2020年07月31日

梅雨明け

tuyuake.jpg

本日、近畿地方も梅雨明け!

ようやく真夏がやってきました。昨年より7日遅く、過去3番目に遅い梅雨明けだそうです。

今まさに、新型コロナウィルス・第二波が来襲している状況で、この夏をどう過ごしていくのか!?

日本人のカルチャーレベルを問われる夏になりそうです。
.t

posted by toons at 19:46| Comment(0) | 日記

2020年07月28日

はも祭り - 山鉾のない京の夏

祇園祭山鉾も祇園囃子も御神輿もない、とても静かな京都の夏です。

Hamomaturi-2020-1.jpeg

祇園祭の別名でもある「はも祭り」! 

毎年このシーズン、友人たちと共に、鱧の宴会をしていましたが、、、
新型コロナウィルス蔓延で、すべて断念。

ということで、超プラベート(二人)にて、「鱧しゃぶ」をいただくことに。

Hamomaturi-2020-2.jpeg

今年の鱧は「黄金鱧」! 

脂が乗って、皮目だけでなく、身までゴールド色に輝く逸品でした。

その鱧を一本まるごと、鱧しゃぶに。

Hamomatsuri-2020-3.jpeg

Hamomatsuri-2020-4.jpeg

Hamomatsuri-2020-5.jpeg

今週中には、歴史的に長かった梅雨がやっと明けそうです。

この鱧で、京都の熱い夏を乗り切るための体力とウィルスに対する免疫力がアップしたかな!?

新型コロナ第二波が全国的に襲っているようですので、みなさま、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。
.t
posted by toons at 23:52| Comment(1) | カルチャー

2020年07月24日

御神霊渡御祭 - 京都祇園祭 その2

gion-2020-1.jpg

本日、祇園祭後祭の還幸祭の代わりとして「御神霊渡御祭」がおこなわれ、白馬の背に榊を乗せた祭礼行列が中御座のルートを巡りました。

gion-2020-2.jpg

18時半前に四条烏丸付近、19時半ごろに神泉苑(祇園祭発祥の地)で御祓いをうけるタイミングにちょうど遭遇しました。御神輿の担ぎ手も少人数ですが、随行していました。

このスペシャルな祇園祭の祭礼が今年一回だけであることを祈って!
.t
posted by toons at 23:35| Comment(0) | 日記

2020年07月23日

御神霊渡御祭 - 京都祇園祭

Sakaki-0.jpeg

新型コロナウイルスの影響で、祇園祭は大幅に縮小され、メインイベントである山鉾巡行やお神輿などはすべて中止。例年のお祭らしい雰囲気はまったくありません。

Sakaki-1.jpg

昨日夕方、祇園祭・後祭の町内を歩いていたら、榊の行列を発見!

Sakaki-2.jpg

今回初めておこなわれている「御神霊渡御祭(ごしんれいとぎょさい)」という儀式でした。

Sakaki-3.jpg

神霊を移した榊の行列が氏子町内を巡っているそうです。悪霊退散、ウィルス退散の祈願ということでしょう。

すこしだけ祇園祭の雰囲気を味わえました。
.t
posted by toons at 19:49| Comment(0) | 日記

2020年07月15日

無印良品 サーキュレーター・騒音レベルを実測、その静かさに驚く!

MUJI_Air_Circulator_1.jpg

無印良品 MUJI サーキュレーター(低騒音ファン:MJ-CF18JP-W)を入手!

