2019年08月13日

京の七夕 2019

kyotanabata-1.jpg

毎年、京都ではこの時期に「京の七夕」という夏イベントがおこなわれています。

・鴨川納涼
鴨川の三条から四条の間の河川敷で、各県人会や京都府内各地域による露天がでて、ご当地名物を競います。8月3、4日にありました。すこし前まで地元住民だけマイナーなイベントでしたが、いまは外国人観光客がたくさん来場するようになりました。

kyotanabata-2.jpg

kyotanabata-3.jpg

・堀川かがり火のみち
堀川遊歩道沿いにかがり火が焚かれ、さまざまな光のオブジェがあるイベントです。
昨年までは二条から今出川までの大きな規模でしたが、今年は下立売通から一条戻橋あたりまでの一角に縮小されて残念な感じのイベントになっていました。8月10日から12日までおこなわれました。

kyotanabata-4.jpg

kyotanabata-6.jpg

・二条城ライトアップ
二条城が夜間にも開門され、二の丸庭園や東大手門や東南隅櫓もライトアップされています。8月1日から15日までおこなわれます。

kyotanabata-5.jpg

kyotanabata-7.jpg
posted by toons at 12:04| Comment(0) | 日記

2019年08月10日

Happy 69th birthday, Snoopy !

snoopy-1966-1.jpg

本日は、スヌーピーの誕生日!

これは、友人からいただいたビンテージの陶器製スヌーピー、1960年代のレアものです。

snoopy-1966-2.jpg

漫画『ピーナッツ』への初登場は1950年10月4日とのことですから、少なくとも69歳以上ですね。

posted by toons at 16:12| Comment(0) | 日記

2019年07月24日

祇園祭 2019 - 9 後祭・山鉾巡行

gion-2019-31-ato-jyunko.jpg

本日、祇園祭後祭の山鉾巡行でした。

昨日まで雨が心配されていましたが、近畿地方でも梅雨明け宣言が出て、夏空での山鉾巡行になりました。

朝8時過ぎに、山鉾巡行のスタート地点・烏丸御池に向かう山鉾をすこし見てきました。

北観音山
gion-2019-32-ato-jyunko-kita.jpg

南観音山
gion-2019-33-ato-jyunko-minami.jpg

gion-2019-34-ato-jyunko-minami.jpg

大船鉾
gion-2019-35-ato-jyunko-ofune.jpg

2014年から復興した鉾です。毎年すこしずつ懸装品などを復元して、オリジナルの姿を取り戻しつつあります。山鉾巡行の最後を飾ります。

gion-2019-36-ato-jyunko-ofune.jpg

鷹山
gion-2019-37-ato-jyunko-taka.jpg

今年から復活参加する曳き山です。
山本体がまだ再建できていないので、唐柩のみでの巡行です。2022年に復興した曳き山での参加を目指しているそうです。

gion-2019-38-ato-jyunko-taka.jpg

ちなみに、近年復興している山鉾(綾傘鉾、大船鉾、鷹山など)は、1864年の「蛤御門の変(禁門の変)」で焼失したものです。「蛤御門の変」での放火により、御所のある一条から東本願寺のある七条にいたるまでの中心市街がほとんど焼失してしまいました。鷹山は1826年から休山で、「蛤御門の変」で御神体と鉦を残して焼失したので、193年ぶりの復活のようです。

