2018年01月22日

ルービックキューブ 2x2

RubicCube-2x2.jpg

いきつけのバーのカウンターに、昔流行った見慣れたものが置いてありました。
よく見ると、「3x3」ではなく、ちょっと変わった「2x2」の「ルービックキューブ」でした。

マスターいわく、「2x2」は面の色が決まっていないので、見た目よりはかなり難易度が高いとのことでした。攻略法を知らないと難しいみたいで、この店のお客ですべての面を揃えたのは、いままで現役の京大生がただ一人とのこと。

しばらくチャレンジしてみましたが、酒に酔った状態では無理だなと断念して、隣にいたパートナーに渡しました。
すこし、マスターとおしゃべりをしていると、、、、あっという間にすべての面が揃っているではありませんか!
こんな才能があったのかと改めて感心しました。

マスターから、パーフエクトのご褒美をいただきました!

pirze_Lays.jpg

「ルービックキューブ」は、ハンガリーの建築学者で、ブダペスト工科大学教授だったエルノー・ルービックが1974年に考案したそうです。その後、1977年にハンガリーで製品化され、日本では1980年に発売されて一大ブームがおこりました。いまや、「7x7」のキューブや多面体まであるみたいですね。
posted by toons at 21:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。