2018年08月04日

MarkAudio OM-MF5とFOSTEX M800の周波数特性比較

M800-E82.jpg

FOSTEX M800を汎用バスレフボックス FOSTEX E82に組み込んでみました。

先日、MarkAudio OM-MF5でおこなったのと同様に、iPhone用オーディオアナライザーアプリ”Audio Frequency Analyzer”で周波数特性を測定しました。ピンクノイズ、軸上50cm、1/3オクターブバンド解析、ピークホールドでの測定結果です。

OM-MF5と比べてみると、M800は中域(とくに1-2kHz付近)がすこし落ち込んでおり、高域にもクセがあるのがわかります。
M800がすこし曇った感じのサウンドなのに対して、OM-MF5はかなりフラットな聴感でしたので、それを裏付けたような周波数特性です。やはり音の鮮度、繊細さでもOM-MF5の勝ちでした。

[FOSTEX M800]
M800-E82-freq.png

[MarkAudio OM-MF5]
Freq-OMMF5-E82B.png
posted by toons at 13:40| Comment(0) | サウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。