2019年05月29日

日本が誇るスパイス・山椒

祝・500記事達成!

sansho-2019-1.jpg

山椒の季節が到来しました!

山椒はミカン科サンショウ属の落葉低木、日本原産。日本のスパイスとして世界中で注目され、フランスではヌーベルキュイジーヌやスィーツなどで利用されています。

実は5年前から、山椒の虜になってしまい、この季節には山椒をつかった料理や山椒オイル造りをしています。

今年は、和歌山産の山椒を入手しました。実山椒の収穫期間は10日程度だそうで、このタイミングで手に入れないと他の産地になってしまいます。
ただ、少量では売っていなかったので、昨年の2倍くらいの約275gになってしまいました。(このシーズン、京都では郷土料理「ちりめん山椒」をつくる家庭が多いせいなのか、500gや1kgの箱がメインで売られています。さすがにオイル造りにはちょっと多すぎますね。)

山椒の房から、小さな実を外して、きれいに掃除します。細かい作業でかなり時間がかかるので、たくさん仕入れると骨が折れます。3時間ほどかかって、なんとか約250gの実山椒が取れました。

sansho-2019-2.jpg

山椒オイル造りは、実山椒とエクストラバージン・オリーブオイルと一緒に瓶詰めするだけです。水洗いをしたのち、30秒ほど湯煎してから乾燥させたほうが安心だと思います。

今年は、山椒とオリーブオイルの重量比「1:3」および「1:4」の2通りで造ってみました。

通常、オリーブオイルに漬け込んで約1週間で、さわやかな柑橘系のフレーバーオイルができあがります。山椒の種類とオリーブオイルに依存して、香りと辛味の抽出具合がかなり異なります。

毎日、味見をしながら、お好みのタイミングで実山椒を引き揚げてください。刺激のある辛みがお好みであれば、もうすこし長くてもいいと思います。

引き揚げた実山椒は、さらに別のオリーブオイルでオイル漬けにしても2、3回は十分にエキスを抽出できます。残った実山椒は少量のオイルに漬けたまま冷蔵すれば、かなり長く保存できます。炒め物や煮物のスパイスとして活用してください。

また、実山椒の入手量がすこし多めでしたので、塩漬けと山椒ウオッカもつくってみました。
山椒ウオッカは、ウオッカ700ccに対して実山椒26gとちょっと多めな感じでしたので、味見をしながら早めに引き揚げたいと思っています。

sansho-2019-3.jpg

#余談ですが、山椒の成分は人体の受容メカニズムに働きかけることがわかってきています。

山椒に含まれるサンショオールという成分は、唐辛子の辛み成分であるカプサイシンの受容体(TRPV1)を活性化させることが明らかになっています。
TRPV1は43°C以上の温度刺激や酸(H+)によっても活性化します。唐辛子を摂取すると体感温度があがったように感じて、自律的に熱放散(クールダウン)をはかるのはこのためです。
山椒特有の痺れような感覚はこれ以外の受容体も活性化させている模様ですが、まだ解明されていないようです。

山椒でうまく神経感覚をコントロールすれば、例えば、うす塩味で通常は物足りないような料理でもおいしさを感じやすくできるそうです。
山椒オイルをひとふりするだけで、お料理が引き立つのもそういった要因があるのかもしれません。
山椒を魔法のスパイスとして積極的に利用してみてくださいね。

posted by toons at 23:55| Comment(0) | カルチャー

2019年05月27日

金目鯛しゃぶしゃぶ

kinme-1.jpg

金目鯛のしゃぶしゃぶ

このシーズン、旬のいい魚がなかなか無いので、やはり底物になります。

今回はまだ産卵シーズンに入っていない金目鯛にしてみました。一番の旬は真冬でしょうが、年間を通して大きく味は変わらないといわれています。

kinme-2.jpg

金目鯛はしゃぶしゃぶにすると、身が程よく引き締まり、皮目の甘みが増してとても美味しくなります。ポン酢と薬味のネギで、シンプルに!

kinme-3.jpg

しゃぶしゃぶの前に、金目鯛の頭を煮付けでもいただきました!やはり定番の煮付けは金目鯛によく合いますね。

kinme-5.jpg
posted by toons at 23:51| Comment(0) | カルチャー

2019年05月22日

ニューリリース -「Timbre16 Player」 無料ダウンロード予約を開始!

icon-t16p_v100.png

新しい音楽再生アプリ「Timbre16 Player」 5/24 (Fri) ニューリリース!
App Storeにて、無料ダウンロード予約を開始しました!


