2018年05月31日

アップデート -「Hearing Analyzer」ver 2.0

icon-hla_v200.png

「Hearing Analyzer」をバージョン2.0にアップデートしました。

「Hearing Analyzer」は、聴力の周波数特性を測定する「耳の健康」アプリです。ずっといい音を聴き続けたい、あなたの耳の健康をサポートします。

「Hearing Analyzer」は、聴力に不安がある方、オーディオマニア、音楽奏者、音に携わるすべての方々に、ご自身のヒアリング能力を日常的に確認するために活用されるのをお勧めします。

本アプリは、ボーカル帯域からオーディオ帯域まで、幅広い周波数帯域をカバーした聴力特性を調べることができます。

テストトーン(純音)は、12ポイントの周波数(31.5Hz - 20kHz)で発生することができます。それぞれの周波数に対して、ボリュームスライダー操作で聴きとれる限界のポイントを見つけることで、聴力を測ります。

hla_test_right_v200.png hla_test_left_v200.png

本アプリは、あなたが聴き取ることができる各周波数ごとの最小音を計測し、その果をグラフ表示します。

この測定結果は、広帯域の周波数特性(LVL)、および、ATH補正ありの周波数特性(ATH)の2種類のグラフ表示が可能です。この測定結果は「写真」に画像ファイルとしてデータ保存できます。

#LVLグラフ
広帯域の周波数測定のグラフ表示です。
このグラフは、最低可聴値(ATH)補正なしのリニアな周波数特性(31.5Hzから20KHz)を示します。人間の聴力感度が周波数帯域によって異なるため、一般にカマボコ型のグラフになります。聴取レベルの差異を周波数ごとに見る場合などに利用いただけます。

hla_lvl_both_1_v200.png snap_lvl_v200.png


#ATHグラフ [ATH補正あり]
人間の最低可聴値(ATH)に合せて周波数特性の補正をかけたグラフ表示です。
このグラフ上ではできるだけフラットで、上位レベルにあるほど、あなたの聴力は良好な状態と推測されます。ただし、個人差や周囲環境により、表示レベルが大きく変わることもあります。
このグラフは一般的な聴力検査(オージオグラム)と同じような特性表示になり、125Hzから12KHzまでの周波数範囲をサポートします。

hla_ath_both_1_v200.png snap_lvl_ath_v200.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 14:02| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。