2017年06月30日

水無月 - 京の味覚

minazuki.jpg

米満老舗の京生菓子「水無月(みなづき)」

抹茶入りの「水無月」をいただきました。小豆の風味が香り、すっきりした甘さでおいしかったです。

京都では、6月30日の「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」に、過ぎた半年の穢れを祓い、来る半年の無病息災を願って、「水無月」を食べる風習があります。外郎生地に小豆をのせ、三角形に切り出された生菓子で、三角形は氷を表し、上に飾る小豆は厄除けの意味があるそうです。

暑気払いのため、氷室で保管した冬の氷や雪が宮中に献上されていたようですが、さすがに庶民が夏に氷を手に入れるのは難しいため、このような形を似せた菓子が生まれたようですね。

京都市内の和菓子店では本日限定の「水無月」をたくさんつくって販売していますが、デパートでは早々に売り切れてしまいます。いきつけの和菓子店がいつもより遅くまで営業していたおかげで、なんとか無事入手できて助かりました!

posted by toons at 23:52| Comment(0) | フードカルチャー

2017年06月27日

いちごのショートケーキ - 御影高杉

ichigo-shortcake-2.jpg

御影高杉の「いちごのショートケーキ」

たっぷりの色鮮やかな苺となめらかな生クリーム、どこから食べても苺が存分に楽しめる贅沢なショートケーキでした。

あまり甘すぎないところがいいですね。苺はトッピングには甘みのあるタイプ、サンドにはすこし酸味のあるタイプと使い分けているそうです。

御影高杉は、神戸御影の住宅街にある御影マダム御用達の洋菓子店です。すこし前までは大阪のデパートでも購入できましたが、いまは神戸に買いに行くしかないようです。スィーツ業界の熾烈な戦いが垣間見えるような、、、、

<8/23 追記>
御影高杉・本店は、8月31日をもって閉店するとのことです。後継者問題のようですが、とても残念です。

posted by toons at 18:17| Comment(0) | フードカルチャー

2017年06月26日

木屋町のモアイ?

bar-obk.jpg

京都・木屋町のバーで不思議なオブジェ、モアイ? を発見!


posted by toons at 01:00| Comment(0) | 日記

2017年06月25日

夏越祓 - 京都・北野天満宮 

kitano.jpg

京都・北野天満宮の「夏越祓(なごしのはらえ)」にいってきました。

「夏越祓」は暑い夏を無事越えるための儀式として、京都市内の各神社で6月末におこなわれます。ただ、北野天満宮では菅原道真公の誕生日である6月25日と月末30日におこなわれます。本日は毎月25日縁日(天神さん)と重なり、「夏越天神」ともよばれています。

上の写真の大楼門にも直径5メートルの「大茅の輪」が本日だけ設けられていたそうですが、参詣した夕刻17時過ぎには楼門の大茅の輪は上の方だけが残り、下の方はすでに撤去されていてとても残念でした。本殿の前には、直径2メートル程度の「茅の輪」が設けられていました。

kitano-chinowa.jpg

「夏越祓」として、わたしも「茅の輪くぐり」のお祈りをしてきました。茅の輪を正面から最初に左回り、つぎに右回り、さらに左回り、と 8 字を描きながら計3回くぐって祈ります。今年前半の病と穢れを落とし、残りの半年を無事に過ごすことを願うものです。あいにくの雨天の中にもかかわらず、たくさんの人々がお詣りにきていました。
posted by toons at 23:43| Comment(0) | 日記

2017年06月23日

イタリアンパセリの花

italian-parsley.jpg

イタリアンパセリの花が咲きました。パラソル状の小さな花です。

昨年秋に、種を植えたのですが、春先3月くらいから葉を収穫できようになり、いろいろな料理を彩ってくれました。

さすがに、この花が咲いてから、葉も小ぶりになってきました。イタリアンパセリは2年草なので、花が咲いて種子をつければ枯れてしまいます。

早めに花蕾を摘めば、すこし長く収穫を楽しめますが、今年は種子をとりたいのでこのまま花を咲かせたいと思います。

posted by toons at 19:48| Comment(0) | 日記

2017年06月22日

りんごちゃん - 秋田・横手

ringochan.jpg

可愛いラベルの「りんごちゃん」をみつけたので飲んでみました。

実はりんご酒ではなく、多酸系のリンゴ酸酵母を用いてつくられた日本酒です。しかも一切加水していない生原酒で、酸味の効いた爽やかな旨味が感じられます。

低アルコールにもかかわらず、爽快なキレを感じられる夏酒ではないでしょうか。ロックで飲むのもありですね。

#秋田・横手の阿櫻酒造、あざくら りんごちゃん 純米生原酒
・原料米:秋田酒こまち
・精米歩合:60%
・使用酵母:No.77(リンゴ酸酵母)
・日本酒度:-5.0
・酸度:2.2
・アルコール度:12.4%

