2018年12月03日

佛光寺の大銀杏

bukkoji-2018.jpg

佛光寺の大銀杏

下京区高倉通仏光寺下がったところにある真宗佛光寺派の本山です。

青空とのコントラストが素敵でした!


posted by toons at 00:02| Comment(0) | 日記

2018年12月02日

紅葉の東寺

toji-201811-2.jpg

紅葉の東寺

日没前で、拝観時間が終わる寸前でした。

toji-201811-1.jpg

境内は無料で入場できますが、五重塔や金堂などの拝観は有料です。

toji-201811-3.jpg

夜にはライトアップもあるのですが、18時半からと遅くて時間があわず、断念して帰りました。夜間特別拝観は12/9までやっているそうです。

toji-201811-4.jpg

posted by toons at 08:57| Comment(0) | 日記

2018年11月26日

清水寺ライトアップ

kiyomizu-lightup-1801.jpg

東山から見る京都市内の夕焼け。

とても晴れていたので、西山に沈む夕日がよく見えました。

kiyomizu-lightup-1800.jpg

夜間特別拝観の招待券をいただいたので、清水寺のライトアップにいってきました。

kiyomizu-lightup-1802.jpg

17時半から点灯なのですが、その少し前に入門して、ライトアップの瞬間をカウントダウンしていました。

残念ながら、スポットライトはすこしずつしか明るくならず、フル照明になるまで約10分かかりました。

kiyomizu-lightup-1803.jpg

清水寺は平成大修理で本堂や舞台が大規模な修復中です。しかし、夜になると工事現場の雰囲気がすこし安らいでみえます。

本堂の後方から西方浄土を指すブルーライトがとても幻想的でした。

kiyomizu-lightup-1804.jpg

posted by toons at 12:15| Comment(0) | 日記

2018年11月25日

紅葉の南禅寺

この3連休、京都はいいお天気でしたので、紅葉狩りにいってきました。

nanzenji-1.jpg

南禅寺の紅葉はようやく色づいていました。今年はどうも紅葉の赤色がイマイチなのでちょっと残念です。

nanzenji-2.jpg

かえって、銀杏の黄金色が鮮やかで秋らしい感じでした。

nanzenji-3.jpg

南禅寺の奥、水路閣の紅葉はちょうど見頃になっていました。

posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記

2018年11月20日

御池桜 開花!

oikezakura-201811-1.jpg

御池通を歩いていたら、京都御池創生館の「リストランテ ストラーダ」のテラスにある「御池桜」がもう咲いているのを発見!

一本だけの桜ですが、街並木の紅葉とのコントラストがすこし不思議な感じです。

oikezakura-201811-2.jpg

冬に咲く品種なのですが、かなり早めに開花してしまったようですね。この冬も可憐に咲いて目を楽しませてくれると思います。

posted by toons at 00:31| Comment(0) | 日記

2018年11月19日

紅葉の真如堂 - 京都

shinnyodo-1.jpg

左京区浄土寺にある「真如堂」(真正極楽寺)の紅葉。

参道や境内の紅葉がかなり色づいてきました。ピークは今月末くらいでしょうか。

shinnyodo-2.jpg

CM「そうだ京都、行こう。」で紹介されてすっかり有名になってしまいました。隠れた紅葉の名所でとても静かなお寺だったのですが、、、

posted by toons at 12:57| Comment(0) | 日記

2018年11月14日

京都御所 秋の一般拝観

kyotogosho-visit.jpg

先週末、さわやかな秋空に恵まれましたので、久々に京都御所の一般拝観にいってきました。

kyotogosho-1.jpg

京都御所は2016年7月から通年公開になってからいつでも行けるということで、しばらくご無沙汰していました。3年ぶりなので、どう変わったのかが楽しみだったのですが、、、、

kyotogosho-2.jpg

高御座が東京に出張中のため、紫宸殿の奥の障子絵がすべて見ることができました。ちょっと遠すぎて写真ではうまく撮れていませんでした。

あちらこちらが、工事のための白い塀で覆われていて、かなりがっかりでした。

しかも見学ルートもかなり制限され、多くの建物がガラス張りになってよく見えなくなっています。通年公開によって、本来の京都御所の風情は伺うことができなくなったようです。

kyotogosho-3.jpg

京都御所全体に大規模な補修工事をやっていました。かなりの国家予算が下りているようです。

来年の天皇即位やオリンピック2020に付随するものなのでしょうか?

