2018年04月27日

Accuphase E-302B

accuphase-e302b-1.jpg

アキュフェーズ(Accuphase)のプリメインアンプ E-302B です。オーディオの黄金期の製品です。

アキュフェーズ製品といえばシャンパンゴールドが一般的ですが、これはとても珍しいブラックの精悍な外観をしています。1984年に突然変異のごとく、艶のあるブラック仕上げでリリースされました。同社のプリメインアンプとしては5代目の製品で、シャンパンゴールドタイプのE-302と併売されていました。

細かい操作ボタンやツマミなどをサブパネルに収めて、とてもすっきりしたデザインになっています。間接照明のオレンジのパワーメーターが印象的です。この製品以降のプリメインアンプはこのようなデザインとハードウェア構成を踏襲していきます。

この当時、高級オーディオ製品といえばブラックパネルというのが定番で、同社もその流行に乗るかどうか苦慮していたものと思われます。このようなブラックパネルはプロ向け製品には採用されましたが、その後のコンスーマ製品には採用されることはありませんでした。

このアンプを入手して33年もの歳月が経ちましたが、故障らしい故障は一度もありません。いまだに現役マシンとしてサブシステムの中で活躍しています。

ちょうどCDプレーヤーの登場した時代であり、デジタルソースへの対応を図ったアンプのようです。セパレートアンプ、C-222とP-266の設計思想とデザインをシンプルに反映したモデルのように思います。

パワーアンプ部の出力段にはPc120Wのトランジスタ4個によるパラレル・プッシュプル構成、ドライブ段にはMOS FETを採用しています。700VAのトロイダルトランスを搭載して、120Wx2(8Ω)の出力が可能です。また、プリアンプとパワーアンプを分離して、それぞれ独立アンプとして使用できます。

この機種以前のアキュフェーズのプリメインアンプは、コントロールアンプ機能にこだわっていましたが、この機種ではプリ部をできるだけシンプルにして、音の鮮度を上げる方向でチューニングされたようです。いわゆるアキュフェーズ・トーンがあまりきつくない感じだと思います。

このアンプはかなり発熱しますが、やはりシンプルな回路構成のおかげでトラブルが発生しにくいようです。これからも末長く使っていきたいと思っています。

このアンプ E-302B の製品概要はつぎのとおりです。アキュフェーズ社のウエブサイトで、製品カタログが今も公開されています。

Accuphase E-302 : https://www.accuphase.co.jp/cat/e-302.pdf

posted by toons at 07:55| Comment(0) | オーディオ

2018年04月21日

もっとメイラード! - クッキングバーナー

cookingburner.jpg

新しいキッチンツール、「クッキングバーナー」が届きました。

ずっと導入すべきか悩んでいたのですが、意を決して購入しました。
イワタニのカセットガス用クッキングバーナー(第2世代の”CB-TC-CJ2”)です。

これは料理専用ガスバーナーで、炎の強さや広がりも簡単に調整できる優れものです。アウトドアのトーチ用ガスバーナーに比べて自由度が高くて、とても安全性が高い感じです。

初めはすこし怖かったのですが、とても取り回しがよく、着火レバーを放せば炎は消えますので、すぐに慣れました。

これは定評のあるイワタニの日本製ですし、ガス火が自由自在の動かせることのメリットと、逆にその危険性をしっかり理解して使えば安全な道具だと思います。

roastbeef.jpg

まずは、マグロの炙りとローストビーフで試してみました。とてもいい仕上がりになりました。写真は真空調理したローストビーフに焼き目をつけたところです。

いままでは金串をいちいち打ってから、ガスコンロの火で炙っていたのですが、そのような手間なくダイレクトに炙れます。もっと早く導入すべきキッチンツールでした。

roastbeef-2.jpg

メイラード反応を利用した料理が楽しみになりました!

寿司の炙り、牛肉や魚のたたき、低温調理後の焼き目付けなど、様々な調理シーンで活躍してくれそうです。

posted by toons at 09:10| Comment(0) | カルチャー

2018年04月19日

アップデート -「Colored Noise Generator」ver 2.0

icon-cobng_v200.png

「Colored Noise Generator」をバージョン2.0にアップデートしました。

「Colored Noise Generator」は、さまざまな音響測定、サウンドチューニング、聴感効果などの基準音源に使えるノイズ信号生成アプリです。

一般的な計測用に使われるホワイトノイズ、オーディオチェック用のピンクノイズに加えて、ブラウンノイズ、ブルーノイズ、パープルノイズ、グレーノイズを生成することができます。

cobng_white_v200.png cobng_purple_v200.png

さらに、任意のノイズ信号をソース音源として、さまざまなオクターブバンドノイズを作ることができます。

オクターブバンドノイズは、環境音測定の基準音源、サウンドチューニング、耳鳴り緩和やサウンドマスキングのための音響効果音など、様々な用途に利用いただけます。

cobng_obn_pink_1_v200.png cobng_obn_pink_3_v200.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png