「Timbre16 Player」は、お気に入りの音楽をお好みのサウンドイメージで再現します。

さまざまジャンルの音楽を最適なサウンドで楽しめるよう、オーディオ・エンハンサーを搭載しています。

16種類のトーンパレットからあなた好みのサウンドイメージを選ぶことができ、さらに4種類のイコライザーでアレンジが可能です。

t16p_play_3_v100.png t16p_songs_v100.png

t16p_top_1_v100.png t16p_artists_v100.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png

posted by toons at 18:40| Comment(0) | お知らせ

2019年05月20日

新緑の季節

shiryolku-2019.jpg

散策のなか、木々に一筋の光、鮮やかな新緑が目に飛び込んできました。
東山にて

posted by toons at 20:15| Comment(0) | 日記

2019年05月16日

Nakamichi CA-5 ! ... CA-50 !?

ca-5a_1z.jpg

Nakamichi CA-5(プリアンプ)を入手!

アナログオーディオの断捨離を図っている友人から頂戴しました。

すこし前に、不具合症状が出始めて音が出ないことがあるとのこと、修復をトライしてみようと思います。

Nakamichi CA-5は、1980年後半にナカミチがセパレートアンプに本格参入したときの製品です。バブル景気が始まり、オーディオ分野も黄金時代を迎えて、ナカミチが絶好調だった時期に当たります。

ca-5a_3.jpg

このプリアンプ、日本向けにはCA-50という製品名ですが、北米向けにCA-5、欧州向けにCA-5Eという型番でリリースされていたようです。海外仕様はAC電源がケーブル直出しではなく、3Pインレットタイプです。
また、上位機種にはCA-70があり、対となるパワーアンプにはPA-70/PA-50という製品があります。

ナカミチ独自開発ではなく、米国 Threshold(スレッショルド)社と技術提携して、これらのアンプを製品化したようです。

つまり、オーディオアンプの鬼才、ネルソン・パス氏が回路設計した製品です。同氏が、PASS LABS(パスラボ)を立ち上げる直前の時期にデザインされたようで、フロントパネルが超シンプルで個性的なのも納得できます。

ca-5a_4.jpg

スレッショルドといえば、1980年代に米国ではマークレビンソン、クレルなどと並びようなハイエンド・オーディオメーカーとして、確固たる地位を築き上げていたのですが、、、
日本では輸入業社が積極的なプロモーションをしなかったのか、あまり注目されるブランドではなかったようです。

この個体、とても丁寧に扱われていたようで、フロントパネルにもほとんど傷がありません。

まあ問題は中身なので、電源を投入する前に開腹してみたところ、、、

ca-5a_2.jpg

回路レイアウトは、”Threshold FET nine”(同時期の製品)によく似た感じで、日本製品では滅多に見られないようなシンプルで整然としたPCBデザインです。

密閉構造のために内部にはホコリひとつ入っていません。
経年変化でとくに劣化しやすい電子部品である電解コンデンサも膨れ上がったものはないようです。熱設計もしっかりしていたんでしょうね、40年近い歳月が経っているとは到底思えません。

回路をよく観察してみると、フル・デスクリート構成でオペアンプやICの類は一切使われていません。フォノイコライザーアンプとフラットアンプのみの超シンプルな回路構成。左右チャネル回路が純銅バスバーで完全分離されていて、サウンドも相当期待できそうです。

さらに驚くのが、基板中心付近のフラットアンプと右側のフォノイコライザーアンプの回路にある6個の巨大コンデンサ。実はフィルムコンデンサで、どうもカップリング用途に使われています!

Nakamichi CA-5は、フォノステージに相当な力点をおき、さらに選別された電子部品と巧みな回路デザインで、"Excellence from Simplicity !" を標榜したプリアンプだったようです。上位機種CA-70や後継機種CA-50IIなどは複雑な回路構成&多機能ですので、まったく別物といえます。

ca-5a_6.jpg

この状態で電源投入して、しばらく内部部品の様子を見てみましたが、発熱したり振動したりしている部品はありませんでした。ライン出力の電圧を計測してみましたが、DC漏れは無いようです。

それではと、CDプレーヤーとパワーアンプを接続して音楽再生させてみましたが、、、

その再生音は、左チャネルがノイズ混じりで出力され、右チャネルもたまに途切れたりします。すこし深刻かもしれませんが、じっくり修復していこうと思います。

参考:製品カタログ情報

Nak-ca5-catlog.jpg

CA-5E.jpg

CA-5E-spec.jpg
posted by toons at 00:11| Comment(0) | オーディオ

2019年05月15日

葵祭

本日は葵祭!

