2018年11月30日

サンスイ AU-5500 レストア(12)修復完了!

au5500-restore-finished-1.jpg

サンスイ AU-5500 インテグレーテッドアンプの修理が完了しました。

AU-5500から再生されるサウンドは、43年前に製造されたアンプとは思えないレベルになりました。

サウンドチューニングの結果、十分な解像度と再生周波数レンジをキープしながら、かなり濃いサウンドを鳴らしてくれています。1950-60年代のジャズなどとても臨場感のあるサウンドです。

au5500-restore-finished-2.jpg

フロントパネルはとても綺麗になりましたが、リアパネルはサビが浮いたりしていて、さすがに年季を感じさせられます。

また、最終組上げ後にサウンドチェックをしていたところ、ミューティング(-20dB)動作時の音質が曇った感じに聴こえたため、カーボン抵抗から金属皮膜抵抗に部品交換しておきました。小音量時でもかなりクリアになりました。

今回の修理で交換した部品はつぎの写真のとおりです。部品総数は64個にもなりました。半世紀近い歳月で劣化した部品が多く、致命的な故障を発生する寸前のタイミングでした。

au5500-replaced-parts-all.jpg

スイッチやボリュームもすべて交換したかったのですが、いまや互換部品も無いため、超音波洗浄や接点復活などの延命措置のみになりました。

今後、ふたたびスイッチやボリュームの接触不良が発生する可能性はありますが、部品自体が老朽化していますので仕方ないと思います。その際には、接点洗浄などを再度おこなうしかないでしょうね。

au5500-rebuld-4.jpg

かなり長期間手元において修復作業をしていたせいで、このAU-5500にはすっかり愛着が湧いてしまいました。手放すのに一抹の寂しさを感じますが、オーナーも首を長くしてお待ちなので、、、

今週末に、AU-5500をお届けする予定です。長らくお待たせしました!

修理期間中、自作デジタルアンプを貸出ししていたので、すっかり現代アンプのサウンドに慣れられてしまったとは思います。生まれ変わったAU-5500のサウンドがお気に召すかどうか、、、

ふたたびオーナーの元で、AU-5500が末長く元気に音楽を奏でてくれるのを願っています。

posted by toons at 00:24| Comment(0) | サウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。