2017年10月13日

オーディオテクニカ AT25

at25.jpg

オーディオテクニカの「AT25」が出てきました。

1978年頃の製品で、シェル一体型カートリッジ初代モデル「AT34」の改良版みたいです。

長らく使っていなかったので、残念ながら金属腐食を起こしていますが、とてもしっかりした構造のヘッドハウジング一体型カートリッジです。

「AT25」のスペックは下記の通りで、マグネシウム合金製ハウシング、0.09mm角天然ダイヤ楕円針、ベリリウム・カンチレバー、トロイダルコイル採用と、当時のカートリッジ技術の最先端を行くものでした。

いまこれを作ったら、価格はいくらになるんでしょうね?

Audio Technica AT25
・発電方式 VM型
・出力電圧 2.2mV(1kHz 5cm/sec)
・針圧 1.0 - 1.5g(最適 1.2g)
・再生周波数帯域 10 - 20,000Hz±3dB
・チャンネルセパレーション 30dB(1kHz)
・チャンネルバランス ±0.5dB以下(1kHz)
・コンプライアンス 10×10-6cm/dyne
・直流抵抗 240Ω
・負荷抵抗 47kΩ
・針先 0.08mm角楕円 天然ダイヤ
・自重 17.3g
・発売 1978年5月
・価格 39,000円
・備考 垂直トラッキング角20度、オーバーハング調整可。
    VM型トロイダル発電を採用した最高級モデル。
    マグネシウム合金ヘッドハウジング一体型。
    世界最小の0.09mm角天然ダイヤ楕円針。
    ベリリウム・カンチレバーはアルミ・ブロックホルダに固定。
   
posted by toon-rd-team at 08:59| Comment(0) | サウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。