2018年09月18日

前時代の遺物 - SONY DTC-A7

SONY_DTC-A7.jpg

デジタルオーディオテープ(DAT)レコーダ「SONY DTC-A7」が、物置から出てきました。

かなり以前、知り合いから譲り受けて、しばらく使っていたのですが、、、
DATテープの録音再生をおこなう機会をすっかり失って、埃を被っていました。

DTC-A7は、バブル崩壊期の1993年製。業務用製品だったようで、音楽スタジオでもよくつかわれていたようです。
SCMS(シリアルコピーマネジメントシステム)機能制限がないため、デジタルコピーが何度でも可能です。

DTC-57ESとの姉妹機で、外見はすこし異なりますが、内部はDATデッキ部や電源部が共通、メイン基板が大きく異なります。

この製品がリリースされた頃はCDが全盛期で、音楽をデジタルストレージするにはこのようなテープメディアが必要でした。ストレージコストは現在では考えられないくらい高価な時代でしたので、まさに時代の遺物ですね。

さて、電源を入れてみると、インジケータはちゃんと表示されるのですが、テープ扉が開きません。

SONY_DTC-A7-2.jpg

仕方ないので、筐体を開けてみると、DATテープが一本入ったままでした。モーターが回らないので、無理やりギアを回して救出しました。

DAT-tape.jpg

長年放置していたので仕方ないですが、やはりDATデッキ機構は機械物ですから、動かしていないと劣化の一途ですね。

SONY_DTC-A7-3.jpg

さて、電子回路のほうはどうかですが、、、

メイン基板は割としっかりした造りで、とくに劣化した部品は見当たりません。ADコンバータはクリスタルセミコンのCS5339-LPで、16bitデルタシグマ方式、サンプルレートは48/44.1/32kHz対応です。

SONY_DTC-A7-4.jpg

録音スタンバイで、アナログ入力をAD変換したリニアPCMデータのデジタル出力はできました。そのデジタルデータをフルデジタルアンプで受けて、そのサウンド再生がとくに問題ないことも確認できました。さらにアナログ出力も大丈夫でした。ご無事でなによりです!

SONY_DTC-A7-5.jpg

一聴した感じでは、CS5339-LP・ADコンバータのデバイス世代が古いせいか、音の鮮度や音場感などは現代のデバイスに比べかなり劣ってると感じました。
まあ、AD変換のゲイン調整が可能なので、録音レベルの低いアナログソースなどでは活躍の場があるかもしれませんね。

当面、アナログソースをフルデジタルアンプにデジタル入力するためのADコンバータとして使ってみようと思います。

また、メカ系修理は面倒なので、そのうち気力が湧いたら、DATデッキ部の修理をやってみたいです。
posted by toons at 19:17| Comment(0) | サウンド

2018年09月11日

アップデート -「Synthetic Healing Sounds」ver 1.2 - 無料アプリ!

icon-shs_v120.png

Synthetic Healing Sounds」をバージョン1.2にアップデートしました。

「Synthetic Healing Sounds」は、癒しのサウンドコレクション・アプリです。

本アプリはヒーリング効果が期待できるサウンドを電子合成して再生します。

音源ボタンを押すたびに音色や周波数も変わります。さらに、オリジナルのバイノーラルビートを癒しサウンドと同時に再生することが可能です。

たとえば、周囲音がうるさくて仕事や勉強が集中できないときや眠れないときなどにお試しください。

shs_noise_white_v120.png shs_windy_bb1_v120.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png

posted by toons at 15:21| Comment(0) | お知らせ

2018年09月08日

芋大福 - 仙太郎の月一餅(九月)

imo-daifuku-1.jpg

芋大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

九月は「芋」を題材にした菓子でした。

蜜漬けした鳴門金時とこしあんを江州産羽二重餅で包み込んでいます。

imo-daifuku-2a.jpg

鳴門金時がきれいな黄金色で大きな栗のようです。蜜漬けで甘く美味しくなった芋とこしあんのコラボが絶妙でした。

imo-daifuku-3.jpg

posted by toons at 09:43| Comment(0) | フードカルチャー

2018年09月07日

台風21号および北海道地震で被災された皆様へお見舞い申し上げます

このたびの台風21号および北海道・胆振地方を震源とする地震により被災された皆様、ならびにご家族・ご関係者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

