2020年05月25日

近所の騒音 - 高周波騒音も!

非常事態宣言が解除されて、社会活動が再開されつつあります。

30mくらい離れた場所、路地裏で舗装をはがしているのか、アスファルトカッターの音が。

室内ではそれ程うるさくは感じませんが、換気のため窓を開けているので気にはなります。

窓際まで移動して、高周波ノイズ検出アプリ「Mosquitone Detector」にて計測。

Detect(8k-16k).png

Detect(検出モード)で、8-16kHzでは最大61.4dB 大したレベルではありません。

Detect(16k-24k).png

16-23kHzではさらにレベルが低いです。高周波域は距離による減衰量が大きいためですね。

Search(8k-16k).png

Search(探索モード)は単に窓の方向を指しているだけです。

工事作業は20-30分で終わったようで、ほぼ影響はありませんでした
.s
posted by toons at 15:30| Comment(0) | 環境・騒音

2020年05月21日

自粛生活のストレス、低周波騒音も!

新型コロナウイルス感染拡大で在宅時間が増える中、騒音トラブルが相次いでいるようです。東京都では3、4月に騒音に関する110番通報が昨年比で3割近く増えたそうで、なかには殺人事件に発展する事態も発生!

身近なところでも迷惑な騒音が、、、近所の改築工事が再開され、地ならしの音がひどい状態に。

low_frequency_noise.png

かなり低い周波数の騒音が響いているので、どのくらいレベルなのかを低周波騒音検出アプリ「Low Frequency Detector」で調べてみました。

低周波騒音が20Hzから110Hzの周波数範囲ではっきり検出できました。後々のために、この騒音ストレスをデータとして残しておきます。
.s
posted by toons at 23:06| Comment(0) | 環境・騒音

2020年05月09日

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)vs. 生活環境における騒音

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による緊急事態宣言の延長!

出口の見えないトンネル、いやむしろ、地図もコンパスもスマホも持たず、深い森に迷い込んでしまったような気がします。

現在、新型コロナウィルスとの戦いは、個人の行動に委ねられています。(その選択が未来に与える影響を今まさに考えるべき時でしょう、なにが善なのか。)

しかし、社会活動の自粛によって、自宅にいる時間が大幅に増え、さまざまなストレスが溜まりがちに。

あまり気にしなかった生活環境における騒音の問題が顕在化することも。

騒音は、個人でその感じ方が大きく違い、その発生源をおさえて解決方法を探っていくしかありません。

自分自身や家庭内での騒音状況をまず押さえておくと、外部からの騒音に対しても対処しやすくなります。

そのような生活環境をサポートするアプリをご紹介します。無料アプリもありますので、どうぞお気軽にお試しください。

icon-sla_v300.png 騒音計測アプリ:"Sound Level Analyzer"

Sound Level Analyzer」は、騒音レベルの計測・解析アプリです。

環境騒音、ミュージックサウンドなどのサウンドレベル(騒音レベル)を簡単な操作でリアルタイムに測定表示できます。周波数解析もおこなうことができますので、音源の特定に役立てることができます。

また、騒音統計機能を有する上位アプリ「Sound Level Analyzer PRO」、無料アプリ「Sound Level Analyzer Lite」もご提供しています。

sla_top_v310.jpg sla_fft_v310.jpg


icon-lfd_v100.png 低周波音を検出できるアプリ:Low Frequency Detector

Low Frequency Detector」は、耳に聞こえにくい低周波音を検出するためのアプリです。

人の耳は低い周波数になるほど鈍感なため、あなたが気付かないうちに近隣の騒音にさらされ、不快感や圧迫感を感じて気分が悪くなることもあります。
そのような不快な騒音がありそうな時、簡単な操作でどのような低周波音が発生しているかを調べることができます。

lfd_time_v200.png lfd_fft_v200.png


icon-mtd_v100.png 高周波音を検出できるアプリ:Mosquitone Detector

Mosquitone Detector」は、人の耳には聴き取りにくい高周波騒音や超音波を検出するアプリです。

あなたは気づかないうちに人工的な高周波騒音にさらされているかもしれません。そのような高周波騒音を検出し、可視化することができます。

mtd-detect_v200.jpg mtd-search_v200.jpg


icon-vs_v300.png 低周波振動を検出できるアプリ:Vibroscope / Lite

Vibroscope」はiPhoneの加速度センサーを使った振動計測アプリです。

直接耳で聞こえないような低周波振動を可視化してモニター表示することができます。また、無料版アプリ「Vibroscope Lite」もご提供中です。

vs_main_1_v400.png vs_fft_1_v400.jpg

posted by toons at 10:38| Comment(0) | 環境・騒音

2020年04月04日

羽田新ルートによる都心低空飛行 スタート!

昨日4/3より、羽田新ルートによる都心低空飛行が開始されました!

先月29日に正式運用が始まって以降、初めての南風となり、午後3時すぎから大型旅客機が都心上空を飛行したようです。

COVID-19パンデミックによる世界各国の隔離封鎖、経済活動の停止、金融市場の大暴落、航空路線の相次ぐ休止など、世界の危機的状況のなかで、このような不要不急な航空機運用は避けてもいいのではないでしょうか!

