう。ここに居てたんだよなと思いながら、カウンターでバーボンを飲んでいた記憶があります。

そのお店もかなり前に閉店してしまって、もう由来を訊ねることもできませんが、、、あのサインが描かれた漆喰壁、閉店したときに一部削り取って譲り受けたかったなぁ。
.t
posted by toons at 23:55| Comment(0) | オーディオ

2022年09月14日

新しいミニスキレット - ロッジ 6-1/2インチ グリルパン

Lodge-mini-grill-1.jpg

新しいミニスキレット(L3GPJPN)をゲット!

US No.1ブランドの LODGE(ロッジ)6-1/2インチ スキレット、しかも グリルパン仕様です。

こんな小さなサイズで、グリルパンがあるなんて知りませんでした。

たまたま某大手ネット通販で見つけて入手してみました。超格安だったので、てっきり並行輸入品だろうと思っていましたが、、、

ロッジ日本総代理店であるアウトドア専門店「A&Fカントリー」が日本市場向けに企画した正規オリジナル商品だそうです。コロナ蔓延のすこし前、ミニスキレットがブームだった頃にリリースされたようですね。

Lodge-mini-grill-2.jpg

通常の6 1/2インチ・ミニスキレットと並べてみると、このとおり。これで 3兄弟になりました!

このような小さなサイズのグリルパンを使うニーズは少ないためか、在庫処分で売られているのでしょう。

この商品、ロッジならではの鋳鉄5mm厚で、グリル用の波型ラインもしっかりしていて、底面の厚みがさらに増しています。

まだ使い始めで最適な用途を探しているところなのですが、ローストでは接触面積が少なすぎて熱が入りずらい感じですね。ほかのスキレットと併用して、仕上げで肉に焼き目を付けたり、余分な脂を分離するのにはとても重宝しそうです。

とりあえず、ミニスキレットによる料理バリエーションがさらに増えるのが楽しみです。
.t
続きを読む
posted by toons at 22:49| Comment(2) | カルチャー

2022年09月06日

超ミニひまわり

mini-fimawari.jpeg

友人に花苗をお分けした「超ミニひまわり」が無事に咲いたそうです!

我が家では、この夏の悪天候でどうもうまく育っていません。あと残り少ない夏にきれいに咲いてくれることを期待しています。
.t
posted by toons at 23:01| Comment(0) | 日記

2022年08月31日

「Amazon Echo Dot(第4世代)」を入手!そのサウンド特性は!?

EchoDot-4th-1.jpg

「Amazon Echo Dot(第4世代)」をサマーセールで入手!

EchoDot-4th-2.jpg

「Amazon スマートプラグ」とのセットが超特価だったので、ついポッチと、、、(本当は、スマートプラグが欲しかっただけなんですが)

スマートプラグは 「MUJI 大風量サーキュレーター」 をリモートコントロールするのに大活躍してくれています。

Amazon_Smart_plug.jpg

一昨年に導入した「Amzon Echo Dot with Clock(第3世代)」とほぼ同じ直径(10cm)ですが、第4世代のほうは球体なのでかなり大きく見えます。

EchoDot-4th-4.jpg

全体にスタイリッシュに仕上がっているのですが、上部ボタンのデザインが妙に不格好なのはご愛嬌ですね。

EchoDot-3th-1.jpg

第3世代のほうがあまり存在感を主張せず、よくできたデザインだと思います。
時刻表示だけなく音量レベルの設定表示などができるのはとても便利なので、第4世代も時計付きにしたほうがよかったなと少し後悔しています。

さて、肝心のスマートスピーカーとしての音質はというと、、、
第3世代でがっかりしたサウンド傾向は残っていました。かなり改善されたという口コミがあったので期待していたのですが、、、

ということで、改めて周波数特性を計測してみました。

・Amazon Echo Dot(第4世代)
EchoDot-4th-Freq.jpg

・Amzon Echo Dot with Clock(第3世代)
EchoDot-3th-Freq.jpg

iPadとBluetooth接続し、ピンクノイズを再生させて、オーディオアナライザーアプリ「Audio Frequency Analyzer」で周波数特性を計測した結果です。
第4世代と第3世代を同一条件で再生、測定距離は100cm、1/3オクターブバンド、ピークホールドでの周波数特性です。