posted by toons at 19:32| Comment(0) | フードカルチャー

2017年06月20日

種から育てるマンゴー・その後

mango-2.jpg

マンゴーの水耕栽培にチャレンジ中です。

発芽から、さらに1週間、大きな緑の葉がいっぱい出てきました。
一方、あまり根が出ていないので、土植えのタイミングが難しそうです。

posted by toons at 18:52| Comment(0) | 日記

2017年06月19日

ラム酒で梅酒造り

ume-1.jpg

今シーズンも梅酒造りをしました。
ちょっとタイミング遅いかなと思ったのですが、まだまだ青梅は売っていました。

今年は、福井産の青梅、漬けるお酒はホワイトラムとホワイトリカーの2種類です。昨年、ラム酒をすこし試してみたところ、いい感じにできあがりましたので、量を増やして再チャレンジです。

ラム酒は、サトウキビの糖分を発酵させてつくられる蒸留酒で、爽やかな香りとすっきりした甘さがあります。
ホワイトリカーでは梅のエキスを引き出したシンプルな梅酒になりますが、ホワイトラムだと氷砂糖をかなり控えめにできるのでドライ&フルーティな梅酒にできると思います。

umeshu.jpg
posted by toons at 19:41| Comment(0) | フードカルチャー

2017年06月18日

カサゴ - アクアパッツア

gashira-aquapazza.jpg

長崎産のカサゴでアクアパッツアを作りました。

関西ではガシラと呼ばれている魚で、カサゴ目フサカサゴ科の底生魚です。初夏だとなかなか魚介類の選択肢も少なくて、どうしても底ものになってしまいます。

このカサゴはかなり赤褐色でしたので、すこし深いところに棲んでいたものだと思います。体長も26cmくらいあり、とても脂がのって美味しかったです。

posted by toons at 23:01| Comment(0) | フードカルチャー

2017年06月17日

ALTEC CF204-8A

cf204-8a-2.jpg

ALTEC CF204-8A、4インチ(10cm)フルレンジユニットを入手しました。

ALTECは、1980年代に”Electro Voice"に買収されて、一時途絶えていました。21世紀になって”Altec Lansing Technologies”という社名で分離独立して、2002年に“ALTEC LANCING PROFESSIONAL”ブランドの業務用スピーカーが復活しました。残念ながら2005年に再度買収されたため、スピーカユニットもわずかな期間だけ製造されました。2007年頃までは市場在庫がありましたが、現在は中古市場で高値流通しています。

CF204-8Aは、なかなか程度のいいものには出会えないのですが、ほとんど使用されていないストック品がオークションで落とせました。しかも当時の販売価格を同じ程度でしたので奇跡的です。

CF204-8Aは、シーリングスピーカーとして設計されたもので、米国の多くの空港や公共設備で採用されています。
ALTECらしい明るくハリのある音で、ボーカル帯域をもっとも得意とします。

このユニットの音は、ALTECサウンド、いわゆる、ウェストコーストサウンドだと思います。軽量な紙コーンを強力な磁石で駆動しているおかげです。さらに4インチとしては破格の高能率で95dB/W/mもありますので、パワーアンプに過大な出力を要求しません。

以下に示す周波数特性のように、1Wで2.5khzでは100dBを超える能率です。低域は300Hzから6dB/octで低下しているようで、メーカ指定どおり天井や平面バッフルに取り付ければ、6dB/octの上昇が期待できるので低域不足も解消できそうです。

今はありあわせのボックスにいれてエージング中ですが、そのうち専用SPをつくろうと思っています。平面バッフルにチャレンジしたいところですが、、、、

スペック:
 型名:ALTEC Lansing Professional CF204-8A , 4 inch full-range
 再生周波数帯域:150Hz - 14000Hz +-5dB
 最低再生周波数:85 Hz (-10dB)
 耐入力:10W-EIA、40W-peak
 インピーダンス:8Ω - normal, 7.8Ω - minimum
 感度:95 dB (1W, 1m)
 最大出力:111 dB(Peak SPL)
 振動板:ペーパー、100 mm (エッジ含む)
 マグネット重量:290 g
 本体重量:700g

CF204-8A-3.jpg
posted by toons at 17:20| Comment(0) | サウンド