2020年03月31日

桜満開 - 京都 2020

先週末の3/29に、桜の開花状況をみてきました。

3月に入って、京都市内は観光客が激減していますが、COVID-19の感染リスクはとりたくないので、人の少ないルートと時間場所を選んでの桜見物となりました。いままで経験したことのない閑散さでした。

gosho-sakura-202003.jpeg

京都御苑:枝垂れ桜はピークを過ぎ、里桜や山桜が満開に近づきつつあります。

kamogawa-sakura-202003.jpeg

鴨川・丸太町橋を下がったあたり:ソメイヨシノが満開の一歩手前でした。

maruyama-oosidare-202003.jpeg

円山公園・祇園枝垂桜:満開一歩手前。3/27から夜間ライトアップが急遽中止になり、花見宴会や露天も禁止になったため、円山公園も超閑散としていました。

gionshirakawa-202003.jpeg

祇園白川・巽橋:白川の石畳の道路が歩行者通行禁止になっていて、白川沿いの桜花には近くことができません。遠目にみるだけでしたが、七分咲きくらいでしょうか。

gionshirakawa-202003-2.jpeg

P.S. 昨日3/30に、京都市内はさくら満開になったと発表されました。
ちなみに、満開日は標本木で80%以上のつぼみが開いた状態となった最初の日だそうです。今週末まで桜花を楽しめそうですね。
.t
posted by toons at 23:56| Comment(0) | 日記

2020年03月30日

季節外れの「茅の輪」

ekijinnjya-chinowa-202003.jpeg

八坂神社の境内にある 疫(えき)神社の「茅の輪」

毎年、疫神社の夏越祭として、祇園祭最終日(7月31日)に設けられ、この「茅の輪」をくぐることで無病息災をお祈りするものです。

世界的に蔓延している新型コロナウィルス(COVID-19)の終息を願って、急遽設置されました。

夏以外に設置されるのは、コレラが流行した明治10年(1877年)以来、143年ぶりだそうです。

yasaka-chinowa-202003.jpeg

八坂神社の本殿の近くにも「茅の輪」が設置されていました。

普段は観光客で溢れている八坂神社でも人がまばらでした。露天商が通常営業していたのにはびっくりしましたが、、、

新型コロナウィルス・パンデミック、世界的な大災禍であるという認識をもって、人類は真摯に対処する必要があるのでしょう。なんとか伝染リンクを断ち切って、できるだけ早く終息に向かってほしいものです。
.t
posted by toons at 23:55| Comment(0) | 日記

2020年03月26日

桜開花 - 京都御苑 2020 その3

京都御苑の近くに用事があったので、桜の開花状況をチェックしてきました。

gosho-20325-2.jpeg

京都御苑は山桜、里桜、枝垂れ桜などが主体ですので、鴨川などのソメイヨシノとはすこしタイミングが異なります。

「出水の枝垂れ桜」は今週初めが満開だったようで、もう花が散り始めて、すこし寂しい感じになりつつあります。

gosho-demizu-20325-1.jpeg

一方、里桜や山桜はかなり咲いてきています。広大な京都御苑の場所によってかなり違いますが、おおむね五分から七分咲きというところでしょうか。

gosho-20325-3a.jpeg

「近衛邸跡の糸桜」は、ほぼ満開状態で、きれい咲いています。たぶん今週末がピークだと思われます。

gosho-itozakura-20325-4.jpeg

gosho-20325-1.jpeg

gosho-konoe-20325-2.jpeg

COVID-19による悲観的な世相とは関係なく、今年も桜がきれいに咲き誇っています。せめて桜花を愛でて、ひとときのやすらぎを求めたいものです。
春の訪れとともに疫病退散となってほしいですね。
.t
posted by toons at 23:49| Comment(0) | 日記

2020年03月21日

桜開花 - 京都御苑 2020 その2

gosho-demizu-20200320.jpeg

昨日夕方、京都御苑を散策してきました。「出水のしだれ桜」はもう満開に近い感じです。山桜や里桜も順調に開花しはじめています。

gosho-sakura-202003-1.jpeg

紫色のモクレン(木蓮)もちょうど咲いていました。
先週は咲いていなかったので、ハクモクレン(白木蓮)よりはすこし遅めに咲くようです。ハクモクレンほうはすっかり盛りを過ぎて、かなり花が落ちていたのが残念です。

gosho-mokuren-2020.jpeg

帰りに、鴨川を賀茂大橋から二条大橋まで歩きました。ソメイヨシノはまだ蕾のままですが、あと数日もあれば開花しそうな感じです。

花見帰りの大学生の一団とすれ違いましたが、肝心な桜はほとんど咲いていません。早咲きの枝垂れ桜でも愛でていたんでしょうか。
.t
posted by toons at 12:56| Comment(0) | 日記

2020年03月16日

桜はまだかいな - 京都御苑 2020

昨日、寒の戻りで京都はかなり冷え込んだ一日でした。

そんななか、ひさびさに京都御苑へ!

