2020年10月17日

松の司 純米大吟醸 JAL Original

matsunorukasa-1.jpeg

松の司 純米大吟醸 "JAL Original"

たまたま目についたレアな日本酒。

松の司は蔵見学にも行ったことがあるので、個人的に思い入れの深い酒蔵です。普段よく呑んでいますが、こんなラベルのお酒は初めてということで選んでみました。

実は、2020年度のJAL国際線ビジネスクラスの搭載酒!!

JAL限定モデルなので、本来は市場に出回ることはないはずのないお酒です。しかし、昨今のコロナ禍のご時世、国際線の航空機もほとんど飛んでいない状況では、一般販売されるのも致し方ないでしょう。

海外の空の上でしか体験できない「松の司」が、国内で愉しむことができるのは今だけかもしれません。

matsunorukasa-2.jpeg

・アルコール度:16度
・原料米:兵庫県特A地区産「山田錦」
・精米歩合:50%
・日本酒度:非公開
・酸度:非公開

普段とは違う「松の司」の味わい。すこし甘みがあるタイプで、吟醸らしいフルーツの香り、穏やかな酸味でわりとすっきりして飲みやすい。あと味はきれいに消えていき、最後にほんのすこしビターな感じを受けます。

ちなみに、モノトーンのラベルは「松の木の表皮」をデザインしたもの。ひと目見てすぐにはわかりませんでしたが、神秘的なパワーを感じます。ラベルに記載された英文には蔵元の高い志が伺えます。

”We want to constantly question the essence of Japanese sake and seek out what is important over and above flavour.”

まだ在庫がある酒屋さんがあるようなので、何本か入手して熟成を試してみたいと思っています。
.t
posted by toons at 03:29| Comment(0) | カルチャー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。