2018年05月09日

ゆきさやか - 新しい北海道米

yukisayaka.jpg

北海道から「ゆきさやか」が届きました。

「ゆめぴりか」を超えるといわれる新しい北海道米で、地元でもあまり知られていない希少な品種だそうです。

「ゆきさやか」は、2010年に品種登録出願されましたが、複雑なしがらみにより銘柄認定を取得できず、闇で販売されていました。2016年に銘柄認定をようやく受けることができたため、栽培と正式販売が可能になったようです。

yukisayaka-gohan.jpg

「ゆきさやか」の炊き上がりは艶々で真っ白、「ゆめぴりか」よりふっくら感があり、雑味が少なく甘みもかなりあります。いままで、「ゆめぴりか」が北海道米のフラグシップだと思っていましたが、「ゆきさやか」は美味しさでほぼ互角だと思います。まだ流通量が少なく入手しにくいお米ですが、定期的に食べたい品種となりました。

yumepirika-yukisayaka.jpg

一応、手持ちの「ゆめぴりか」と較べてみました。
左が「ゆめぴりか」、右が「ゆきさやか」。米粒のサイズはほぼ同じですが、「ゆきさやか」の方が明らかに白くて透明感がありますね。

ちなみに、「ゆきさやか」と「ゆめぴりか」は低アミロース米です。一般うるち米よりも粘り気が強く柔らかいため、普通のご飯を炊くときよりも水加減を1割程度減らすほうがいいようです。

posted by toons at 21:05| Comment(0) | フードカルチャー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。