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、すっかり運動不足に。
広大な京都御苑を散策して、体力の維持とネガティブな気分の解消を図ってきました。

烏丸丸太町から一番近い間之町口から、京都御苑に入りました。
しばらく北上すると宗像神社の西側あたりに、ユキヤナギの群生がありました。白い可憐な花がちょうど咲き始めています。

gosho-yukiyanagi-2020.jpeg

さらに北上すると、もう桜が咲いているではありませんか!「出水の枝垂れ桜」がすっかりピンクに。三分咲きくらい、昨年よりも一週間は早いですね。

gosho-demizu-1-2020.jpeg

gosho-demizu-2-2020.jpeg

白雲神社の西側にある「梅林」と「桃林」へ。
梅の花はほとんど散っていましたが、桃の花はちょうど満開のときを迎えていました。昨年は梅がすこし遅かったので、桃も桜も一緒に見ることができたんですが、、、残念。

gosho-momo-2020.jpeg

そして、御所の宣秋門の東側にある、ハクモクレン(白木蓮)
一本の大きな木なのですが、たくさん花をつけています。蘭のような大きな花で、いまの咲き始めの頃が上品できれいにみえますね。

gosho-hakumokuren-2020.jpeg

gosho-konoe-2-2020.jpeg

御所の北側にある、「近衛邸跡の糸桜」
こちらももう咲きはじめていました!やはり、昨年より1週間くらい早めの感じですね。池の水が抜かれているのがちょっと残念でした。

gosho-konoe-3-2020.jpg

gosho-konoe-4-2020.jpg

gosho-konoe-1-2020.jpeg

帰り際、「出水の枝垂れ桜」に通りかかったときに、雲の合間から日差しが一瞬射して、ピンクが鮮やかに!

gosho-demizu-4.jpg

苑内には、枝垂れ桜に加えて、山桜や里桜など約1100本の桜が植えられています。かなり蕾が膨らんできていますので、あと一週間くらいで、京都御苑は桜のピンクに染まるでしょう。お花見したいですね〜!
.t
posted by toons at 19:30| Comment(0) | 日記

2020年03月12日

北山杉

どうも耳について離れない一曲があります。

「北山杉」 -「京都人の密かな愉しみ Blue 修業中」(NHK BSプレミアム・ドラマ)のエンディング曲

カバーで「JUON」(りりぃの息子さんらしい)が歌っています。

♪ 四条通りをゆっくりと君の思い出残したとこを 黒いダッフルコート着て背中丸めて歩いてます

この歌、どうも懐かしくて、どこで聴いたんだろうとずっと思っていました。

Webで調べてみると、オリジナルは、1974年10月に「うめまつり」というユニットで、シングル・リリースされていました。このグループについてはまったく記憶はないのですが、その昔、深夜ラジオで流れていたのを聴いたのかもしれません。昭和の隠れた名曲!?

♪ あの頃二人は清水の白い石段登って降りて 青春色の京都の町を静かに静かに歩いていました

70年代フォークソングで、とてもやわらかな曲。
いわゆる「ご当地ソング」なのですが、観光客目線のあざとさがなく、ごく自然な視点で描かれています。

北山杉_1.jpg

「北山杉」
 作詞:下条薫
 作曲:山本勝
 歌唱:うめまつり

♪ 四条通りをゆっくりと
 君の おもいで残したとこを
 黒いダッフルコート着て
 背中丸めて 歩いてます
 あの頃二人は 清水の
 長い石段 登って降りて
 青春色の 京都の町を
 じっと じっと 見つめていました

♪ 冷たい雨が雪になり
 君の足跡 かくれて消えて
 涙 まじりの雪払い
 北山杉を 想い出します
 あの頃二人は 大覚の
 白い石仏 触れたり見たり
 青春色の 京都の町を
 静かに静かに 歩いていました

♪ あの頃二人は 清水の
 白い石段 登って降りて
 青春色の 京都の町を
 静かに静かに 歩いていました

Youtube:オリジナル曲
https://www.youtube.com/watch?v=maGBzf9qV5Y

学生の街である京都で、一時期を過ごしたんでしょうね。シンプルなメロディラインも心に染みます。つい口ずさみたくなる一曲です。
.t

追記 (3/13/2020)
同僚から、オリジナルが入っているCDを持っているよと教えてもらいました。1992年発売のオムニバス・アルバムのようです。アルフィーのデビュー曲とか飯島真理が歌った超時空要塞マクロスのテーマソングとか、レジェンドな曲がたくさん入っていますね。

SWR2-1.jpg
posted by toons at 07:59| Comment(0) | 日記

2020年02月17日

「化学反応」!?

