2021年04月28日

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら下記日程を休業とさせていただきます。

休業期間:2021年4月29日(木) 〜 2021年5月5日(水)

休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答させていただきます。

大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

toon_logo.png

TOON, LLC.
posted by toons at 22:54| Comment(0) | お知らせ

2021年04月26日

神泉苑

shinsenen-202104-1.jpeg

久々に、祇園祭の発祥の地、神泉苑に行ってきました。

神泉苑は二条城の南側に位置し、東寺真言宗の寺院。794年に桓武天皇により平安京の禁苑(天皇のための庭園)として造られました。

shinsenen-202104-4.jpeg

つつじが満開、とても綺麗に咲いていました。

shinsenen-202104-2.jpeg

鳥のオブジェが、、、と思ったら、サギ(鷺)でした。同じ場所にずっと佇んでいたので、すぐには気付きませんでした。

shinsenen-202104-5.jpeg

大池には鴨やアヒルも見かけました。神泉苑は鳥たちの憩いの場所なんでしょうね。

shinsenen-202104-3.jpeg

神泉苑祭が5月3日に催されますが、今年も本神輿、剣鉾、稚児拝礼などは中止とのことです。
.t
posted by toons at 23:53| Comment(0) | 日記

2021年04月25日

3度目の緊急事態宣言

4都府県に緊急事態線宣言が発令!

中途半端な蔓延防止措置とやらはなんだったんでしょう?

京都市内でも急遽休業を決めた飲食店や小売店が増加。この行き当たりばったりの施策に知り合いの飲食店経営者も嘆いていました。

観光地や繁華街の人出はまったく減っていません。こんなことになるなら、もっと前倒しで実施できたでしょう。実施期間もたった17日間、ゴールデンウィーク明けまでとは!?

様々なコロナ対策が政治日程に忖度しすぎていることに、もう国民は気づいているのですが、、、
.t
posted by toons at 23:49| Comment(0) | 日記

2021年04月23日

アップデート -「ClinoScope」ver 2.1 - 傾斜計&ジャイロスコープ

icon-inclino_v100.png

「ClinoScope」をバージョン 2.1 にアップデートしました。

「ClinoScope」は、角度・勾配、3次元の傾斜角(yaw / pitch / roll)、角速度などを簡単に測定表示できるiPhoneアプリです。

床の傾斜や建物の歪みなど、さまざまな場所の傾きを簡単に計測することができます。

利用例:
- 床、家具、建物などの傾き具合の精密計測。
- 機器設置時のレベル出し。
- オフロード走行時の車の傾斜角度の計測。
- オーディオ機器のセッティング調整、例えば、スピーカの厳密水平基準での設置調整。
- 各種スポーツでの利用、例えば、ゴルフでのグリーン傾斜角度の計測。

INCLINEモードで、3次元・傾斜計として利用できます。iPhone端末の内蔵センサーの情報をもとに、現在の端末姿勢データをリアルタイムに表示します。

cs_incline_faceup_v200.png cs_incline_v200.png

cs_incline_landscape_v200.png

TIMEモードで、角度・角速度の時間変動をリアルタイムでグラフ表示できます。

cs_time_v200.png

なお、最新バージョンで、アプリ名称の変更、機能の見直し、安定性の向上などをおこないました。

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 13:04| Comment(0) | お知らせ

2021年04月16日

アップデート -「Vibroscope」ver 4.3 - 振動レベル計測&解析ツール

icon-vs_v300.png

「Vibroscope」をバージョン 4.3 にアップデートしました。

「Vibroscope」は、iPhoneの加速度センサーを使った振動レベル計測・解析ツールです。

直接耳で聞こえないような低周波振動を可視化してモニター表示することができます。FFTアナライザーにより、低周波振動の周波数成分を解析する機能も搭載しています。

床、机などに置いての使用や手持ちでも使えるように、端末の方向に関係なく水平、鉛直方向を自動判定して振動計測/解析することができます。

最新バージョンで、計測動作中のグラフ表示で軸方向の入れ替え機能を追加しました。あなたが観測したい視点を設定できます。

vibro-xy-peak-comb.png vibro-xz.png

vibro-zy.png vs_main_log_v430.png

また、FFTアナライザーにより、低周波振動の周波数成分を解析する機能を搭載しています。振動源の特徴を調べることができます。

vs_fft_2_v400.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 19:11| Comment(0) | お知らせ

京都祇園祭「山鉾巡行」ことしも中止!