MUJI_Air_Circulator_2.jpg

この長い梅雨、エアコンの省エネ効率アップと洗濯部屋干しの助けにと、新しいサーキュレーターを導入しました。これは、約2週間使ってみての感想です。

まず、このサーキュレータ、非常に静音性が高いことに驚きました!
風量を(I-弱)にしたときは、ほぼ無音に近い静音運転、音楽を聴きながらでも「うるさい」とはまったく感じません。

いままでは、アイリスオーヤマのコンパクト・サーキュレーター(PCF-HD15N-B:下写真の右側)を使っていました。
15cm、3枚羽なので、風量はちょっと弱いです。静音モードはかなり静かですが、中、強の設定では少し気になるくらい音が大きいので、いまやPC用冷却ファンと化してます。

comp_MUJI_aris.jpg

当初、無印良品の大きい方のサーキュレーター(低騒音ファン・大風量タイプ:AT-CF26R-W)を選ぶつもりだったのですが、店舗で実物を確認した時に想像以上の大きなサイズだったので断念しました。いま使っている東芝DC扇風機の羽グリル直径とほぼ近いサイズ(幅33.1cm)なんて!!

そこで風量パワーは劣るのですが、小さい方のサーキュレーター(低騒音ファン・タイプ:MJ-CF18JP-W)にしてみました。
実際には他社製品と同じくらいサイズ(幅28.5cm)で十分大きいものでしたが、、、
サイズもギリギリOK、オフホワイトで清潔感もあり、インテリア的にも違和感はありません。

MUJI_Air Circulator_3.jpg

このサーキュレータ(低騒音ファン・タイプ)は、18cm、3枚羽、低騒音コンデンサモータをつかっています。

店頭で確認したときには暗騒音レベルが高すぎてよくわからなかったのですが、自宅で稼働させてみて、その静音性能の高さには改めて驚かされました。

MUJI-dial.jpg

無印良品のサーキュレーター(2機種とも)には、首振り機構もタイマーもリモコンもありません。操作は背面のロータリースイッチを回すだけ。シンプルで、とても割り切った製品仕様です。余分な機構部品や機能もついていないため、この低騒音が実現できたのだと思います。

風量の一番弱い(I-弱)では、ほぼ無音と言っていいくらいの騒音レベル。
(II-中)(III-強)と風量アップしても、風切り音がうまく消されていて、あまり耳につくような騒音はありません。これなら一日中つけても大丈夫そうです。

普段使いの空気循環には(I-弱)と(II-中)、空気を早く入れ替えたいときには(III-強)といったところでしょうか。風の直進性能も良好で、かなり遠くまで風を送ることができます。

実際に、騒音解析アプリ「Sound Level Analyzer PRO」を用いて、騒音レベル測定と周波数分析をしてみました。本体ファンの横方向10cmの距離、風がマイクに直接吹き付けない状態での騒音計測です。計測設定はA補正、FASTです。居室の暗騒音の騒音レベルは28.5dB(A)でした。

風量設定の(I-弱)では、時間平均騒音レベル(Avg)でみて30dB(A)とかなり低いレベル、(II-中)でも37.5dB(A)と低騒音、さすがに(III-強)では44.5dB(A)と騒音レベルが上がったのは感じますが、とくにうるさい種類の騒音ではありません。なお、騒音レベルは6dBの差があると音の大きさが2倍違うことになります。

騒音を周波数分析してみると、突出した周波数ピークが存在せず、特定の固有音も感じられません。風量をアップしていくと、周波数250Hz-2KHz付近の騒音レベルが徐々に上がってくる感じです。

・I-弱
MUJI_Leq_1.jpg MUJI_FFT_1.jpg

・II-中
MUJI_Leq_2.jpg MUJI_FFT_2.jpg

・III-強
MUJI_Leq_3.jpg MUJI_FFT_3.jpg

また、設計上の標準使用期間は10年とロングライフ、アイリスオーヤマ製品の4年とは大きな差があります。製造元は(株)メルコエアテック、三菱電機の100%子会社で空調機器メーカーのようです。三菱電機は業務用モータで定評がありますので、静音性、送風力が優れているのに納得できました。

MUJI-label.jpg

現在、就寝時には(I-弱)の設定にして、エアコンをかけて空気を一晩中循環させていますが、騒音が気になることもなく熟睡できています。省エネにも大いに役立ってくれそうです。