「化学反応」- 最近、記事やCM、有名人・知識人などで、頻繁に使われている言葉です!

「(Aさん)と(Bさん)が化学反応する」、「企業同士の化学反応」、といった非科学的な文章を見聞きして、この人は何をいっているのかといつも違和感をいだきます。きっと理系の人なら、この違和感に同意されるでしょう。

どうも、ここでの「化学反応」は、「複数のものが組み合わされて、予想しなかったような効果が生じること」の意味で、文系の人々が多用しているようです!?スポーツマンのインタビューでも唐突に出てきて唖然とします。

一般に、「化学反応(chemical reaction)」は、1組の化学物質を別の化学物質に化学変換するプロセスのことで、日常会話にはあまり出てこないはずの科学用語です。中学レベルの知識があれば、この誤用がわかるはずです。

一方、英語では、人間関係を「Good Chemistry」、「Bad Chemistry」と表現したりしますが、ここでの「Chemistry」は「化学」ではなく、「相性」や「関係性」の意味します。

「化学反応」や「化学」という日本語の訳語で、人間関係を形容するのはしっくりきませんし、どうも「化学(Chemistry)」自体を貶めた印象もあります。

やはり、「相乗効果」などといったという表現で置き換えられるべきでしょう。

専門用語の転用は多々あると思いますが、このような間違った言葉の使い方が定着することだけは避けたいものです。
.t
posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記

2020年01月17日

1.17 - Condolences

19950117-1.jpeg

阪神・淡路大震災から25年

あの日、神戸にいました。

まったく経験したことのない激しい揺れ、なにが起こったかは明るくなるまでわかりませんでした。

夜が明け、街が、生活が、一瞬で壊滅したことを悟りました。改めて、恐怖と絶望感に襲われたのを記憶しています。

幸いなことに怪我はありませんでしたが、住んでいた鉄筋コンクリート7階建の住宅は1階部分が潰れて歪み、あちこちで水漏れしているような危険な状態でした。

19950117-2.jpeg

どこが震源で、どこに逃げれば安全なのか、どうしたらいいのか、、、
電気も通信手段もなく、当日の現地は、情報の空白地帯でした。

とりあえず、最寄りの小学校で行って、被災者のお世話をしていたのを覚えています。

あの日を境に、生活も、人生観も、大きく変わりました。

25年の歳月がすぎ、神戸にはきれいな街並みが戻りましたが、あの日の記憶と思いだけはずっと残るでしょう。

今日また、わたし自身の誓いも新たにしています。
.t
posted by toons at 20:45| Comment(0) | 日記

2020年01月13日

京都の「えべっさん」

kyoto-ebisu-1.jpeg

昨日、京都ゑびす神社の撤福祭にいってきました。

kyoto-ebisu-4.jpeg

のこり福の最終日で、人出もかなり少なくとてものんびりした感じです。

kyoto-ebisu-2.jpeg

タイミングを逸したようで、一昨日は祇園町や宮川町の舞妓さんがお餅を授与されていたようです。

kyoto-ebisu-3.jpeg

本殿横の壁板「たたき板」を叩いて、お参りして帰りました。いつもは大行列しているのですが、、、

えびすさんはお年寄りの神様なので、本殿奥の神様が居るすぐ横の壁をドンドンと叩いて「お詣りに来ましたでぇ」と知らせるということらしいですね。
.t
posted by toons at 23:52| Comment(0) | 日記

2020年01月11日

今宮戎 残り福

今宮戎(1).jpeg

令和2年、大阪・今宮戎の残り福

今宮戎(3).jpeg

良い天気のため、例年に比べ暖かく人混みの中では暑いくらいです。

今宮戎(4).jpeg

昨日金曜の本戎が本番だったのでしょう、思った程の混雑ではありませんでした。

今宮戎(5).jpeg

とは言ってもお参りに入ると人混みの中、笹を求める人だかり。

今宮戎(6).jpeg

その人たちをかき分けながら、何とかお参りを済ませると、いつも通り本殿の裏手の銅鑼には行列ができていました。

今宮戎(7).jpeg

戻りの際は飛行機雲が。

今宮戎(8).jpeg

本年も少しだけご利益があれば幸いです。
.s
posted by toons at 17:34| Comment(0) | 日記