上賀茂神社と下鴨神社のお祭りで、祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つとして知られています。 京都御所から下鴨神社・上賀茂神社へ総勢500名を超える優雅な行列がねり歩きます。

先日5/5の上賀茂神社での賀茂競馬(かもくらべうま)は、葵祭の前儀にあたります。

毎年、京都御所からの行列スタートを観覧しているのですが、残念ながら今年は行けませんでした。

ウェブやテレビニュースで見るしかないですが、五月晴れのいい天気に恵まれて、とてもいいお祭りになっているようです。

posted by toons at 12:58| Comment(0) | 日記

2019年05月13日

もう一つの葵祭 - 松尾大社 松尾祭還幸祭

matsuo-matsuri-0.jpg

昨日(5/12)に、松尾大社の松尾祭還幸祭(おかえり)を見に行ってきました。
松尾祭は、平安時代からおこなわれている古い祭で、葵と桂で飾るので西の「葵祭」とも言われています。

松尾祭といえば、4月半ばにおこなわれる神幸祭(おいで)で桂川を船で渡る「神輿船渡御」がとても有名で、観光客も大勢見に来ます。

matsuo-matsuri-1.jpg

一方、還幸祭(おかえり)は陸上ルートだけの神輿巡行ですので、観光客も少なくローカル色が強くなります。境内にいる見物客も地元の人が主体でした。

matsuo-matsuri-2.jpg

18時くらいから、1基づつ神輿が戻って来て、賑やかに拝殿廻しをおこなわれました。神輿6基がすべて終わるまで約2時間、お神輿をたっぷり堪能できました。

日中は30℃を超える暑さでしたので、神輿の担ぎ手はたいへんだったと思います。お疲れさまでした!
posted by toons at 23:51| Comment(0) | 日記

2019年05月11日

ほうじ茶大福 - 仙太郎の月一餅

houjicha-daifuku.jpg

ほうじ茶大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

今月は「焙じ茶」を題材にした菓子でした。

江州産羽二重餅に焙じ茶を練り込でいて、あんまで焙じ茶あん。

ほうじ茶の香ばしさが溢れていて、ほっこりする大福でした。

posted by toons at 10:24| Comment(0) | カルチャー

2019年05月07日

人喰い岩 - 京都

hitokui-iwa.jpg

玉川 人喰い岩 特別本醸造 生酒 - 木下酒造(京都府京丹後市)

蔵元が「日本一恐ろしい地酒」と称しているお酒です。
蔵から見える人面岩にまつわる伝説に由来するそうで、おどろおどろしいラベルが印象的。

玉川としては珍しい、かなりすっきりした辛口の味わい、爽やかなお酒でした。

【杜氏】フィリップ・ハーパー
【アルコ-ル度数】16〜16.9
【原料米】五百万石(甲山産)60%精米

posted by toons at 20:31| Comment(0) | カルチャー

2019年05月06日

蹴上のつつじ

keage-tutuji-1.jpg

昨日、もう一箇所、蹴上浄水場の一般公開にいってきました。GWの3日間(5/3 - 5/5)のみ無料で見学できます。

keage-tutuji-5.jpg

観光客の方にはあまり知られていませんが、地元では「蹴上のつつじ」として有名で、毎年恒例のイベントとなっています。浄水場内では、さまざまな催しものや施設見学ツアーがおこなわれています。

keage-tutuji-2.jpg

約4800本のツツジがあり、ちょうど満開を迎えて、とてもきれいでした。

keage-tutuji-4.jpg

昨年の一般公開ではすでに花のピークがすぎていて残念な思いをしました。

今年は晴天に恵まれて、鮮やかに咲くツツジを堪能できました。

keage-tutuji-3.jpg

東山連峰の山の中にあるため、広い浄水場内をみて回るのはちょっとした山登りをしている感じです。北方向に南禅寺や平安神宮が望めます。

keage-tutuji-6.jpg

お土産に、京都市水道水のボトルとアヒルのおもちゃをいただきました!

keage-tutuji-7.jpg


posted by toons at 10:33| Comment(0) | 日記