2018年02月26日

アップデート - 「Low Frequency Detector」ver 1.2

icon-lfd_v100.png

「Low Frequency Detector」をバージョン1.2にアップデートしました。

「Low Frequency Detector」は、耳に聞こえにくい低周波音を検出するためのアプリです。

人の耳は低い周波数になるほど鈍感です。あなたが気付かないうちに近隣の工事や工場などの騒音にさらされ、不快感や圧迫感を感じて気分が悪くなることもあります。そのような不快な騒音がありそうな時、簡単な操作でどのような低周波音が発生しているかを調べることができます。

一般に、低周波音は、100Hz以下の周波数の音波で、その周波数成分とサウンドレベルによって人体への影響度や騒音感覚が異なります。低周波になるほど聴覚の感度が低くなり、20Hz以下の超低周波になるとほとんど認識できなくなります。このような低周波音は、身体的、物理的な影響があるにも関わらず、客観的に認識できないため、様々な社会問題等が発生しています。
たとえば、風力発電、ヒートポンプ給湯機、家庭用燃料電池など、近年よくみかけるようになった分野でも低周波による被害問題がおこっており、訴訟にまで発展しているケースもあるようです。

本アプリは、そのような低周波音を検出するためのサウンド計測ツールで、低周波のパワーレベル、周波数分析(1/3オクターブバンド解析、FFT解析)を測定表示することが可能です。

低周波騒音の1/3オクターブバンド測定の一例です。

lfdetector_oct.png


本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 10:54| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。