東京オリンピック2020にあわせたインバンド需要に対応するためだったはずですので、、、

実機飛行テストの騒音モニタリング結果が一般公開されましたので、そのリンクを載せておきます。なお、航空機の騒音評価において、時間帯補正等価騒音レベル(Lden)という計測基準が適用されています。

羽田空港の実機飛行確認における騒音測定結果を公表
東京国際空港(羽田空港)の新飛行経路の実機飛行確認に伴う航空機騒音モニタリング結果(詳細結果)

これによれば、日本の航空機の環境基準(住宅地)は、Lden 57dB以下ということで、今回のモニタリング結果の最大値でもLden 55dBであり、どうも問題なしとのことらしいです。

しかし、WHO推奨Ldenは、45dB以下なので、、、、日本基準と国際基準との差異(12dB)には唖然とします。

参考)
航空機騒音評価指標の見直しについて
WHO環境騒音ガイドラインを更新(2018年10月)
posted by toons at 08:37| Comment(0) | 環境・騒音

2020年02月03日

羽田新飛行ルート、大型旅客機での実機テスト飛行開始!

昨日より、羽田新飛行ルートの大型旅客機での実機テスト飛行が始まりました。

飛行高度は、新宿付近約1000メートル、渋谷付近約700メートル、大井町付近約300メートル。

昨日15時から17時半に南風運用で、ボーイング 777-200、ボーイング 777-300ER、エアバス A350-900などが新ルートを飛行していたようです。
この中では、ボーイング 777-300ERが騒音レベルが一番高い機体です。

事前予想では、大井町駅周辺で、最大80dBもの騒音が発生する見通し。高層マンション上階ではもっと大きな騒音レベルになるのではないでしょうか!?

実機飛行確認における騒音の測定結果について、日々公表される予定です。
・実機飛行確認の実施について
・実機飛行確認 騒音測定結果

続きを読む
posted by toons at 23:57| Comment(0) | 環境・騒音

2020年01月21日

FAQ-E014:暗騒音とは? その影響は?

FAQ-E014:暗騒音とは? その影響は?

[回答] 暗騒音とは、特定の音を対象として考える場合に、その対象の音以外のその場所に存在する音のことです。

暗騒音は、対象音の騒音レベルを計測するときに影響を与えることがあります。

騒音レベルを測定するとき、その騒音があるときと無いときの騒音計の指示値の差が 10 dB 以上あれば、暗騒音の影響はほぼ無視できます。

しかし、10 dB 未満のときは無視できなくなり、次表の補正することにより、定常騒音のみの騒音レベルを推定することができます。
なお、この補正は定常騒音を対象としており、暗騒音のレベルが変動している場合には適用できません。暗騒音レベルとの差は少なくとも 3 dB 以上必要です。
#計測値差:補正値 (単位:dB)
3 :-3.0
4 :-2.3
5 :-1.7
6 :-1.25
7 :-0.95
8 :-0.75
9 :-0.60
10 :-0.45

*JIS Z 8731(騒音レベル測定方法)に準拠。

例えば、ある機器を稼働して 55 dB A、停止させたときの暗騒音が 50 dB A と計測されるならば、そのレベル差は 5 dB のため、 -1.7 dB のレベル補正をして、単独の騒音レベルは 53.3 dB A と推測されます。

<関連アプリ>
Sound Level Analyzer PRO
Sound Level Analyzer
Sound Level Analyzer Lite - 無料アプリ
posted by toons at 10:30| Comment(0) | 環境・騒音

2019年08月30日

羽田新飛行ルート・テストフライト開始!

本日、都心上空を通過する新飛行ルートの飛行検査が始まりました。

今回は小型ジェット機(Cessna Citation CJ4 (Model 525C))での試験飛行ということで、まだ大きなインパクトはないかもしれません。ただ、毎日、朝6時から夜8時まで条件を変えてテストするようです。

来年1月には、旅客機での試験飛行が開始される予定で、新宿区で1000m、渋谷区で700m、品川区で300mの超低空を巨大な物体が飛ぶことになります。

都心上空を飛ぶエリアでは騒音問題や安全性などの懸念が一気に顕在化しそうです。

ちなみに、300m上空を飛行するジェット航空機の騒音レベルはつぎのような感じで、ほとんど電車の中にいるのと同等な騒音レベルです。高層住宅の場合には、かなり大きな騒音に曝される可能性が高いです。

・航空機の騒音レベル(着陸時、経路直下、高度 305m [1000ft] )
 (機種)        : (最大騒音レベル LAmax (dB) )
 ・小型機 B737-800  : 76dB
 ・小型機 A320     : 77dB
 ・中型機 B767-300  : 78dB
 ・中型機 B767-8    : 76dB
 ・大型機 B777-300  : 80dB
 ・大型機 B747-200B  : 85dB (旧型機、運用終了)

