2020年06月30日

水無月

みなずき2020.jpeg

水無月晦日の厄払い、「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」

一年のちょうど折り返しにあたるこの日、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事が行われます。

あいにく雨が強く降っていたので、各神社で執り行われた神事はたいへんだったと思います。

京都では、和菓子「水無月(みなずき)」を食べる日でもあります。

「水無月」は、ういろう生地に小豆甘煮をのせて蒸し上げ、三角形に切り出された菓子。上部にある小豆は悪魔払い、三角形は暑気を払う氷を表しているといわれています。

この半年間の無事を感謝しつつ、「仙太郎」の白の水無月、黒糖味の水無月、そしておまけで、玉露おはぎをいただきました。いずれも1/2サイズに切り分けました。甘さ控えめ、もちもちした食感で、とても美味しかったです。
.t
posted by toons at 23:57| Comment(0) | カルチャー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。