第4世代では、第3世代の課題だったドンシャリ傾向、中域の大幅な落ち込みが改善されて、割と素直な周波数特性になっています。

フルレンジ単発で低域を無理に持ち上げすぎなので、やはり鈍い低音です。しかし、第3世代のような人の声の不自然さはかなり改善されています。

オーディオファンとしてはこの音質ではあまり音楽を楽しめそうもありません。やはりイコライザーで調整して特定の音楽ジャンル向けに利用するしかなさそうですね。まあ、Alexa音声アシスタントとして別室でがんばってもらいましょう。
.t

関連記事:Amazon Echo Dot その音質に違和感、周波数特性は!?
posted by toons at 19:53| Comment(0) | オーディオ

2022年08月29日

やっと戻ってきた夏雲

summer-sky-202208.jpg

やっと夏らしい雲を見かけるようになりました。

先週までの秋雨前線による悪天候が一息ついたと思ったら、今度は日本近海で台風発生とのこと、、、この夏の天候はまったく読めません。

気候変動はもう後戻りできないレベルに来てしまっているのでしょうか。
.t
posted by toons at 23:52| Comment(0) | 日記

2022年08月11日

iPhoneアプリ・サマーセール!

この夏休みに、日頃気になっているオーディオや生活環境のチェックをやってみませんか!?

オーディオ系アプリとアプリバンドルを特別価格でご提供します!セール期間は 19日まで。この機会をお見逃しなく!!

Audio Frequency Analyzer

icon-afa_v700.png

iPhone用スペクトラム・オーディオ・アナライザー(RTA)アプリ。
オーディオ機器のセッティング、スピーカーテスト、ステージ音響、サウンドミキシング環境の評価など、様々なサウンドシーンでご利用ください。


Audio Tone Generator Plus

icon-atg_plus_v100.png

様々なオーディオ・テストトーンを生成するサウンドジェネレーター・アプリ。
オーディオシステムテスト、サウンドチューニング、聴力検査などの基準音源として、幅広い分野でご利用いただけます。


Environmental Sensor Measurement Combo

icon-magnetscape_v400.png icon-vs_v500.png icon-inclino_v300.png

iPhone内蔵の各種センサの情報を直感的にわかりやすく表示するアプリセット。
- Magnetscape: 磁気レベル測定・解析ツール
- Vibroscope : 振動レベル測定・解析ツール
- Clinoscope : 傾斜計・ジャイロスコープ


Particular Noise Measurement Combo

icon-sla_v500.png icon-hfnm_v200.png icon-lfd_v400.png

低周波から高周波の可聴周波数をすべてカバーした騒音解析アプリセット。
- Sound Level Analyzer:騒音解析ツール
- High-Frequency Noise Monitor:高周波解析ツール
- Low Frequency Detector:低周波検出ツール

追記)2022.8.20
サマーセールは終了しました。たくさんのご利用ありがとうございました。

TOON, LLC.
posted by toons at 12:45| Comment(0) | お知らせ

2022年08月10日

夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら下記日程を休業とさせていただきます。

休業期間:2022年8月11日 〜 2022年8月16日

休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答させていただきます。

大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

TOON, LLC.
posted by toons at 09:39| Comment(0) | お知らせ

2022年08月08日

キッチンラボのフレンチ自販機、さらに増殖!

Sheff-tables-202208.JPG

キッチンラボのフレンチ自販機「The Chef's Table」を新たに発見!

四条から西洞院通を少し上がったところにある「ヤサカ&リノパーキング四条西洞院」という駐車場の入り口です。

近所にスーパーが2軒あり、買い物の帰りに見つけてしまいました。

こんなにオフィス街の近くにも出店してきたことに驚きとその勇気にエールを送りたいと思います。

8月2日から設置されたとのこと。

https://thechefstable.jp/

京都御所横の本店御池ゼスト の自販機と内容も同じようです。さらに利便性がよくなったので利用頻度も上がりそうです。
.t
posted by toons at 23:04| Comment(0) | カルチャー

2022年07月31日

アップデート -「Music Frequency Analyzer」ver 2.0

icon-mfa_v200.png

「Music Frequency Analyzer」 を ver 2.0 にアップデートしました!

