2018年05月26日

梅雨入り前のミッション

hitachi-sk1.jpg

まだ5月だというのに、京都市は連日30℃越えです。
すっかり真夏の気温ですが、湿度がかなり低いおかげでまだ過ごしやすいです。

本日、九州南部はもう梅雨入りしたそうで、関西も梅雨入りが早そうですね。
そろそろ鬱陶しい季節の対策をしないと、、、 ということで、洗濯機の掃除をおこないました。

洗濯機の洗濯槽外側(裏部分)は、洗剤の溶け残り、繊維片、水垢などの汚れがこびりつきやすく、黒カビが生えやすいものです。構造的に見えない部分なので普段わからないままになっています。

そこで、今回使用した洗剤は、家電メーカーが自ら販売している超強力な洗濯槽クリーナー「日立 SK-1」です。家電量販店やネット通販などで入手可能です。化学メーカーからのOEM製品のようで、パナソニックからも同等製品「N-W1」が販売されています。

スーパーやドラッグストアなどで市販されているクリーナーに比べて、かなり高価(5〜7倍の値段)ですが、薬剤の濃度がとても濃くて、洗剤の残りカスやカビ汚れなどを完全に解かしてくれます。

半年に一度、この専用クリーナーで洗濯槽を掃除することにしています。

hitachi-sk1-before.jpg

このクリーナーは1500mlもの容量があり、一度に全量を投入して、12時間浸け置きします。主な成分は強アルカリの次亜塩素酸ナトリウムで、防食補助剤としてケイ酸塩が含まれています。もし酸性のものと混ぜると超危険な成分ですね。

この薬剤だと汚れを完全に融解させますので、一般クリーナーのようにわかめ状の黒い汚れが剥がれて出てきたりしません。

上の画像が洗濯槽への薬剤投入時、下の画像は12時間後の様子でどんより濁ってますね。

hitachi-sk1-after.jpg

カビた洗濯機で洗った衣類など、家中にカビ胞子をばらまいているのと同じなので、梅雨前に根絶するのがベストだと思います。これで年末までは安心して生活できそうです。梅雨入り前に、洗濯槽の掃除などいかがでしょう!

posted by toons at 12:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。