被災地におかれましては、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

posted by toons at 15:23| Comment(0) | お知らせ

2018年09月05日

アップデート -「Tuning Oscillator ONSA」ver 2.0

icon-onsa_v200.png

Tuning Oscillator ONSA」をバージョン2.0にアップデートしました。

「Tuning Oscillator ONSA」は、発声トレーニングまたは楽器調音のための基準音発生器です。

A4 (440Hz) ピッチを基準にC1〜C8までの音階のトーンを発生させることができます。

基準音を420Hzから460Hzの間を1.0Hz単位で調整することで、所望のピッチで調律することができます。

オクターブは8段階から、音色は4種類から選択することができます。

onsa_folk_v200.png onsa_piano_v200.png

当社アプリ「Vocalise Scope」と合わせてお使い頂くことで、ボイストレーニングをサポートします。

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png

posted by toons at 07:00| Comment(0) | お知らせ

2018年09月03日

MarkAudio OM-MF5 バスレフスピーカー 周波数特性(2)

bs-om-mf5-12.jpg

夏休みに製作した MarkAudio OM-MF5のバスレフスピーカーをエージング中です。あまり大音量は入れていないのですが、すこしずつ聴きやすくなっています。

最近の周波数特性(エージング・12日後)を計測してみました。OM-MF5単体とOM-MF5&SRS-Z1の総合特性です。

単体特性(OM-MF5) R-ch
Aging-12D(R)-1.png

単体特性(OM-MF5) L-ch
Aging-12D(L)-1.png

総合特性(OM-MF5&SRS-Z1)R-ch
Aging-12D(R)+SRS.png

総合特性(OM-MF5&SRS-Z1)L-ch
Aging-12D(L)+SRS.png

相変わらず、12kHz以上の高域はかなり強めに出ていますが、このユニットの固有問題のようです。ロットによってバラツキが結構あるということでしょうか。
posted by toons at 16:30| Comment(0) | サウンド

2018年08月28日

TEAC VRDS-25x CDプレーヤー修理

VRDS-25x.jpg

TEACのCDプレーヤー「VRDS-25x」のCDトレイがでなくなる故障が発生しました。

この機種に搭載されているVRDS(Vibration-Free Rigid Disc-Clamping System)は、CDのディスク上面から同径の高質量ターンテーブルにディスクをクランプして、ディスクの面ぶれや振動を抑えるティアック独自のメカニズムです。

この「VRDS-25x」は1997年に発売された機種で、とくに不具合もなく約20年間稼働してきました。重量は16.5kgもありますので、オーディオラックから取り出すのも一苦労です。

意を決して、自分で修理してみることに、、、、 内部構造が複雑で大手術になってしまいました。

25X(1).JPG

トレイ内のCDをレスキューするだけで、天板、全面パネル、ディスプレイ基板と固定パネルと結構な数のネジを外さないといけません。

ディスクをクランプしたままだったので、多少強引に取り出さないといけなくて一苦労。

25X(3).JPG

本体左側の基板はアナログセクション。D/Aコンバータはアナログデバイセズ AD1862、デジタルフィルタは NPC SM5843、サンプルレートコンバータはアナログデバイセズ AD1893、I/V変換オペアンプはバーブラウン OPA2132が載っていました。AD1862はマルチビットタイプのD/Aコンバータで、1チャネルあたり2チップを使って差動出力しているようですね。

25X(4).JPG

25X(11).JPG

クランプさせる機構のプーリーがゆるゆるで外れているのが原因とわかりました。VRDS機構自体をばらさないと交換できない感じです。

25X(5).JPG

ゆっくり作業して、問題のモーターユニットが見えたのが小一時間程度。
ただこのモーターユニットが曲者で、ギヤ含めすべてばらさないとゴム交換できないような作り!

25X(6).JPG

25X(7).JPG

25X(8).JPG

これの分解、組立に30分程かかってしまいました。
ネジの数といいメンテナンスを考えていない昔の設計ですね〜

元の状態に戻して電源オン、トレイオープン。うんともすんとも言わず。ここで一旦力尽きました。

25X(9).JPG

しばらくして再チャレンジ。
モータユニット機構とディスククランプパーツがちゃんと嵌ってないことがわかり、再度ばらしを開始。2回目は30分程度。

25X(10).JPG

今度は全部組み立てる前に制御基板だけつなげて、クランプの上下、トレイ開閉を確かめながら作業しました。

ちゃんと動作することを確信して、最終組み上げ。

音出しして、無事修理完了!これでもう少しは頑張ってくれるかな。
posted by toons at 00:57| Comment(0) | サウンド

2018年08月25日

Apple京都・本日オープン!

AppleStoreKyoto-Open-1.jpg

本日10時、「Apple京都」がオープンしました。大阪心斎橋に続いて、関西は2店舗目です。

四条高倉の北東角の「京都ゼロゲート」に出店しており、大丸京都店の隣、斜め向かいにはルイ・ヴィトンがある好立地なところです。

実は、昨年末にオープンした新しい商業ビルなのですが、1-3階フロアが工事中のままずっと覆い隠されていて、オープンの気配もなく放置されていました。もし、アップルストアが京都にできるなら、この場所だろうと噂されていました。

AppleStoreKyoto-Open-2.jpg

10時すこし前に様子を見に行ったところ、すでに大勢の人が詰め掛けていました。

どうも待ち行列が長そうだったので、オープニングのカウントダウンを入り口付近で見学してから、行列に並んでみようと最後尾を探しましたが、、、、

AppleStoreKyoto-Open-3.jpg

四条通を東へ河原町方面に歩いていくと、行けども行けども、行列は続き、最後尾は見当たりません。四条河原町の交差点までたどりつくと、さらに行列が北に伸びています。お店から歩くこと15分、河原町蛸薬師の手前で、最後尾を見つけました。

