2017年11月12日

オーディオセッション in OSAKA 2017 - AirTight AL-05、 CS Port 212PA

Airtight-AL05.jpg

この週末、大阪でおこなわれているオーディオショーに行ってきました!

「ハイエンドオーディオショー」と「オーディオセッション」というイベントが2箇所で開催されており、国内メーカー製品が主体の「オーディオセッション」で、とても印象に残ったものを紹介します。

まず、大阪の真空管アンプメーカー「AirTight」のブースで、10cmフルレンジスピーカー(AL-05 BONSAI)がとても素晴らしい音で鳴っていました。オールアナログ構成の再生システムは、アナログプレーヤ - 300B真空管アンプ(ATM-300Anniversary) - フルレンジSPの構成です。

10cmフルレンジが鳴っているとはまったく想像ができないレベル、音離れがよくて、ダイナミックレンジも十分広く、とても臨場感が豊かなサウンドでした。

実は、この「AL-05」はフルレンジスピーカーの達人として有名な大村孝則氏が設計したもので、一聴の価値があります。

Airtight-AL05-2.jpg

AirTightは、海外でハイエンドオーディオメーカーとしてとても評価が高いようですが、このSPの情報を調べてみたところ、”The Absolute Sound"に試聴レポートが掲載されていました。かなり好意的ですね。

http://www.theabsolutesound.com/articles/air-tight-bonsai-al-05-mini-monitor/

また、「CS Port」という富山の新進オーディオメーカーのブースで、巨大な真空管モノラルアンプ「212PA」、リニアアームがついた重量級プレーヤー「LFT1」がとてもよかったです。

「212PA」は、1910年代にウエスタンエレクトロニック(WE)で開発された”212E”送信管(3極管)を用いたA級シングル40Wの無帰還アンプで、そのスムーズな音に驚きました!この真空管”212E”は、高さで845の2倍、300Bの4倍の大きさをもつ巨大な3極菅です。なんと1400Vものプレート電圧で駆動されているそうです。

212PA.jpg

スピーカーはフランコセルブリンの小さな2way SP「Accordo」なのですが、アナログレコードの「テラーク1812」の大砲がまったく破綻なく豪快に再生できていたのに驚きました。どうも、レコードプレーヤがベース40kg、ターンテーブル27kg、リニアアーム、すべて完全なエアフロートで、ハウリング・マージンが卓越しているおかげのようです。かつてのマイクロ精機のアナログプレーヤを思い出しました。

posted by toon-rd-team at 11:13| Comment(0) | サウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。