gionmaturi-Ofunehoko-2018.jpeg

新型コロナの感染拡大を受けて、昨年に続きことしも山鉾巡行が中止されることが決まりました。

山鉾巡行には毎年参加していたので、ほんとうに寂しい限りです。

まったく先の見通せないコロナ禍の状況、いまの時点で中止決定したのは賢明な判断だと思います。いたずらに先延ばしをしてもけしていい結果にはならないでしょう。

来年こそはコロナが収束して無事に開催できるのを願っています。
.t

posted by toons at 08:37| Comment(0) | 日記

2021年04月12日

ニューリリース -「Octave-band Colored Noise」ver 1.0

icon-ocn_v100.png

「Octave-band Colored Noise」をニューリリースしました。

「Octave-band Colored Noise」は、カラーノイズおよびオクターブバンドノイズを生成できるサウンドジェネレータ・アプリです。

サウンドマスキング、耳鳴り緩和や睡眠のための音響効果音、音響機器測定の基準音源、サウンドチューニング、建築物の遮音効果測定など、様々な用途に利用いただけます。

本アプリは、6種類のカラーノイズ(ホワイトノイズ、ピンクノイズ、ブラウンノイズ、ブルーノイズ、パープルノイズ、グレーノイズ)を生成します。

ocn_white.png ocn_pink.png

さらに、カラーノイズをソース音源として、さまざまな周波数帯域幅をもつオクターブバンドノイズを生成することができます。

ocn_white_oct_1k.png ocn_white_oct_multi.png

例えば、オクターブバンドノイズは、オフィスや在宅ワークでのネットワークミーティングや仕事に集中したい時など、気になる環境騒音を緩和するためのサウンドマスキング音源として応用可能です。

ホワイトノイズやピンクノイズをそのまま流した場合、ノイズ信号に含まれる周波数成分が広帯域すぎるためにかえって耳障りに感じられます。

そこで騒音源の周波数成分だけをカバーするようにオクターブバンドノイズの周波数帯域を調整することで、耳障りの少ない騒音緩和効果が得られます。

なお、本アプリは「Colored Noise Generator」をアップグレードした広告表示のない有償バージョンです。

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 14:41| Comment(0) | お知らせ

2021年04月10日

ガス警報機を自分で交換してみた!

new_gas_alerm.jpg

都市ガス警報機のレンタル(5年間)が終了したので、この際、自分で交換してみました。

もともとついていた旧製品(大阪ガス ぴこぴこ 101-0104:新コスモス電気製 XW-813)!

ols_gas_alerm.jpg

ガス会社のレンタル総額はかなり割高なので、ネット通販で代替となりそうな製品を格安で入手。

自主交換だと約2年半で元が取れそうです。(実際には製品使用期限が5年半までは保証されているので、もっとコストダウンになります。)

xw-225g-1.jpg

大阪ガスの最新機種は新コスモス電気 XW-223という機種のOEMです。そこで、同じ会社で市販されている最新機種 XW-225G に。

XW-225G は XW-223 と外見そっくり、機能仕様もほぼ同じですが、消費電力が若干異なります。東京ガスはこの XW-225G をそのまま採用しているようです。

旧製品ではLEDランプ表示が明るすぎて困っていましたが、この製品では間接照明になって眩しさが抑えられました。

さらに、日本語の警告音声だけでなく、英語や中国語などの多言語をサポートしています。あまり市販ルートで大々的に販売されるものではないですが、やはり製品の差別化には苦労している感じですね。

xw-225g-2.jpg

交換はとても簡単、ガス警報機用コンセントに電極の方向を合わせて右回転させるだけで設置完了。誤挿入防止の電極構造になっていますので、まず失敗はないでしょう。

電源投入後の約30秒間がテストモードになるので、そのタイミングでテストガスを流して、ガス警報機能が動作すればOK。ガスメータと連動しているのも確認できました。

xw-225g-3.jpg

電気製品なので初期不良の可能性もありますし、警報装置ですから動作確認をしないとやはり安心できません。

製品の動作テストは点検ガス採取器をつかうように設置説明書に記載されていましたが、点検ガス採取器は製品本体よりも高価なので個人で購入して使うのは無理ですね。

testgas_sh8221.jpeg

そこで、パナソニックのガス警報機用テストガスを入手。ほんのわずかしか使わないのでもったいない感じもしますが、100円程度なので安心料ですね。定期的に自主検査で使おうと思います。
.t
posted by toons at 07:30| Comment(0) | 日記