posted by toons at 07:15| Comment(0) | お知らせ

2018年04月18日

アップデート -「Low Frequency Detector」ver 1.3

icon-lfd_v100.png

「Low Frequency Detector」をバージョン1.3にアップデートしました。

「Low Frequency Detector」は、耳に聞こえにくい低周波音を検出するためのアプリです。

本アプリは、低周波音を検出するためのサウンド計測ツールで、低周波音のパワーレベル、周波数分析(1/3オクターブバンド解析、FFT解析)を測定表示することが可能です。

低周波音は日常のあらゆるところに潜んでいます。

低周波音は騒音と違い、なかなか気付かないことが多く、身体的な影響も予測しづらいという性質があります。

騒音であれば慣れるということもありますが、低周波音はむしろ時間により悪化するケースの方が多いようです。

不眠や体調不良などがある場合、低周波音がその原因かもしれません。本アプリで低周波音の有無や発生源について調べて、その対策を検討するのにお役立てください。

低周波音の発生源になりうるものとして、つぎのようなものがあります。
とくに、近年よくみかけるようになったヒートポンプ給湯機、家庭用燃料電池などの省エネ製品分野では、低周波音による被害問題が訴訟にまで発展しているケースもあるようです。

・家庭での発生源:換気扇、冷蔵庫、エアコン、送風機、家庭用燃料電池、ヒートポンプ給湯機、脱水ポンプなど
・屋外の発生源:自動車、電車、航空機、ビル空調の室外機、工場騒音、道路橋の長期振動、風力発電など

<低周波騒音の1/3オクターブバンド測定例>
lfdetector_oct.png


<低周波騒音のFFT解析例>
lfdetector_fft.png


本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 01:42| Comment(0) | お知らせ

2018年04月16日

ゆめぴりか - 北海道

yume-pirica.jpg

北海道から「ゆめぴりか」が届きました。

2009年から販売が開始された北海道が誇るフラグシップのブランド米です。
米の食味ランキングでは、特A評価を8年連続で獲得しているそうです。

数年前にはじめて食べたとき、あまりの美味しさにびっくりした記憶があります。

久々に、ごく少量ですが、生産者のはっきりしたお米を入手してみました。
とてもバランスのいい食感で、適度な粘りと旨味が際立っています。ご飯好きにはたまらないご馳走だと思います。

いまや米は嗜好品といわれているそうで、シチュエーションや好みにあわせて選ぶ時代のようですね。

posted by toons at 23:57| Comment(0) | カルチャー

2018年04月13日

六角堂ライトアップ - 烏丸六角・京都

rokkakudo-fuji-3.jpg

六角堂のライトアップにいってきました。今週末三日間だけ開催されます。
今春は桜の開花が早く、六角堂の遅咲きしだれ桜もすっかり葉桜になっていました。

rokkakudo-ikenobo.jpg

六角堂は、いけばな池坊の発祥の地です。境内に展示されている生け花作品がとても幽玄的で美しかったです。

rokkakudo-hesoishi.jpg

境内にある「へそ石」、京の都のど真ん中、へそにあたるといわれています。


posted by toons at 22:49| Comment(0) | 日記

2018年04月12日

春の味覚 - 朝掘り筍

Kyoto-takenoko.jpg

春の味覚、たけのこ、毎年楽しみにしています。

京都・洛西産の「朝掘り筍」をいただきました。2キロもありそうな筍が2本も。親切にもアク抜き用に米ぬかと鷹の爪までついていました。

さっそくアク抜きをして、まず一本分を筍ごはん、木の芽和え、若竹煮にしてみました。

ちょっと贅沢な悩みですが、あと一本をどうやって食べるか思案中です。

Takenoko-kinomeae.jpg
posted by toons at 20:55| Comment(0) | カルチャー

2018年04月11日

アップデート -「ATG - Audio Tone Generator」ver 4.0

icon-atg_v400.png

「ATG - Audio Tone Generator」をバージョン4.0にアップデートしました。

「ATG - Audio Tone Generator」は、iPhone上で動作するトーン音源生成アプリです。オーディオシステムのテスト、サウンドチューニング、聴力テストなどの基準音源として、幅広い分野で利用することができます。

本アプリは、サイン波、サイン波スィープ、ホワイトノイズ、ピンクノイズなどのオーディオ・リファレンス信号を発生します。 DVD相当の高品質で0.1Hzの周波数精度です。サイン波スィープの生成時間はユーザーが指定することが可能です。

