2019年08月14日

MarkAudio OM-MF519 スピーカ設計組立編・その3

組み上げ(2)-1aJPG

端子版をつけてコードを第1ダクトを通して引き回し。余った板を面積が大きそうな板に適当に接着して、補強もどきとしています。

残りの側板を貼り付けるのですが、多少浮いている感じがするので、ちょっと出っ張ている箇所に鉋掛けして微調整をします。

内部構造2.JPG

側板接着、たっぷりのボンドで上から重しをのせ半日くらい待ち状態です。

これで内部をいじるのは、ユニット穴と裏板ダクト部からしかできません。ダクト長の調整と吸音材入れるくらいですかね。

ボンドが乾いたら外見の出っ張り部分を鉋で削って見栄えを良くしたいと思ってます。
.s
posted by toons at 10:12| Comment(0) | オーディオ

MarkAudio OM-MF519 スピーカ設計組立編・その2

MarkAudio OM-MF519 ダブルバスレフスピーカの組立作業です。

まずはダクト裏板長が足りない分を底板から23mmの板で補充。

底板.JPG

そしてダクト裏板組立、ダクトは150mm長の紙パイプ(何かの芯だったもの)。

ダクト部.JPG

天板と上部裏板を接着。

天板.JPG

第1キャビになる部分を組立、少しずれが見えます。

第1キャビ.JPG

第1キャビ部分をバッフル板に接着、ダクト幅が12mmになるよう端材を挟んで固定。

バッフル.JPG

これで主要部材の組立は終わり、各部材を側板に固定していきます。

組み上げ(1).JPG

各隅の補強材、ボンド付けすぎたようで垂れてました。見えない部分は適当に、いい加減の精神で。
片側の側板をつける前に、端子版とコードを引き回しておかないと。
.s
posted by toons at 01:28| Comment(0) | オーディオ