最低限の機能ですが、ともかく静音性を優先される方にはお勧めの製品だと思います。もう一台欲しくなったら、大きい方の製品(ちょっとデカすぎ、さらに低騒音)をチョイスするかもしれません。(以前ブログで記載した東芝DC扇風機みたいに、立体首振り機構の騒音に悩まされることもありませんし、サーキュレーターに静音性と風量を求めるなら、無印のようなシンプル製品がベストでしょう。)

参考)製品仕様
 製品名:MUJI 無印良品 サーキュレーター(低騒音ファン・タイプ)MJ-CF18JP-W
 風量調整:3段階(III-強、II-中、I-弱)
 角度調整:6段階(縦方向 -22.5°〜90° 手動)
 風量 (m3/min):強 15 / 16、中 13.5 / 13、 弱 8.5 / 8.3[50/60Hz]
 騒音 (dB):強 36.5 / 38.5、中 32 / 30.5、弱 19 / 18.5[50/60Hz]
 消費電力 (W):強 13.5 / 15.5、中 9.8 / 9.5、弱 4.2 / 4.2[50/60Hz]
 重量:2.2kg
 電源コード:1.6m
 設計上の標準使用期間:10年

*騒音測定について:製品仕様の騒音(dB)表示は試験条件が異なっており、無響室での評価結果のため、かなり低い数値になっています。測定距離も1mくらいでの計測だと思われます。
通常利用では、居室の暗騒音が付加された騒音レベルとして計測されます。今回の実測結果では(II-中)と(III-強)のレベル差が7dBであり、製品仕様でのレベル差8dB [60Hz]とほぼ近い値となっていますので、妥当な計測結果が得られています。

おまけで、アイリスオーヤマのほうも騒音計測を!
静音モードでは、無印良品の(I-弱)と遜色ありませんが、風量は弱く、すこし風切り音を感じます。
設定・中で約47dB(A)と、無印良品の(III-強)の騒音レベルを軽く超えてしまいます。設定・強だと、長時間の使用には耐えらないほどの騒音レベルですね。1-2kHz付近に周波数ピークがあり、羽の風切り音と本体振動がどうも固有音として聞こえてくるようです。

・静音モード
Aris-Leq-1.jpg Aris-FFT-1.jpg

・中
Aris-Leq-2.jpg Aris-FFT-2.jpg

・強
Aris-Leq-3.jpg Aris-FFT-3.jpg
.t
posted by toons at 08:13| Comment(1) | 環境・騒音

2020年07月12日

暑気払い - 双子座のスピカ

spica-1.jpg

暑気払いに、「双子座のスピカ」!

spica-3.jpg

2月に「萩の露」の蔵元見学へ行った際に購入して、冷蔵庫でずっと寝かしてました。

・萩乃露 純米 双子座のスピカ Sparkling
・原料米:山田錦・吟吹雪
・精米歩合:70%
・アルコール 度数:10度
・酵母:7号系
・日本酒度: -80
・酸度:5.0

「双子座のスピカ」の名は、酒造りの伝統と革新という両輪(双子)の追求から生まれた、先鋭的、新規性のあるお酒という意味から命名したそうです。

spica-4.jpg

活性にごり生酒なので、開栓注意!

慎重に開栓してみましたが、もうすこしで泡が吹きこぼれそうに、、、

spica-6.jpg

低アルコールで軽やかな味わい、とっても爽やかなスパークリング。すこし甘酸さもあって、いい暑気払いになりました。
.t
posted by toons at 11:17| Comment(0) | カルチャー

2020年07月06日

スコット・ラファロ(Scott LaFaro)

今日はスコット・ラファロの命日。

1961年7月6日、25歳の若さで亡くなりました。ニューポートジャズフェスから帰りの交通事故でした。NY「ヴィレッジ・ヴァンガード」での伝説的なライブからわずか11日後のことです。

スコット・ラファロが、ビル・エヴァンス・トリオでベーシストとして演奏した公式アルバムは4枚、「ポートレイト・イン・ジャズ」「エクスプロレーションズ」「サンデー・アット・ヴィレッジ・ヴァンガード」「ワルツ・フォー・デビー」、1959年から1961年の2年間に録音されたものです。