バージョン4.0より、オクターブバンドノイズ生成機能が新たに追加されました。オクターブバンドノイズは、1/1オクターブまたは1/3オクターブで周波数帯域を取り出したノイズです。オクターブを基準とした一定の周波数帯域の音量を測定評価するために利用できます。

atg_v400_sine.png atg_v400_sweep.png

atg_v400_white.png atg_v400_pink_13oct.png

本アプリは、以下のような、様々な応用が可能です。
- スピーカー、ヘッドホンなどの性能テスト、エージング
- オーディオアンプ、イコライザや他の多くのオーディオ機器のテストとチューニング
- 音響試験
- オーディオシステムの周波数特性評価
-サウンドマスキング
- リラクゼーション、メディテーション
- モスキート音の生成
- 聴力テスト

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 14:30| Comment(0) | お知らせ

2018年04月07日

さくら大福 - 仙太郎の月一餅(四月)

sakura-daifuku-april.jpg

桜大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

四月は「さくら」を題材にした菓子でした。
江州産羽二重餅にこしあんを包み、塩漬けした桜花を散らしたものです。

さわやかな香りの桜花の塩味と優しい甘みのこしあんのコントラストがとても美味しかったです!

sakura-daifuku-april-info.jpg
posted by toons at 12:36| Comment(0) | カルチャー

2018年04月05日

春の訪問者

shijyukara-1.jpg

ここ数日、春の訪問者が昼過ぎくらいにやってきます。

四十雀(シジュウカラ)のようです。白いお腹にくっきり浮かぶ黒い線がネクタイみたいですね。

二羽いるので「つがい」なんでしょうか、どうも庭で巣作りをしようとしているようです。

posted by toons at 17:57| Comment(0) | 日記

2018年04月04日

時代を逆行する音楽メディア

nakamichi-2.jpg

カセットテープ、1970年代から音楽メディアとして一世風靡していました。

1982年に登場したCDの台頭により、1990年代にほぼ絶滅したと思われていましたが、、、今静かなブームらしいです。

オランダのフィリップスが1962年に開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体で、正式名称「コンパクトカセット」です。基本特許を無償公開にしたのが、世界的な普及の要因といわれています。

実は、この特許が無償公開になったのはソニーの故・大賀典雄氏の交渉力によるものが大だったようです。フィリップスは当初一個当たり25円のロイヤリティーを求めていましたが、当時テープレコーダー・シェアトップだったソニーには無料にすることとなり、最終的に世界中のメーカーに基本特許の無償公開をすることになったようです。

すっかり廃れていたメディアですが、2014年頃から、米国のインディーズ音楽で流行しはじめ、いまや世界的なブームになってきています。インディーズレーベルやバンドの間で、カセットテープにダウンロードコードを付けて売る方法が新しいトレンドとして流行したことからだそうです。

でもなぜ、こんなアナログのカセットテープが今更と疑問に思うのですが、、、

レトロでオーディオ的にも劣ったフォーマットのメディアなのですが、デジタルデータにはない物理的な魅力?、、、再生すればするほど劣化していくという物が持つ本来の脆弱性があるからなのかもしれません。

nakamichi-3.jpg

これは、1979年にリリースされたナカミチのカセットデッキ、660ZXです。いまだ現役で活躍しています。
(ナカミチは当時カセットデッキ専業メーカーで、1980年に超弩級モデル1000ZXL、1982年に名機といわれたDRAGONがリリースされました。この時代にカセットデッキは完成度のピークを迎えたと思います。)

このモデルは、完全独立3ヘッド、周波数分散型ダブルキャプスタン方式、オートアジマスアライメントなどの精密なメカニズムにより、周波数特性は10Hz〜22kHz±3dB、ワウフラッター0.04%以下などの高性能を実現していました。自然でなめらかなサウンドで、他社のような個性的な音作りはされていませんでした。

いまのブームで残念なのは、ラジカセのような簡易再生環境でカセットテープの音質が評価されている点です。

全盛期に極めたカセットテープの音質がどんなものであったかを知られないままになっていることは、アナログレコードのブームと同様な一抹の寂しさがあります。
posted by toons at 19:45| Comment(1) | オーディオ

2018年04月03日

お花見 - 京都

hanami-5.jpg

日曜日、お花見宴会を京都市内某所でおこないました。遅咲きのしだれ桜がちょうど満開でした。

hanami-2.jpg

今年は、ちょうどお天気に恵まれて、総勢15名の大宴会となりました。
みなさん食べること、呑むことが大好きな方々ばかりで、楽しいひと時を過ごせました。

hanami-3.jpg

たくさんのお料理とお酒をもってきていただいたので、お昼から夕方遅くまで、とても賑やかな宴になりました。
プロの料理人が作った、京都産朝採れ筍のお料理がとても美味しかったです。

hanami-4.jpg

posted by toons at 23:50| Comment(0) | カルチャー