2020年06月08日

今年の新茶

shincha-2020.jpg

5月中旬から期間限定で発売されている「一保堂の宇治新茶(煎茶)」

お茶の新芽ならではの爽やかな青い香り、若い生命力の強さを感じさせます。

mizudashi-1.jpg

水出し煎茶でいただきましたが、渋みがかなり抑えられる一方、うま味成分「テアニン」がうまく引き出せてとても美味しくなります。

mizudashi-2.jpg

低い温度(15℃以下)でゆっくり抽出すれば、エピガロカテキン(EGC)が多く浸出します。EGCは「マクロファージ」の働きを活性化して免疫力を高める作用があります。
.t
続きを読む
posted by toons at 23:54| Comment(0) | カルチャー