2018年06月01日

山椒オリーブオイル - 新緑の季節のお楽しみ

sansho-1.jpg

新緑の季節、山椒の季節でもあります。
そこで、山椒の実をつかって、山椒オイルを作りました。

京都産の山椒はすこし小粒で、特有の辛味は強めです。
もうすこし大粒の和歌山産か兵庫県産のほうがマイルドになると思います。

sansho-2.jpg

山椒の房から、小さな実を一ずつ外して、きれいに掃除します。120gの山椒の実が取れました。

さらに水洗いをして、30秒ほど湯煎をして乾燥させます。アク抜きをもっとしたい場合はもう少し時間を長くしてもいいですが、あまりやりすぎると山椒エキスを抽出できなくなります。
山椒は生のままでも可能ですが、よく乾燥させないとカビが生えてしまう可能性があります。

sansho-oil-1.jpg

山椒の実を乾燥させた後に、エクストラバージンオリーブオイルと一緒に瓶詰めです。

山椒とオリーブオイルは重量比1:3くらいがオススメです。オリーブオイルは香りの強くない優しい感じのものが適していると思います。

オリーブオイルに漬け込んで約1週間で、とてもフルーティな柑橘系オイルができあがります。

毎日、すこしずつ味見をして辛味が出てくる寸前くらいが山椒の実を揚げるタイミングです。山椒の刺激のある辛みがお好みであれば、もうすこし長くてもいいかもしれません。

山椒の質とオリーブオイルに依存して、香りと辛味の抽出具合がかなり異なりますので、漬け込む期間はお好みでチャレンジして見てください。
posted by toons at 20:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。