The_village_vanguard-1.jpeg

「サンデー・アット・ヴィレッジ・ヴァンガード」「ワルツ・フォー・デビー」は、6月25日のNY「ヴィレッジ・ヴァンガード」でのライブアルバムで、ビル・エヴァンスのピアノトリオの最高傑作ともいわれています。

二枚のアルバムはスコット・ラファロの死後にリリースされ、絶賛されました。(「サンデー・アット・ヴィレッジ・ヴァンガード」は追悼盤として先行発売され、スコット・ラファロのベース演奏が活きた曲がセレクトされています。)

わたしもこの日のセッションがビル・エヴァンス・トリオのベストパフォーマンスだと思っています。

The_village_vanguard-2.jpeg

彼等のピアノトリオの演奏は、この時代の常識であるリズムパート(ピアノ)が主役の演奏スタイルではなく、ピアノもベースもドラムも対等な関係で、インタープレイ(プレイヤー同士が互いに主従にこだわらず掛け合いのように協調演奏する)といわれる互いの演奏を触発しあうようなライブ・パフォーマンスです。

ビル・エヴァンスのピアノ、スコット・ラファロのベース、ポール・モチアンのドラムがそれぞれソロ演奏しているようでありながら、完全に調和している演奏スタイルを確立しました。スコット・ラファロの歌うようなベースの存在がなければ、実現できなかったスタイルだと思います。

久々に、6月25日のビレッジ・ヴァンガード・ライブの完全版アルバム「The Complete Live At The Village Vanguard 1961」を通しで聴きました。

59年前にタイムスリップして、繊細かつ緊張感のあるライブ・パフォーマンスを聴けることに感激!

ミュージシャンの熱演、それとは対照的にリラックスした客席のざわめき(客も少なく、あまり演奏を聴いていないかも!?)、、、いかにして臨場感あふれるサウンドを残せたのか、当時の優秀な録音エンジニアにも感謝しつつ、合掌。

*スコット・ラファロのディスコグラフィー(参考)
https://www.jazzdisco.org/scott-lafaro/
https://www.jazzdisco.org/scott-lafaro/discography/
.t
posted by toons at 23:46| Comment(0) | 日記

2020年07月05日

新型コロナウィルスとの戦い

非常事態宣言が解除され、社会活動を再開して約一ヶ月、いったん減少していた感染者数が再び増加に転じています。

世界に拡散してしまった新型コロナウィルスはすぐ手に届くところに潜在しています。しかも、日々変異を繰り返して、より凶暴な性質を身につける可能性もあります。

感染予防や治療方法が確立するまでは、感染対策の手を緩めるべきではないと思います。そして、もはや我々の社会生活は従来の形態には戻らないと考えて行動すべきでしょう。このパンデミック時代に適した生活、仕事、社会を再構築していくしか生き延びる道はないと考えます。

ちなみに、京大の山中伸弥教授が新型コロナウィルスに関して積極的に発言されていますが、ネット上ではより詳しい情報を発信されています。
様々な専門情報と現時点での対応のあり方などが示されていますので、ぜひご参考にしてください。

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

.t
posted by toons at 23:32| Comment(0) | 日記

2020年07月02日

アップデート -「Audio Frequency Analyzer」ver 6.0

icon-afa_v300.png

Audio Frequency Analyzer」をバージョン6.0にアップデートしました。

「Audio Frequency Analyzer」は、iPhone用スペクトラム・オーディオ・アナライザー(RTA)アプリです。

シンプルな操作感で、あなたのサウンド環境の周波数特性をリアルタイムに計測評価できます。

オーディオ機器のセッティング、スピーカーテスト、ステージ音響、サウンドミキシング環境の評価、騒音環境の調査などに最適です。様々なサウンドシーンでご利用ください。

afa_oct_v600.png

1/3オクターブ・30バンドの周波数レスポンス解析、または、FFTアナライザーによる周波数スペクトラム解析による計測が可能です。

afa_fft_v600.png

「Audio Frequency Analyzer」の詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 19:38| Comment(0) | お知らせ