京都市内のホテル建設ラッシュのバブル状況ともオーバーラップしているようにもみえます。

kyotogosho-7.jpg

また、この夏に近畿地方を直撃した台風の爪痕が京都御苑内でも多数残っていました。

kyotogosho-4.jpg

kyotogosho-5.jpg

桜や松が折れて枯れていたり、場所によっては、大きな大木が根ごと倒伏してしまっていました。

二次被害がでる可能性のあるので、伐採してしまった木も多数ありました。

kyotogosho-6.jpg

市内中心部の京都御苑でこのような有様だと今年の紅葉はあまり期待できそうもありませんね。

posted by toons at 08:25| Comment(0) | 日記

2018年10月22日

ピクニック@宝ヶ池公園

akizora-1.jpg

昨日の日曜日、秋晴れのいい天気でしたので、友人たちと宝ヶ池公園でピクニックをしました。

たくさんの料理と美味しいお酒が持ち寄られて、賑やかなアウトドア宴会になりました。おかげでとても楽しいひとときが過ごせました!

akizora-2.jpg
posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記

2018年10月19日

長刀研ぎ - もっとも漢字が書きやすい万年筆 - 祝復活!

naginata-1.jpg

SAILOR プロフィット21 長刀研ぎ・シルバートリム・中細字 (旧モデル)

セーラーの特殊ペン先万年筆、長刀研ぎ。もっとも漢字が書きやすい万年筆といわれています。

これは、長刀研ぎの開発・製作者で「万年筆の神様」と称された長原宣義氏がご健在だった頃に入手した一本です。

naginata-2.jpg

手作業でペン先を削りだすために、とても生産量が少なく、受注生産されていました。

セーラー万年筆が2017年1月に「受注に生産能力が追いつかないため新規注文の受付中止」を発表してからは、入手困難な万年筆になっていました。

この長刀研ぎ万年筆の字幅(中細字・NMF)は、製品ラインナップでは一番の細字タイプなのですが、通常の万年筆のペン先では太字(B)に匹敵します。

naginata-3.jpg

はじめて、この万年筆を使って漢字を書いたときに、その素晴らしさに驚きました。

インクフローがとてもよくて、紙の上を舞っているような感じがする独特の書き味です。

さらに、21金ペン特有のソフトでしなやかな感触は今まで使ってきたどの万年筆よりも書やすく、力強い文字がスムーズに書けます。

つぎの試し書きは、セーラーの超微粒子顔料インク「極黒」によるもので、漆黒ともいえる濃い黒色です。むしろ「青墨」インクで書いた方がブルーブラックの濃淡がしっかり出て面白かったんでしょうね。

naginata-moji-2.jpg

下の写真は、長刀研ぎ万年筆のニブ形状。ペン先が非常に大きくて長刀のように削り出されているのがわかります。

ペンを寝かせれば太い字で、立てると細い字になる独特なラインは、この形状から生み出されているんですね。漢字ならでの文字表現がペンの角度によって自在にコントロールできます。

といっても、いまだ使いこなせていませんが、、、

naginata-4.jpg

naginata-5.jpg

naginata-6.jpg

昨日、万年筆関連の情報をネットで調べていたら、セーラーの長刀研ぎを含めた特殊ペン先の万年筆が、2018年10月5日(金)より販売再開されたとのこと!

祝復活 "《ペン先》といえば「SAILOR」" ! とても喜ばしいですね。

セーラー万年筆独自のオリジナルペン先万年筆 10月5日(金)より販売再開

これによれは、セーラー万年筆は長刀研ぎも含めた独自ペン先の万年筆を新たな仕様と価格で、生産販売を再開しているようです。

ちょっと驚いたのが、その価格。以前の2倍超にアップ、なんと5万円越えに!

http://www.sailor.co.jp/lineup/fountainpen/10-7112

今回の仕様変更によって質感は向上していますが、まさかここまで値上げするとは、、、

同社のキングプロフィットやパイロットのカスタム845など、国産各社のトップモデルに匹敵する価格です。

旧製品はネットを探すとたまに市場在庫が見つかったりするようです。
長刀研ぎ万年筆にご興味のある方で、手軽に試したいならばそちらを探すのも手かもしれませんね。

参考)ペン先の種類と特長(セーラー)
http://www.sailor.co.jp/knowledge/original

posted by toons at 15:54| Comment(0) | 日記

2018年10月05日

灯り替え

akari-summer.jpg

すっかり秋めいて、「衣替え」の季節。

季節にあわせて「灯り替え」をおこないました。これはお風呂の灯りです。

昨年、家の灯りをLED化したことを契機に、灯りの演色性や色温度に敏感になってしまいました。いまや主なLED電球の灯りは、東芝の高演色LEDランプが主体で構成されています。

akari-Autumn.jpg

身体もまだ季節に馴染まない感じですが、確実に季節は進んでいます。

ということで、室内の主要なLEDの灯りを爽やかな色合いから暖かい色合いに変更してみました。

もしかしたら、人が季節感をいち早く認識する手段は光の色なのかもしれませんね!
posted by toons at 23:59| Comment(0) | 日記