2020年06月20日

アップデート -「Low Frequency Detector」ver 3.0 - 低周波騒音検出

icon-lfd_v100.png

Low Frequency Detector」をバージョン3.0にアップデートしました。

「Low Frequency Detector」は、耳に聞こえにくい低周波音を検出するためのアプリです。

本アプリは、低周波音を検出するためのサウンド計測ツールで、低周波音のパワーレベル、時間遷移、周波数分析(1/3オクターブバンド解析、FFT解析)を測定表示することが可能です。

最新バージョンで、UIデザインが更新され、安定性も向上しました。

lfd_time_v300.png

低周波音は日常のあらゆるところに潜んでいます。

低周波音は騒音と違い、なかなか気付かないことが多く、身体的な影響もさまざまです。

一般的な騒音であれば慣れるということもありますが、低周波音はむしろ時間経過により悪化するケースの方が多いようです。

たとえば、不眠や体調不良などがある場合に、その原因は低周波音のせいかもしれません。本アプリで低周波音の有無や発生源について調べて、その対策にお役立てください。

<1/3オクターブバンド解析>
lfd_oct_v300.png

<FFT解析>
lfd_fft_v300.png

<レポート表示>
lfd_report_v300.png

低周波音の発生源としては、つぎのようなものがあります。

・家庭での発生源:換気扇、冷蔵庫、エアコン、送風機、家庭用燃料電池、ヒートポンプ給湯機、脱水ポンプ、など

・屋外の発生源:自動車、電車、航空機、ビル空調の室外機、工場騒音、道路橋の長期振動、風力発電、など

とくに、普及がすすんでいるヒートポンプ給湯機、家庭用燃料電池などの省エネ製品分野では、低周波音による健康被害で訴訟にまで発展しているケースもあるようです。

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 19:51| Comment(0) | お知らせ