"Music Frequency Analyzer "は音楽データをデジタル解析する新しい音源解析ツールです。

あなたの大好きな歌、ピアノ、ヴァイオリン等の楽曲にはどんな音の特徴があるのかご存知ですか。このアプリは、あなたの持っている音源のサウンド特性を調べることができます。

このアプリであなたが所有している音楽コレクションから隠れた名曲を発見しましょう。リリースやレーベルの異なる音源ではマスタリングによる音質調整のわずかな違いを見つけられるかもしれません。

例えば、音楽データに含まれる重低音や最高音、楽曲の出だしやクライマックスでの音の重なり具合、録音状態、暗騒音レベルなどを見て取れるでしょう。

さらに、同じ音源をオーディオ機器で再生した際の音響評価のリファレンス特性としても利用できます。

mfa_allofyou_1_v200.jpg

楽曲のファイル情報を分析して、FFT解析および1/3オクターブバンド解析によるサウンド特性をリアルタイムに表示します。ピークホールド、平均値などの定量的な分析表示も可能です。

mfa_fft_Lch_v200.jpg mfa_fft_Rch_v200.jpg

さらに、ゆらぎ解析によって、楽曲の周波数分布の傾向がわかる「1/f ゆらぎ」の度合いも知ることもできます。あなたが好きな音楽の特徴を判断するのにもご利用ください。

mfa_1f_all_v200.jpg

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 21:30| Comment(0) | お知らせ

2022年07月24日

祇園祭後祭・山鉾巡行 2022

祇園祭後祭・山鉾巡行が3年ぶりに開催。

後祭は前祭の逆順で山鉾巡行がおこなわれます。烏丸御池がスタート、四条烏丸がゴールです。

朝8時過ぎ、スタート地点に向かう山鉾を新町三条で定点観測。新町通にある山鉾が4基、三条通にある1基がこの地点を北上します。

・八幡山
gion-hachiman-2022-1.jpg

・北観音山
gion-kitakannon-2022-2.jpg

とても狭い新町通を大きな曳山が移動していくのは迫力があります。

・南観音山
gion-minamikannon-2022-1.jpg

・大船鉾
gion-ofunehoko-2022-1.jpg

・鷹山
gion-takayama-2022-4.jpg

今年の目玉は196年ぶりに復帰した鷹山。
三条新町の東側に位置しており、新町通を北上するためには辻回しをおこなう必要があります。はじめての辻回しが狭い交差点でぶっつけ本番、かなり苦労していました。

gion-takayama-2022-5a.jpg

gion-takayama-2022-6.jpg

新町御池に移動。後部には鷹の図柄の見送りが掲げられています。真新しい白木の屋根が朝日に映えていました。

gion-takayama-2022-7.jpg

なお、後祭の山鉾巡行にはおよそ3万5000人の見物客が訪れたそうです。前祭の山鉾巡行が14万人だったそうで、かなり少ないですね。
.t
posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記

2022年07月23日

祇園祭後祭・宵山 2022

gion-atomaturi-2022-1.jpg

今夜は祇園祭後祭の宵山・最終日、気温26℃程度、こんな爽やかで涼しい後祭宵山はかつてありません。これも気候変動のおかげでしょうか?

gion-takayama-2022-0.jpg

gion-takayama-2022-1.jpg

コロナ感染が過去最多を更新している状況にもかかわらず、想像以上に混雑していました。週末の宵山ということで観光客が多いようです。

gion-kuronushi-2022-1.jpg

gion-kitakannon-2022-1.jpg

お祭り関係者が無事に乗り切れるのをお祈しつつ、早々に切り上げて帰りました。明日の山鉾巡行、とてもいいお天気で催されそうです。
.t
posted by toons at 23:52| Comment(0) | 日記

2022年07月21日

祇園祭後祭・宵山入り 2022

gion-engyoja-2022-2.jpg

今晩より祇園祭後祭の宵山期間入り。

役行者山の町内に燈された提灯がいい雰囲気を醸し出していました。

後祭は、山鉾の数が前祭の半分以下の11基、お祭エリアが狭く、露店も出ませんので、人出がとても少ないです。これが「後の祭り」の語源なのは納得ですね。
.t

posted by toons at 23:55| Comment(0) | 日記