2019年06月12日

Nakamichi CA-5 プリアンプ修理(1)

nakamichi-ca5-res-0.jpg

Nakamichi CA-5 プリアンプの修復作業中。

ナカミチのサービスマニュアル(英語版)を入手できました。

nakamichi-ca5-sm-1.jpg

回路図をみてみると、やはりシンプルなディスクリート構成のようです。
1980年代半ばの製品ですので、表面実装部品も使われておらず、融点の高い無鉛ハンダでもないので、部品交換は容易そうです。

nakamichi-ca5-res-3.jpg

メイン基板のフラットアンプ部をまずチェックしましたが、正常に動作していましたので安心しました。やはり部品点数も少なく、ゆったりした部品配置のため、電子部品に熱ストレスがほとんど加わっていないせいだと思われます。

nakamichi-ca5-res-2.jpg

つづいて、左チャネルの音が途切れる原因を調べたところ、メインボリューム(NOBLE : 帝国通信工業)は正常ですが、バランスボリューム(ALPS : アルプス電気)はとても不安定でセンター位置でも接触不良を起こしていることが判明しました。

一旦、バランスボリュームをバイパスして、入力信号をメインボリュームにダイレクトに流してみたところ、なんら問題なく再生できるようになりました。信号系コネクタの接点洗浄もおこないましたので、音の鮮度も高くなりました。

nakamichi-ca5-res-1.jpg

不具合のバランスボリュームはALPS製ミニデントボリューム(RK271シリーズ、MNタイプ)でした。同じ抵抗値ではありませんが、現在も製造中のオーディオ用部品のため簡単に入手できました。左右バランス調整用のMNタイプのボリューム部品はほとんど現存していないので、アルプス電気の姿勢には本当に頭が下がります。

nakamichi-ca5-vr-mn.jpg

バランスボリュームを部品交換したところ、音切れやノイズもなくなり、オリジナルに近いであろうサウンドで鳴っています。

たぶんフラットアンプ部での音作りだと思いますが、低域がとてもしっかりした濃密なサウンドで、解像度もかなり高いです。ナカミチのカセットデッキで聴けるようなリアルなモニターサウンドとはすこし違っています。やはり、アンプ設計者・ネルソン・パス氏の音作りなんでしょうね。

接続したパワーアンプが純A級アンプということもありますが、リファレンスのフルデジタルアンプのクールサウンドとは真逆のホットなサウンドイメージです。

メインボリュームやスイッチ類の接点クリーニングはすこし面倒なので、この状態でしばらくエージングしてみます。

そのうち、細部をチェックしながら、サウンドをブラッシュアップしていこうと思います。
posted by toons at 20:40| Comment(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。