2017年11月15日

コッペ - 初冬の味覚・京都

koppe.jpg

今シーズン初の「コッペ」を入手して、美味しくいただきました。

ズワイガニの雌のことを京都では「コッペ」と呼びます。地方によって呼称は異なり、関西ではセコガニ、鳥取ではオヤガニ、石川ではコウバコとも呼ばれるようです。

11月6日、待ちに待ったカニ漁が解禁され、かにシーズンが到来しました。
ただ、「コッペ」の漁期間はとても短くて12月末までとなっていますので、いまの季節だけの限定食材ですね。

「コッペ」は雄と比べてかなり小さいので身の部分はごく少量ですが、外子と内子の美味しさは格別です。そのため、京都では、初冬の味覚として、とても楽しみにしている人が多いですね。

koppe-gohan.jpg
posted by toon-rd-team at 23:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。