posted by toons at 16:16| Comment(0) | 日記

祇園祭 2019 - 8 後祭・宵山

gion-2019-25-ato-yoi.jpg

昨夜は、祇園祭後祭の宵山でした。

日中34℃まで気温が上がりましたが、夕方にゲリラ豪雨があったため、すこし過ごしやすくなりました。例年より、人出は少ない感じでした。

gion-2019-27-ato-yoi.jpg

屏風祭をしている商家を発見。
手前の屏風は、右が鵯越の逆落とし、左が壇ノ浦の戦いのようでした。

gion-2019-26-ato-yoi.jpg

北観音山の「日和神楽」、四条寺町の御旅所でのお囃子奉納です。

gion-2019-28-ato-yoi.jpg

南観音山の「あばれ観音」、ちょっと変わったお神輿です。

深夜零時前に、御神体である楊柳観音と善財童子を布でぐるぐる巻きにして包み、善財童子を抱えた人が先導して、楊柳観音の神輿と一緒に町内を走ります。

gion-2019-30-ato-yoi.jpg

以前は見物客が少なかったのですが、、、
いつのまにか有名になったみたいで、深夜にも関わらず、大勢の人が見にきていました。

gion-2019-29-ato-yoi.jpg
posted by toons at 07:00| Comment(0) | 日記

2019年07月23日

蝉の羽化

kumazemi.jpg

いまだ梅雨明けしていませんが、庭では蝉の羽化が本格化しています。

本格的な夏への扉は開いたんでしょうか。

o
posted by toons at 08:07| Comment(0) | 日記

祇園祭 2019 - 7 後祭・山鉾曳き初め

先週末から、祇園祭後祭が始まりました。

7/20(土)に、後祭の山鉾が出来上がり、曳き初めがありましたので、北観音山の曳き初めに参加してきました。

gionmatsuri-2019-23-kita.jpg

gionmatsuri-2019-22-kita.jpg

後祭は、山鉾が10基と少なく、露店もでないので、とてものんびりした本来の祭の雰囲気が味わえます。

今夜、宵山がありますので、ちょっと行ってみようと思います。

gionmatsuri-2019-24-kita.jpg

posted by toons at 07:33| Comment(0) | 日記

2019年07月17日

祇園祭 2019 - 6 前祭・山鉾巡行

gionmatsuri-2019-20-junko-naginata.jpg

祇園祭前祭の山鉾巡行

早朝は曇空で雨も心配されましたが、9時過ぎから晴れ間が広がりはじめ、梅雨晴れでの山鉾巡行になりました。

gionmatsuri-2019-21-junko-hosho.jpg

約12万人の見物客に見守られながら、23基の山鉾が四条通、河原町通、御池通をゆっくりと巡りました。

夕方から八坂神社を出発する神輿(神幸祭)の露払いの意味があります。

posted by toons at 21:18| Comment(0) | 日記

2019年07月16日

祇園祭 2019 - 5 前祭・宵山

gionmatsuri-2019-16-hokoten.jpg

祇園祭前祭の宵山にいってきました。

京都市の最高気温は32℃と真夏日でしたが、夕方に降った雨の影響でやや涼しくなりました。

昨日よりは人出が若干少ないようで、歩行者天国もすこし歩きやすい感じでした。

gionmatsuri-2019-17-tuki.jpg

gionmatsuri-2019-18-kikusui.jpg

宵山だけおこなわれる日和神楽も見ることができました。ちょうど放下鉾の提灯行列が祇園囃子を奏でながら四条通を戻ってきているところでした。

gionmatsuri-2019-19-hiyorikagurajpg

明日、祇園祭前祭のクライマックス、山鉾巡行とお神輿がおこなわれます。天気に恵まれればいいのですが、、、
posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記

祇園祭 2019 - 4 前祭・宵々山

gionmatsuri-2019-15-hikiyama.jpg

昨日は、祇園祭前祭の宵々山でした。

宵々山から四条通と烏丸通が歩行者天国になり、夜店が出ます。幸い雨も降らず、かなり涼しかったので助かりました。

海の日の休日ということもあって、凄い人出。人の波に溺れそうで早々に退散しました。

本日は、最終日の宵山、かなり混雑しそうです。

posted by toons at 07:55| Comment(0) | 日記

2019年07月13日

祇園祭 2019 - 3 前祭・山鉾曳き初め

gionmatsuri-2019-14-houka.jpg

放下鉾の曳き初めにいってきました。

昨日の曳き初めは東西に面した四条通の山鉾でしたが、本日は南北の通りに面した山鉾の曳き初めです。

放下鉾は新町通の四条上がったあたりにあります。この鉾は約10トンありますので、大勢の曳き手が必要です。15時からの曳き初め目当ての一般の人々がたくさん集まってきていました。

gionmatsuri-2019-11-houka.jpg

小雨が降っていたのが幸いして、例年よりは人出が少ないのか、うまく綱をつかむことができました。

gionmatsuri-2019-12-houka.jpg

新町六角まで北上し、曳き綱の方向を変えて新町四条まで南下して、もう一度方向を変えて鉾町まで戻ります。

gionmatsuri-2019-13-houka.jpg

無事に曳き初めが終わったとき、自然と拍手が!

途中、強い雨が降ったりして、ずぶ濡れになりながらの曳き初めでしたが、とても楽しいひとときを過ごせました。

posted by toons at 23:56| Comment(0) | 日記