2018年08月12日

獺祭・島耕作

saddai-shima.jpg

獺祭・島耕作、近所の居酒屋で見つけました!

8/10から販売開始された、お酒業界話題のお酒です。

獺祭の蔵元曰く、品質基準に達していないため、通常の獺祭ブランドではもう販売不可能なお酒だそうです。7月の西日本豪雨災害で、山口の旭酒造も大きな被害を受けて、通常出荷できないお酒がたくさんできてしまったことの対応策のようです。蔵元会長が経済系ニュースにたくさん露出して宣伝していました。

今回、島耕作ブランド、4合瓶で65万本の販売予定、一本1200円、内200円は被災地への義援金になるとのことです。純米大吟醸50%から3万円台のフラグシップ酒「その先へ」まで、いづれかが入っているそうです。

daddai-shima-2.jpg

今回、見つけて飲んでみましたが、とても雑味が多くて、たしかにこれは「獺祭」とは言えないようなテーストでした。酸が強くて、どうもフルーティさに欠けます。とはいえ、お酒の売れないシーズンの真夏に、夏酒と称して出している他社のお酒と比較すると、とても安くて美味しかったです。

この蔵は通年醸造で冷蔵設備が常時稼働しているのが前提の設備なので、温度管理できない状態での醸造などはありえません。まして今年の夏は猛暑なのですから、かなり難しいですよね。まあ、この値段でこのレベルの純米吟醸酒が入手できるなら、話のネタになるかもしれません。(すでに品切れのようで、プレミア価格をつけて販売している悪徳業者もいるようなのでご注意を!)

獺祭・旭酒造は、いまや大手の一角ですが、20年以上前、まだ本当に「山口の山奥の小さな酒蔵」だったときから、何度も蔵見学をしたりして見守っていましたので、今回の大きな被災からは早く立ち直ってほしいと願っています。

posted by toons at 23:55| Comment(0) | フードカルチャー

2018年08月10日

夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら下記日程を休業とさせていただきます。

・休業期間:2018年8月11日(土) 〜 2018年8月16日(木)

休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答させていただきます。

大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。


posted by toons at 09:31| Comment(0) | お知らせ

2018年08月08日

堀川遊歩道 - 京の七夕 2018

horikawa-1.jpg

夕方、すこし涼しくなったので、「京の七夕」の堀川遊歩道にいってきました。毎年、旧暦七夕の時期におこなわれるイベントのひとつです。

horikawa-yuho-2.jpg

二条から一条戻橋までの堀川遊歩道で、笹飾り、友禅流し、様々な灯りのイルミネーションが飾られ、舞妓による舞踊なども披露されています。

horikawa-yuho-3.jpg

ちょうど気持ちいい風が吹いていて、夕涼みの散策ができました。

horikawa-yuho-6.jpg

「京の七夕」イベントは、この会場以外にも鴨川河川敷、北野紙屋川、岡崎、二条城、梅小路公園などさまざまな場所でおこわれています。この会場は明後日8/10金曜日までです。

horikawa-yuho-4.jpg

posted by toons at 20:33| Comment(0) | 日記

2018年08月07日

アップデート -「Mosquitone Detector」ver 1.1

icon-mtd_v100.png

Mosquitone Detector」をバージョン1.1にアップデートしました。

「Mosquitone Detector」は、人の耳には聴き取りにくい高周波騒音や超音波を検出するアプリです。

あなたは気づかないうちに人工的な高周波騒音にさらされているかもしれません。本アプリはそのような高周波騒音を検出し、可視化することができます。

過大な音圧レベルの騒音を浴び続けることは、聴力を含む健康状態に悪影響を与える可能性が指摘されています。

高周波騒音をできるだけ早く発見して、その場所から素早く離れたり、騒音源の除去などの対策をとるのに、ぜひお役立てください。

本アプリには2つの動作モード(検出モード、探索モード)があります。
検出モードは、耳に聞こえない高周波や超音波が鳴っているかどうかを調べることができます。また、探索モードは、高周波音の発生方向(音源の方向)を探すことができます。

[検出モード]
mtd-dect-1.jpg

[探索モード]
mtd-search-1.jpg

App StoreTMで、「Mosquitone Detector」の製品紹介ページに表示するには、下記リンクをクリックしてください。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 11:32| Comment(0) | お知らせ

2018年08月06日

西院フェス2018

saifes-2018-1.jpg

先週末、京都の真夏の恒例音楽イベント、西院フェスにいって盛り上がってきました!

西院の春日神社をメイン会場として、その界隈のお店でもライブがおこなわれる音楽ライブイベントです。

saifes-2018-2.jpg

主催者が様々な暑さ対策を講じていましたので、このイベントで熱中症になる人は出なかったそうです。

posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記

鴨川納涼2018

kamogawa-noyou-2018.jpg

週末、毎年楽しみにしている真夏のイベント、鴨川納涼に行ってきました。

鴨川の河川敷、四条から三条の間でおこなわれます。全国各地の県人会による屋台がたくさんでていたり、友禅流しのイベントがあったり、京都府内の物産なども販売されています。

各地の名物料理、お酒を格安でいただけるので、いつも楽しみにしているイベントです。

例年かなり混んでいるのですが、今年は猛暑のせいか割と空いていました。以前は、京都市民だけのローカルイベントだったのですが、最近は外国人観光客も徐々に増えて来ているようです。

posted by toons at 23:45| Comment(0) | 日記

2018年08月04日

MarkAudio OM-MF5とFOSTEX M800の周波数特性比較

M800-E82.jpg

FOSTEX M800を汎用バスレフボックス FOSTEX E82に組み込んでみました。

先日、MarkAudio OM-MF5でおこなったのと同様に、iPhone用オーディオアナライザーアプリ”Audio Frequency Analyzer”で周波数特性を測定しました。ピンクノイズ、軸上50cm、1/3オクターブバンド解析、ピークホールドでの測定結果です。

