2017年08月30日

この夏の熱中症対策

THD501-2.jpg

この夏導入した熱中症対策グッズ、コードレス温湿度計(シチズン THD501) です。

今年の京都の夏は、例年より湿度がとても高く、蒸し暑い日が続いています。そこで、熱中症対策をいろいろ検討した結果がこのグッズです。

ほぼリアルタイムに、室内と室外の温度と湿度を同時モニターできます。温度・湿度センサーの精度もかなりいいので重宝しています。(上の画像の計測表示は、現在の温度・湿度で、室外のほうが涼しそうですね!今夜はエアコンなしで眠れそうです。)

THD501-1.jpg

子機センサーは無線通信で1分ごとにデータ伝送するようで、30mくらい離れていても大丈夫なようです。現在の温度と湿度から計算して熱中症指数(WBGT)による警告が表示されますので、熱中症予防の目安になります。

これからのシーズンは、夜に外気温のほうが涼しかったりするので、エアコンのON/OFFと窓開閉のタイミングを見極めるのに使えそうですね。

posted by toon-rd-team at 23:33| Comment(0) | 日記

2017年08月29日

SP製作 - FOSTEX OMF800P Vol.4

omf800p-hv.jpg

FOSTEX OMF800Pを用いたSP製作のつづき(その4)です。

omf800p-hv-3.jpg

セッティングに関して、どうも横置きのほうが見た目も含め、安定した感じになりました。

posted by toon-rd-team at 23:57| Comment(0) | サウンド

2017年08月28日

星空スタンド - 大阪・なんば

hoshizorastand.jpg

週末、大阪・なんばカーニバルモールでやっていた「星空スタンド」というイベントに行ってきました。
なんばのグルメ店がだす屋台や音楽ライブなどもあり、賑わっていました。8/25から9/3までの10日間やっているそうです。

とくに、焼酎ターミナルでは100種類以上の焼酎がすべて300円と格安でした。珍しい焼酎がたくさんありましたが、「屋久島大自然林」という焼酎が美味しかったですね。

daishizenrin.jpg



posted by toon-rd-team at 08:57| Comment(0) | 日記

2017年08月24日

無花果

ichijiku.jpg

無花果(いちじく)は初夏から秋が旬です。
美味しい食べ方の一押しは「黒胡麻和え」。
いちじくとゴマはとても相性がいいので、一度お試しください。

posted by toon-rd-team at 20:55| Comment(0) | 日記

SP製作 - パイオニア OMP-600 桐スピーカー vol.1

omp600-kri-1.jpg

「ONTOMO MOOK これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」の付録であるPIONEER製 6cmフルレンジ OMP-600を用いたSPを製作中です。

最近ちょっと話題になっているオンキョーの「桐スピーカー」にインスパイアされて、桐材をつかったスピーカーを試作しているところです。

AV watch記事 : オンキヨー、和楽器の響きヒントに、桐を活用した“異端のスピーカー”開発
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1073685.html

ボックスは22x13x14cm、内容積約3Lの密閉型です。
桐は初めてなので、素材をもつ特性(とくに響き)がどの程度なのかを試しています。桐は軽くて適度な内部損失がありそうなので、現状ではあえて吸音材はいれていません。

< OMP-600 スペック>
・形式:6cmコーン型フルレンジ
・インピーダンス:8Ω
・最低共振周波数:130Hz(1V)
・定格周波数範囲:80Hz〜20kHz(-10dB)
・出力音圧レベル:82dB(300 400 500 600 Hz平均、1m/1W)
・定格入力:10W(400cc相当Box 入り)、5W(ユニット)
・最大入力:15W(400cc相当Box 入り)、10W(ユニット)
・mo:1.583g
・Qo:0.997
・実効振動半径:2.275cm
・質量:約218g
・バッフル開口寸法:58mm

omp600-spec.png

iPad用オーディオアナライザアプリ"fo-Kannon"で、周波数特性を測定してみました。
さすがに、OMP-600は6cmの小口径なので、100Hz未満の低域はほとんどでていませんが、とても素直な特性です。10-12.5kHzあたりのピークはユニット自体の特性のようですが、あまり気になりません。

omp600-kri-1-freq.png

桐の柔らかい響きもあって、聴感上の音圧は上がっているように聴こえます。ギターやピアノのソロ演奏は得意な感じですね。

今後、内部構造の見直しをやっていきたいと思います。最終的にバスレフとかにして、低域を補充してあげる必要はありそうですね。

オンキョーの桐スピーカーのように、吸音材ゼロで、“網状鱗彫り”や積層構造など、うまくできそうなものがあれば試していきたいと思います。
posted by toon-rd-team at 19:15| Comment(0) | サウンド