2020年03月16日

桜はまだかいな - 京都御苑 2020

昨日、寒の戻りで京都はかなり冷え込んだ一日でした。

そんななか、ひさびさに京都御苑へ!

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、すっかり運動不足に。
広大な京都御苑を散策して、体力の維持とネガティブな気分の解消を図ってきました。

烏丸丸太町から一番近い間之町口から、京都御苑に入りました。
しばらく北上すると宗像神社の西側あたりに、ユキヤナギの群生がありました。白い可憐な花がちょうど咲き始めています。

gosho-yukiyanagi-2020.jpeg

さらに北上すると、もう桜が咲いているではありませんか!「出水の枝垂れ桜」がすっかりピンクに。三分咲きくらい、昨年よりも一週間は早いですね。

gosho-demizu-1-2020.jpeg

gosho-demizu-2-2020.jpeg

白雲神社の西側にある「梅林」と「桃林」へ。
梅の花はほとんど散っていましたが、桃の花はちょうど満開のときを迎えていました。昨年は梅がすこし遅かったので、桃も桜も一緒に見ることができたんですが、、、残念。

gosho-momo-2020.jpeg

そして、御所の宣秋門の東側にある、ハクモクレン(白木蓮)
一本の大きな木なのですが、たくさん花をつけています。蘭のような大きな花で、いまの咲き始めの頃が上品できれいにみえますね。

gosho-hakumokuren-2020.jpeg

gosho-konoe-2-2020.jpeg

御所の北側にある、「近衛邸跡の糸桜」
こちらももう咲きはじめていました!やはり、昨年より1週間くらい早めの感じですね。池の水が抜かれているのがちょっと残念でした。

gosho-konoe-3-2020.jpg

gosho-konoe-4-2020.jpg

gosho-konoe-1-2020.jpeg

帰り際、「出水の枝垂れ桜」に通りかかったときに、雲の合間から日差しが一瞬射して、ピンクが鮮やかに!

gosho-demizu-4.jpg

苑内には、枝垂れ桜に加えて、山桜や里桜など約1100本の桜が植えられています。かなり蕾が膨らんできていますので、あと一週間くらいで、京都御苑は桜のピンクに染まるでしょう。お花見したいですね〜!
.t
posted by toons at 19:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。