最後尾のスタッフに訊ねてみたところ、前日夜から並んでいた猛者もいたそうで、9時前から本格的に並びはじめてこうなったとのこと。

AppleStoreKyoto-Open-4.jpg

とりあえず、行列に並んで、ゆっくりゆっくり進むこと1時間半、やっとお店に入店できました。
一昨日の台風20号が過ぎ去り、ようやく晴れた真夏の日差しで、すっかり日焼けしてしまいました。気温は午前中で35℃に達していたようです。

AppleStoreKyoto-Open-10.jpg

入店すると、スタッフとハイタッチ! 
オープン記念品をいただきました。中身はApple京都オリジナルのTシャツとピンバッチとステッカーです。猛暑の中、並んだ甲斐がありました!

最初のほうに入店した人には、アップルマークの入った白いビニール袋も貰えたようなのですが、、、白い箱のみ手渡されたのは残念でした。どうも想定以上の来店者だったようで、品切れだったんでしょうね。そのまま箱をはだかで持ち帰るのはちょっと情けなかったです。

AppleStoreKyoto-Open-6.jpg

店内は1階と2階に分かれていました。
1階は他のアップルストアと同様な感じですが、2階は障子をモチーフとしたカーテンウォールや白い漆喰壁といった和テーストでまとめられていました。

AppleStoreKyoto-Open-7.jpg

AppleStoreKyoto-Open-5.jpg

AppleStoreKyoto-Open-9.jpg

AppleStoreKyoto-Open-11.jpg

あまりの人の多さに疲れたので、12時すぎにお店を出ましたが、まだまだ行列は続いていました。

開店前に1300人並んでいたというニュースが流れていましたが、いったいトータル何人が並んでいたんでしょうか?

posted by toons at 18:06| Comment(0) | 日記

2018年08月23日

SP製作 - MarkAudio OM-MF5 バスレフスピーカー

mm-om-mf5-3.jpg

ONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編」をもう一冊購入して、MarkAudio OM-MF5を使用したスピーカーを製作しました。

mm-om-mf5-1.jpg

ムック本と同じサイズ(18cmx26cm)のオーソドックスなバスレフ形式ですが、さらにサブユニットを密閉室を作って追加しています。フルレンジ+スーパーツィータのような構成で鳴らしてみます。

サブユニットは、かつて名機といわれたSONYのSRS-Z1のフルレンジユニット(直径39mm)で、ちょうど修理解体中だったものを流用しました。

mm-om-mf5-2.jpg

OM-MF5はどうも個体差が大きいようです。このユニットは前回のユニットに比べて、ハイ上がりの周波数特性で12kHz以上の高域レベルがかなり高いようです。

OM-MF5(L)-1.png

SRS-Z1単体(密閉型)では低域は出ませんが、とても素直な特性で聴きやすい音になっています。

SRS-Z1(L)-1.png

再生音は解像度が高く、ボリュームを上げるとOM-MF5がロングストロークのために低音感も十分でます。12kHz以上の高域特性のせいか、音の立ち上がりが速くレスポンスも申し分ありません。

ただ、やはり12kHz以上が持ち上がっているので、ニアフィールドには向いておらず、広い部屋での使用が前提かなと思います。楽曲によっては、楽器音(特に電子系の音)がチープに聞こえる場合があります。エージングでこのあたりは解消されるのを期待しています。

2日程度エージングをおこないましたが、高域は変わらず、中域(200-800Hz)は箱がなじんだのかユニット特性に近い感じになってきました。

SRS-Z1にはハイパスフィルタをかけて、逆相、10kHzクロスでつなぐと、12kHzが-2dBほど落ち、8kHz/10kHzが少し持ち上がって、耳障りな音は減ったような印象です。
SRS-Z1は出しゃばらず、良い感じのアンビエント効果があるような気がします。

・エージング2日間(OM-MF5単体)
エージング2D.png

・エージング2日間(OM-MF5+SRS-Z1) : SRS-Z1逆相、C=2.2μF(10kHz近辺クロス)
SRSエージング2D.png
posted by toons at 14:09| Comment(0) | サウンド

2018年08月18日

ニューリリース -「Tilt Scope」- 3次元傾斜計・無料アプリ!

icon-tiltscope_v100.png

Tilt Scope」をニューリリースしました。

「Tilt Scope」は、角度・勾配、3次元の傾斜角を簡単に測定表示できるiPhoneアプリです。

iPhone端末の内蔵センサの情報をもとに、現在の端末姿勢をリアルタイムに表示します。さまざまな場所の傾きを簡単に計測することができます。

tiltscope_faceup_v100.png tiltscope_portrait_v100.png

tiltscope__v100.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png

posted by toons at 09:20| Comment(0) | お知らせ