2018年02月19日

ヤマサン正宗 - 島根・出雲

yamasan-1.jpg

ヤマサン正宗 純米生原酒 九号酵母 - 酒持田本店(島根・出雲)

お米の優しい香り、適度な酸味がありながら、しっかりした旨味のあるお酒です。18度と高いアルコール度数のため、すっきりした辛口に感じられ、飲み応えも十分でした。
醸造パラメータがわかりやすい、シンプルなラベルも好感度が高いですね。

アルコール度数:18度
精米歩合:70%
日本酒度:+6.0
原料米:五百万石100%
酵母:9号系
杜氏:岩成 利
posted by toons at 23:55| Comment(0) | 食と文化

2018年02月15日

バレンタインデー

バレンタインデーのいただきもの。

love-tofu.jpg

京仁助のハートとうふ。
はじめてこの形の豆腐をいただきました。絹ごし豆腐ならではのあっさりした食感ながら、大豆の風味がしっかりして美味しかったです。湖国近江産の大豆、伊豆大島産の海水にがり、京都・桂川の伏流水で仕込んでいるそうです。

kuheiji-choco.jpg

神奈川・平塚、シルスマリア(SILSMARIA)の「醸し人九平次 純米大吟醸 別誂」が入った生ホワイトチョコレート。生チョコ発祥のお店だそうです。
愛知の萬乗醸造・醸し人九平次の大吟醸酒ならではの味わいと爽やかな酸味が抜群で、日本酒との相性も抜群でした。ただし、アルコール 1.4%とかなり日本酒が入っていますので、大人向けですね。

otoemon-cake.jpg

京都・福知山、足立音衛門のケーキセット。
栗菓子で有名なお店ですが、チョコケーキもとても濃厚かつビターな味わいで美味しかったです。

fonadan-711.jpg

セブンイレブンの逸品、「とろける生チョコのフォンダンショコラ」。
電子レンジで温めると、生チョコがすこし融けて、とても濃厚な味わいでした。この値段で、近所のコンビニで普通に手に入るのは貴重ですね。

posted by toons at 23:57| Comment(0) | 食と文化

2018年02月14日

オーディオテクニカ AT-ML170/OCC

at-ml170.jpg

オーディオテクニカ製VMカートリッジ、「AT-ML170/OCC」です。

YAMAHA GT-2000LとストレートアームYSA-1との組み合わせで愛用しています。

「AT-ML170/OCC」は、ML(マイクロリニア)針、内部配線材がPCOCC、直径0.4mmのボロンパイプ表面に金を蒸着したカンチレバー、マウントベースにファインセラミックと、とても凝ったハード構成です。

GT-2000Lとの組み合わせでは、切れ味いい中高域と低域の重量感がバランスしたワイドレンジ&スムーズな再生をしてくれています。無理なく奥行き方向に展開する音場感が好ましいです。

なお、ML針はラインコンタクト針の一種で、レコード溝との接触曲率半径が非常に小さくて高域特性が劣化しない特徴をもっています。このため、1,000時間と長い針先寿命を実現しています。トラッキングも非常に高く、チャンネルセパレーションや高域特性などが大幅に改善されていました。

at-ml170-1.jpg

Audio Technica AT-ML170/OCC
発電方式:VM型
出力電圧:4mV/1kHz (5cm/sec)
針圧:1.25 ± 0.3g
再生周波数帯域:5 - 40,000Hz
チャンネルセパレーション:31dB/1kHz, 21dB/10kHz
チャンネルバランス:0.5dB/1kHz
コンプライアンス:10×10-6cm/dyne
負荷抵抗:47kΩ
針先:ML(マイクロリッジ)針
自重:7.0g
発売:1985年3月
交換針:ATN-ML170
備考:0.4o径金蒸着ボロン・カンチレバー、ファインセラミック・マウントベース。

海外向けのマニュアルを入手しましたので、参考までに掲載します。

at-ml170-m1.jpg

at-ml170-m2.jpg
posted by toons at 12:37| Comment(0) | サウンド

2018年02月09日

うぐいす大福 - 仙太郎の月一餅(二月)

uguishu-1.jpg

うぐいす大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

uguishu-2.jpg

2月は「うぐいす」を題材にした菓子でした。
江州産羽二重餅に、丹波大納言小豆のつぶあんを包み、うぐいす粉をまぶしたものです。
丹波大納言小豆ならでは風味豊かな味わいと、きれいな若草色のうぐいす粉のさわやかさが絶妙でした!

posted by toons at 23:56| Comment(0) | 食と文化

2018年02月04日

吉田神社の節分祭 - 京都

setubun-0.jpg

昨日、吉田神社の節分祭にいってきました。平安時代に平安京の守護神として創建された神社で、京都大学の東側の吉田山にあります。

setubun-2.jpg

2月2日〜4日の節分祭には50万人もの参拝客が訪れるそうです。門前には約800軒の露店が出ていてとても賑わっていました。写真の大元宮は、節分詣の発祥の社だそうで、夜間拝観できるのは節分祭のときだけです。

setubun-1.jpg

境内では厄除け福豆が売られており、「福当たり」という抽選券がついています。自動車とか豪華景品の当たるので、いつも早々に売り切れてしまいます。
今年はギリギリセーフでなんとか入手できてよかったです。ちなみに、福豆は京豆菓子の老舗「豆政」謹製です。

setubun-3.jpg
posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記