2017年12月20日

SP製作 - Scanspeak 5cmフルレンジ・ソフトエンクロージャSP

td-scanspeak-2.jpg

「Stereo」2013年8月号付録のScanspeak・5cmフルレンジ(5F/8422T03)を用いて、ソフトエンクロージャSP(絨毯スピーカー)を作製しましたので、ご紹介します。

フルレンジユニットにはコンパクトで強力なネオジウムマグネットが採用されていますが、とても軽量で華奢な感じです。
そこで、マグネットの後部にアルミ丸棒(φ25mm、100mm、135g)のデッドマスを装着しました。
背圧を抜く空気穴が空いていますので、どうやって装着しようかと悩みましたが、セラミック製のスペーサを介してエポキシ接着しました。
このデッドマスがあるかないかで、サウンドの安定度がかなり異なります。

このSPの台座部分は円筒状エンクロージャの悩みどころですが、京都西陣でゲットした糸車をそのまま採用しました。
鮮やかなシルク糸が巻いてあってとても綺麗です。接着剤で強度補強をしましたが、重量が軽いのでこの部分にもデッドマス等を装着すると安定度が増しそうです。

td-scanspeak-1.jpg

このSPのサウンドは、パイプ長が短く、ユニットが5cmの小口径で上向きなので、低い周波数帯域はあまり出ませんが、サウンドステージが奥行き方向にふわっと広がる音場型再生です。

ソフトエンクロージャはそれ自体が吸音材でもあり、箱鳴りも無いので、ストレスフリーのおおらかな鳴り方だと思います。物理構造は共鳴管と同じだと思いますので、もうすこしパイプ長を長くしたバージョンも試してみたいと思っています。

また、台座部分の高さを低くすることで、床面反射による低域の増強はすこし可能なようです。現状は見た目重視でこのままいこうと思っています。

ピンクノイズを再生したときの周波数特性を示します。("Audio Frequency Analyzer"アプリでの測定:1/3オクターブバンド、HOLD設定、側面方向より50cm計測)

Soft-SP_scanspeak-5F8422T03.jpg

ユニット仕様:
・メーカ:Scanspeak (デンマーク製)
・型番:5F/8422T03
・口径:5cm
・インピーダンス(Zn):8Ω
・耐入力:5w (RMS)、50w (Max)
・最低共振周波数(f0):118Hz
・出力音圧レベル:80dB (2.83V/1m)
・機械的Qファクター(Qms):4.53
・実効Qファクター(Qes):0.61
・全体Qファクター(Qts):0.53
・実効振動質量(m0):1.67g
・実効振動半径:2.2cm
・総重量:90g
・バッフル穴径:φ54mm

エンクロージャ仕様
・形式  :ソフトエンクロージャ方式
・円筒外径:100mm
・円筒内径:56mm (筒厚:22mm)
・円筒長さ:230mm
・全体高さ:350mm
・備考  :デッドマス・アルミ丸棒(φ25mm、100mm、135g)
      吸音材なし
posted by toons at 18:53| Comment(0) | サウンド

2017年12月18日

醉心「別囲い」純米吟醸酒 - 広島・三原

suishin-betsugakoi.jpg

醉心「別囲い」純米吟醸酒 - 酔心山根本店(広島県三原市)

新聞に包まれた数量限定酒。
サーマルタンクで低温貯蔵された純米大吟醸と純米吟醸の2つの酒をブレンドした芳醇辛口のお酒です。

アルコール分:16%
使用米:山田錦・一般米
精米歩合:60% 
仕込水:広島県中央部の鷹ノ巣山山麓の伏流水
日本酒度:+1.5
酸度:1.4
posted by toons at 23:56| Comment(0) | フードカルチャー

2017年12月17日

マルシェ・ド・ノエル - アンスティチュ・フランセ関西

noel-0.jpg

京都大学の横にあるアンスティチュ・フランセ関西の「マルシェ・ド・ノエル」にいってきました。

noel-2.jpg

毎月一回、日曜日に庭とテラスを開放され、“ル・マルシェ”が催されています。旬の食材や手作りの雑貨などが販売されます。

noel-4.jpg

12月はクリスマスなので、普段とは違って週末二日間の開催で、ノエルの素敵なデコレーションと音楽演奏があって、とても楽しかったです。
すこし寒かったのですが、きのこスープとフランスワインをいただいて、すっかり暖まりました。

noel-5.jpg
posted by toons at 22:11| Comment(0) | 日記

2017年12月14日

あたたかいアザラシ - やわらか湯たんぽ

azarashi-2.jpg

この冬一番の寒波襲来。昨日、京都市内にも初雪が降りました!平年より二日早いそうです。今朝も、みぞれが降っていて、とても寒いです。

そこで、今シーズンも「あたたかいアザラシ」の登場です。

実はこれ、昨シーズン導入した、ウェットスーツ素材の湯たんぽ「クロッツ やわらか湯たんぽ・アザラシ」です。
とても柔らかくて、カバーなしで使えるので、もう硬い湯たんぽには戻れません。

cloz-azarashi.jpg

大分のウェットスーツ専門メーカー「ヘルメット潜水株式会社」が開発した製品です。断熱性の高い特殊なウェットスーツ素材でできていて、お湯を入れてすぐ触れても低温やけどはしません。いろいろな形状が作製できるようで「ブーツ型湯たんぽ」という製品もあり、足が濡れずに足湯の感覚を体感できるそうでそのうち試してみたいです。

