2018年09月28日

アナログは針が命 - 最新のスタイラスブラシを発見!

dentall-taft-3a.jpg

これは「システマ・デンタルタフト」です!

アナログレコードプレーヤーの心臓部であるカートリッジの針先(スタイラス)を清掃するためのブラシとして活用できそうです。

dentall-taft-1.jpg

以前から、何か良いものはないかと探していたのですが、ごく身近なところに、超極細のブラシがあることに気づきました。

この歯科用ワンタフトブラシはドラッグストア店頭ではあまり見かけませんが、ネットショッピングでは300円程度で入手できます。
オーディオ用ブラシに比べて、超格安ですね!

dentall-taft-2.jpg

「システマ・デンタルタフト」は、今年4月リリースされた製品で、とてもしなやかな超極細毛が緻密にフラットに植えられていますので、針先を軽く触れるだけで、ホコリなど簡単にとることができます。

また、他社のワンタフトブラシは毛先が山形になっているものが多いので、針先の掃除には馴染まないと思います。

さすがに柄が長いので、1/3程度に短く切ってしまえば、スライラス用ブラシとして最適なものになりそうですね。

dentall-taft-4.jpg

これまで、オーディオテクニカのスタイラスクリーナーで、針先についたホコリをとっていましたが、ついでにアルコールがついてしまうので、カンチレバーの腐食を心配していました。

比較してみると、「システマ・デンタルタフト」のほうが極細毛で毛先に向かって細くなっていて、とても優しい感じです。

あと、せっかくですから、自分自身の歯のケアのために、もう一本入手するつもりです。


posted by toons at 20:32| Comment(0) | サウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。