2020年04月04日

羽田新ルートによる都心低空飛行 スタート!

昨日4/3より、羽田新ルートによる都心低空飛行が開始されました!

先月29日に正式運用が始まって以降、初めての南風となり、午後3時すぎから大型旅客機が都心上空を飛行したようです。

COVID-19パンデミックによる世界各国の隔離封鎖、経済活動の停止、金融市場の大暴落、航空路線の相次ぐ休止など、世界の危機的状況のなかで、このような不要不急な航空機運用は避けてもいいのではないでしょうか!

東京オリンピック2020にあわせたインバンド需要に対応するためだったはずですので、、、

実機飛行テストの騒音モニタリング結果が一般公開されましたので、そのリンクを載せておきます。なお、航空機の騒音評価において、時間帯補正等価騒音レベル(Lden)という計測基準が適用されています。

羽田空港の実機飛行確認における騒音測定結果を公表
東京国際空港(羽田空港)の新飛行経路の実機飛行確認に伴う航空機騒音モニタリング結果(詳細結果)

これによれば、日本の航空機の環境基準(住宅地)は、Lden 57dB以下ということで、今回のモニタリング結果の最大値でもLden 55dBであり、どうも問題なしとのことらしいです。

しかし、WHO推奨Ldenは、45dB以下なので、、、、日本基準と国際基準との差異(12dB)には唖然とします。

参考)
航空機騒音評価指標の見直しについて
WHO環境騒音ガイドラインを更新(2018年10月)
posted by toons at 08:37| Comment(0) | 環境・騒音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。