2020年03月12日

北山杉

どうも耳について離れない一曲があります。

「北山杉」 -「京都人の密かな愉しみ Blue 修業中」(NHK BSプレミアム・ドラマ)のエンディング曲

カバーで「JUON」(りりぃの息子さんらしい)が歌っています。

♪ 四条通りをゆっくりと君の思い出残したとこを 黒いダッフルコート着て背中丸めて歩いてます

この歌、どうも懐かしくて、どこで聴いたんだろうとずっと思っていました。

Webで調べてみると、オリジナルは、1974年10月に「うめまつり」というユニットで、シングル・リリースされていました。このグループについてはまったく記憶はないのですが、その昔、深夜ラジオで流れていたのを聴いたのかもしれません。昭和の隠れた名曲!?

♪ あの頃二人は清水の白い石段登って降りて 青春色の京都の町を静かに静かに歩いていました

70年代フォークソングで、とてもやわらかな曲。
いわゆる「ご当地ソング」なのですが、観光客目線のあざとさがなく、ごく自然な視点で描かれています。

北山杉_1.jpg

「北山杉」
 作詞:下条薫
 作曲:山本勝
 歌唱:うめまつり

♪ 四条通りをゆっくりと
 君の おもいで残したとこを
 黒いダッフルコート着て
 背中丸めて 歩いてます
 あの頃二人は 清水の
 長い石段 登って降りて
 青春色の 京都の町を
 じっと じっと 見つめていました

♪ 冷たい雨が雪になり
 君の足跡 かくれて消えて
 涙 まじりの雪払い
 北山杉を 想い出します
 あの頃二人は 大覚の
 白い石仏 触れたり見たり
 青春色の 京都の町を
 静かに静かに 歩いていました

♪ あの頃二人は 清水の
 白い石段 登って降りて
 青春色の 京都の町を
 静かに静かに 歩いていました

Youtube:オリジナル曲
https://www.youtube.com/watch?v=maGBzf9qV5Y

学生の街である京都で、一時期を過ごしたんでしょうね。シンプルなメロディラインも心に染みます。つい口ずさみたくなる一曲です。
.t

追記 (3/13/2020)
同僚から、オリジナルが入っているCDを持っているよと教えてもらいました。1992年発売のオムニバス・アルバムのようです。アルフィーのデビュー曲とか飯島真理が歌った超時空要塞マクロスのテーマソングとか、レジェンドな曲がたくさん入っていますね。

SWR2-1.jpg
posted by toons at 07:59| Comment(0) | 日記