2018年08月01日

ダイソー 300円 USBミニスピーカーを入手!その周波数特性は!?

dasio-usb-sp-1.jpg

ダイソーの「USBミニスピーカー」を入手しました。昨年からネット上で、お値段の割に音がいいと評判になっています。

かなり以前から探していたのですが、なかなか見つからなくて売り切れなのかなと思っていました。たまたま、ダイソーの大型店舗に行ってみたら、たくさん在庫がありました!

想像以上に小さなパッケージ(13 x 8.5 x 6.5cm)でしたので、見逃していた可能性は高いのですが、、、、

dasio-usb-sp-2.jpg

事前情報でわかってはいたことなのですが、USB接続スピーカーではなく、USBは給電のみです。ステレオミニジャックで接続するアナログアンプを搭載したパワードスピーカーです。
スマホやPC向けに企画された商品のようです。公称スペックと実測値はつぎのとおりです。

<仕様>
・出力:3Wx2
・インピーダンス:6Ω
・周波数特性:35 - 20000Hz

<実測>
・プラスチック製ボックス:縦74mm x 横62mm x 奥行54mm
・スピーカーユニット:アルミ振動板?(直径34mm、エッジを含めて45mm)
・本体重量:134g(アンプ内蔵、Lch)、126g(Rch)

とりあえず、手持ちのオーディオ機器に接続して聴いてみました。
そのサウンドは、、、、あまりの音に唖然、、、、。300円ですから、こんなものといえばそうなんでしょう。まあ千円台のPC用スピーカーに比べれば、コストパフォーマンスはいいともいえます。

エージングを12時間ほどおこなって、すこし音がほぐれてきた感じですが、やはり音楽を聴くにはちょっと堪えられそうもありません。

dasio-usb-sp-freq.png

そこで、iPhone用オーディオアナライザアプリ”Audio Frequency Analyzer” で周波数特性を計測してみました。ピンクノイズを入力して、1/3オクターブバンド解析、ピークホールド、軸上50cmでの測定結果です。

周波数レンジの狭さがとても顕著で、200Hz以下の低域と12kHz以上の高域がほとんど出ていません。わざとドンシャリにチューニングしようとたためか、かえって重要な中音域(500〜1.6kHz)が落ち込んでいて、とても不思議なバランスの周波数特性になっています。

人の声やボーカルを聴くとちょっと鼻が詰まったような感じに聞こてしまいます。内蔵アンプでも音作りがされているらしいですが、、、、これを今後どうやって使っていこうか悩ましいところです。やはり改造するしかないかも。
posted by toons at 20:20| Comment(0) | サウンド

アップデート - 「Onmon」 ver 5.0

icon-onmon_v500.png

「Onmon」をバージョン5.0にアップデートしました。

「Onmon」は、iPad上で動作する音声/オーディオ向けスペクトログラム・アナライザーです。音源の時間変化による周波数成分の変動をスペクトログラム表示で、グラフィカルに確認することができます。また、リプレイ機能を搭載しており、オフラインでも解析結果を再生表示することができます。

本アプリは、2つの解析モード(オーディオ信号向けのオーディオモード、音声向けのボイスモード)があります。

バージョン5.0で、オーディオモードでの時間解像度の選択機能が追加され、画面デザインも変更されました。

オーディオモードは、オーディオ信号を対象とした周波数成分解析をおこない、スペクトラムとスペクトログラムを同時表示できます。あなたを取り巻く音、たとえば、環境騒音、ミュージック、鳥の鳴き声などに隠されたサウンド特徴をビジュアル・イメージとして観ることができます。オーディオシステムにおいては、不快な高周波ノイズなどを捕捉するのにも利用できます。

onmon_v500_audio-12k-L.jpg

ボイスモードは、音声信号を対象としたデジタル信号解析をおこない、スペクトラム、ケプストラム、エンベロープ、フォルマント、スペクトログラムを同時表示できます。人の声、会話、歌声などの可視化分析に使用できます。

onmon_v500_voice-1L.jpg

onmon_v500_voice-2L.jpg

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 20:00| Comment(0) | お知らせ