OM-MF5と比べてみると、M800は中域(とくに1-2kHz付近)がすこし落ち込んでおり、高域にもクセがあるのがわかります。
M800がすこし曇った感じのサウンドなのに対して、OM-MF5はかなりフラットな聴感でしたので、それを裏付けたような周波数特性です。やはり音の鮮度、繊細さでもOM-MF5の勝ちでした。

[FOSTEX M800]
M800-E82-freq.png

[MarkAudio OM-MF5]
Freq-OMMF5-E82B.png
posted by toons at 13:40| Comment(0) | サウンド

粟大福 - 仙太郎の月一餅(八月)

awa-1.jpg

粟大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

八月は「粟」を題材にした菓子でした。
粟を練りこんだ江州産羽二重餅に、こしあんを包み込んでいます。

awa-3.jpg

黄色い粟が見た目にきれいです。噛んでみると、粟のつぶつぶした食感が楽しい大福でした。

awa-2.jpg

posted by toons at 12:16| Comment(0) | フードカルチャー

2018年08月01日

ダイソー 300円 USBミニスピーカーを入手!その周波数特性は!?

dasio-usb-sp-1.jpg

ダイソーの「USBミニスピーカー」を入手しました。昨年からネット上で、お値段の割に音がいいと評判になっています。

かなり以前から探していたのですが、なかなか見つからなくて売り切れなのかなと思っていました。たまたま、ダイソーの大型店舗に行ってみたら、たくさん在庫がありました!

想像以上に小さなパッケージ(13 x 8.5 x 6.5cm)でしたので、見逃していた可能性は高いのですが、、、、

dasio-usb-sp-2.jpg

事前情報でわかってはいたことなのですが、USB接続スピーカーではなく、USBは給電のみです。ステレオミニジャックで接続するアナログアンプを搭載したパワードスピーカーです。
スマホやPC向けに企画された商品のようです。公称スペックと実測値はつぎのとおりです。

<仕様>
・出力:3Wx2
・インピーダンス:6Ω
・周波数特性:35 - 20000Hz

<実測>
・プラスチック製ボックス:縦74mm x 横62mm x 奥行54mm
・スピーカーユニット:アルミ振動板?(直径34mm、エッジを含めて45mm)
・本体重量:134g(アンプ内蔵、Lch)、126g(Rch)

とりあえず、手持ちのオーディオ機器に接続して聴いてみました。
そのサウンドは、、、、あまりの音に唖然、、、、。300円ですから、こんなものといえばそうなんでしょう。まあ千円台のPC用スピーカーに比べれば、コストパフォーマンスはいいともいえます。

エージングを12時間ほどおこなって、すこし音がほぐれてきた感じですが、やはり音楽を聴くにはちょっと堪えられそうもありません。

dasio-usb-sp-freq.png

そこで、iPhone用オーディオアナライザアプリ”Audio Frequency Analyzer” で周波数特性を計測してみました。ピンクノイズを入力して、1/3オクターブバンド解析、ピークホールド、軸上50cmでの測定結果です。

周波数レンジの狭さがとても顕著で、200Hz以下の低域と12kHz以上の高域がほとんど出ていません。わざとドンシャリにチューニングしようとたためか、かえって重要な中音域(500〜1.6kHz)が落ち込んでいて、とても不思議なバランスの周波数特性になっています。

人の声やボーカルを聴くとちょっと鼻が詰まったような感じに聞こてしまいます。内蔵アンプでも音作りがされているらしいですが、、、、これを今後どうやって使っていこうか悩ましいところです。やはり改造するしかないかも。
posted by toons at 20:20| Comment(0) | サウンド

アップデート - 「Onmon」 ver 5.0

icon-onmon_v500.png

「Onmon」をバージョン5.0にアップデートしました。

「Onmon」は、iPad上で動作する音声/オーディオ向けスペクトログラム・アナライザーです。音源の時間変化による周波数成分の変動をスペクトログラム表示で、グラフィカルに確認することができます。また、リプレイ機能を搭載しており、オフラインでも解析結果を再生表示することができます。

本アプリは、2つの解析モード(オーディオ信号向けのオーディオモード、音声向けのボイスモード)があります。

バージョン5.0で、オーディオモードでの時間解像度の選択機能が追加され、画面デザインも変更されました。

オーディオモードは、オーディオ信号を対象とした周波数成分解析をおこない、スペクトラムとスペクトログラムを同時表示できます。あなたを取り巻く音、たとえば、環境騒音、ミュージック、鳥の鳴き声などに隠されたサウンド特徴をビジュアル・イメージとして観ることができます。オーディオシステムにおいては、不快な高周波ノイズなどを捕捉するのにも利用できます。

onmon_v500_audio-12k-L.jpg

ボイスモードは、音声信号を対象としたデジタル信号解析をおこない、スペクトラム、ケプストラム、エンベロープ、フォルマント、スペクトログラムを同時表示できます。人の声、会話、歌声などの可視化分析に使用できます。

onmon_v500_voice-1L.jpg

onmon_v500_voice-2L.jpg

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 20:00| Comment(0) | お知らせ