これからの寒いシーズンには、就寝時は布団の中で、日中はひざの上に置いてと、「あたたかいアザラシ」が大活躍してくれます。

アザラシくん、この冬もお世話になります!

posted by toons at 08:52| Comment(0) | 日記

2017年12月13日

さよなら白熱電球!

LED-1.jpg

先月から、白熱電球からLED電球へのリプレースを少しずつおこなっていましたが、ようやく完了しました。

LEDの歴史をすこし調べてみると、まず、1906年に英国ヘンリー・ジョセフ・ラウンドが炭化ケイ素(SiC)で黄色発光現象を発見し、1962年には米GEのニック・ホロニアック氏が赤色LEDを開発してから、そのほかの色のLEDも続々と開発されました。

青色の発光だけは技術的に難しく長らく足踏みをしていましたが、1989年に名古屋大・赤崎勇教授(ノーベル賞受賞)の研究グループが窒化ガリウム(GaN)結晶での青色LEDを初めて開発し、1993年に日亜化学の中村修二氏(ノーベル賞受賞)が現在の高輝度青色LEDの量産技術を開発してから、LED照明として実用化がはじまりました。
発光現象発見から約100年たって、いまやすっかりLEDの灯りが主役の座になりつつあります。

一方で、白熱電球の生産中止は地球温暖化対策や環境保護との大義名分のようですが、大手メーカーにとって利益率の高いLEDを売りたい意向が透けてみえていましたので、LED電球を積極導入する気にはなかなかなりませんでした。

2009年に登場した一般電球型LED電球は、当初は変換効率が悪くて発熱も大きかったため、設計寿命40000時間に到底及ばない短期間で壊れるものが多数あり、大手メーカーでは5年保証をせざるをえなくなったようです。

このLED電球の進化を変換効率で見てみると、つぎのような感じです。

2002年  2.0 lm/w  1.8lm  常夜灯 Toshiba
2006年 18.2 lm/w  40lm  ボール電球 Toshiba
2009年 72.1 lm/w  310lm 一般電球20W型 Toshiba
2011年  75.3 lm/w  570lm 一般電球40W型 Toshiba
2013年 117.7 lm/w 1000lm 一般電球100W型 Toshiba
2017年 121.6 lm/w 1520lm 一般電球100W型 Panasonic 

この15年で60倍も変換効率がアップしています。いったん製品化が始まると、性能向上は飛躍的高まるものですね。

一般電球型LED電球の当初製品は白熱電球みたいに触れないほど熱いものでしたが、現在の製品では火傷の心配もなく安心して触れられる製品になってきており、製品信頼度もあがってきたようです。

LED-e17.jpg

今年はLED電球の実売価格が随分安くなりましたので、先月はじめに白熱電球をLED電球に一個入れ替えたのを皮切りにLED電球へ転換をすすめていましたが、今週ようやく全て完了しました。

師走に入ってから、LED電球の市場価格が急激に上がりましたので、11月中に購入しておいたのは正解のようでした。年間でいえば、2月あたりが最安値みたいなので、LED電球化をお考えの方はこの時期を狙われてはいかがでしょうか?

LED-2.jpg
@ 松下 ネオピュア電球 グルメランプ ネオジウムホワイト 100W vs 東芝 E-CORE <-kireiro-> ボール電球形 9.6W

LED電球の演色性に関しては、白熱電球(とくに、ネオジウムランプでの赤色系の発色は最高でした!)にとうてい及ばないため、しばらく馴れが必要だと思いますが、消費電力が約1/8になるのは魅力的です。我が家では、冬場に電力消費がもっとも多くなるので、すこしは省エネになるのではないかと期待しています。

FE-1E.jpg

すべての照明をいきなりLED化するのは大変ですので、逆に、シーリングライトの蛍光灯の長寿命化も図ってみました。

この部品は電子点灯管というもので、蛍光灯を点灯する際に必要な高電圧を電子制御で発生させます。約1秒で蛍光灯が点灯し、蛍光灯の製品寿命も10倍伸びるというものです。

数百円の投資で、蛍光灯が点灯するまでの無駄なチラツキもなくなるので、おすすめです。
posted by toons at 18:46| Comment(0) | 日記