引用:国土交通省の公表データ
国土交通省・羽田空港のこれから>騒音の影響について>騒音への対策

本格運用が始まるのは来年3月末、こんな短い期間で結論を出していいものかどうか、、、市民の理解が得られていないようですし、大阪伊丹空港の例もありますので。

ともかく、当該エリアの不動産価格はかなり変動しそうな気がします。

posted by toons at 19:08| Comment(0) | 環境・騒音

2019年08月24日

京都の騒音

京都市内は、空前のホテル建設ラッシュ。

大小含めて、さまざまな資本や業者が入っているせいか、、、以前はちゃんとおこなわれていた地元説明会もなく、いきなり着工という事案も増えています。

ということで、建設工事のほうでもさまざまなトラブルが頻発しています。

実は、ごく近所の工事現場の騒音にあきれて、クレームにいきました!

作業時間が不明確で、8時前からや夜遅くまで、さらに休日までも。おたくの工事は騒音が大きすぎるし、作業管理もかなり杜撰ではないかと。

当の現場監督は聞く耳を持たず、細かいことは本社に問い合わせてくれというばかりしたが、、、

あらかじめ用意しておいた騒音データやタイムスタンプのついた工事画像を手渡すと、神妙に上と相談しますとのこと。

しばらくして、この工事は管理され、かなり静かになりました。

やはり、たんなる口頭クレームより、客観的なデータを示すほうが効果的なようです。

工事騒音にお困りの方、しっかりデータ武装して紛争にあたってくださいね!
.t
posted by toons at 09:57| Comment(0) | 環境・騒音

2019年06月27日

エコキュートなど家庭用ヒートポンプ給湯機の低周波騒音による健康被害

最近、産業騒音、交通騒音、生活騒音など様々な騒音問題がマスコミ報道やネット上で話題にあがっているのを見かけます。

そのなかで、100Hz以下の低周波騒音に関する健康被害に関しては、騒音発生源の特定が難しく、個人の感応度の差異も大きいことから、どうも置き去りされているようです。

健康被害が指摘されているエコキュートなど家庭用ヒートポンプ給湯機の騒音被害について、行政側もようやく動き出していたことがわかりました。

消費者庁において、「家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動等により不眠等の健康上の症状が発生したとされる事案」として、その原因調査やフォローアップがおこなわれています。

この低周波騒音の問題について、まだ十分な検討評価や対応が出されていないようですが、行政が動いているという点でやはり社会問題化していることは確かなようです。

現在、消費者庁が公開している報告文書等はつぎのURLで閲覧することができます。家庭用ヒートポンプ給湯機などの低周波騒音に興味をお持ちの方はぜひご覧ください。参考になると思います。

家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により不眠等の健康症状が発生したとの申出事案
https://www.caa.go.jp/policies/council/csic/report/report_002/

この公開文書のなかで、第43回消費者安全調査委員会(平成28年4月15日)の各省通知(資料2)において、据付ガイドブックにつぎのような注意事項を表示するようにメーカへ指導しているようです。どうも設置業者まかせということのようですね。なぜか機器本体の構造的な問題は放置ということでしょうか。

<据付けガイドブック:注意事項(例文)>
【運転音に関するご注意】
●運転音は、JIS C 9220:2011 に準拠し、反響の少ない無響室で測定した数値です。実際に据付けた状態で測定すると、周囲の騒音や反響を受け、表示数値より大きくなるのが普通です。
●ヒートポンプ給湯機は、主に人が睡眠している深夜に運転するため、運転音による不眠等が一部報告されています。寝室や隣家に近い場所など騒音が気になる場所には据付けないでください。

また、同様な低周波騒音問題で、エネファームなどの家庭用コージェネレーションシステムから生じる運転音による健康被害についての文書等も存在していているようです。つぎのURLで閲覧することができます。

家庭用コージェネレーションシステムから生じる運転音により不眠等の症状が発生したとされる事案
https://www.caa.go.jp/policies/council/csic/report/report_011/


#備考:TOON / iOSアプリ製品情報一覧
posted by toons at 12:55| Comment(0) | 環境・騒音

2019年06月25日

東芝・DCモーター扇風機を自分で修理してみた - 異音トラブル

toshiba-sient-0.jpg

東芝のSIENTシリーズ・DCモーター扇風機「F-DLP100(W)」

DCインバーターモーター搭載の静音を売りにした扇風機で、7年前に購入しました。SIENTシリーズはハイクラス扇風機として2011年から2016年まで販売されていたようです。

この扇風機、購入当初はDCモーターの回転音や羽の風切り音がとても静かで、その静音性能に満足していました。

首振りも上下・左右に立体的動作ができて、とても静かだったのですが、、、、

近年は騒音レベルが徐々に上がり、とくに首振り時のモーター音、角度を手動で変えた後の首振り時の異音、首ふり反転時のブーン、カタカタという異音などが気になっていました。

もうじき補修用性能部品の保有期間も終わろうとしていますし、本格的な利用シーズン前に自分自身でメンテナンスすることにしました。(2016年6月末に東芝の家電事業が中国・美的集団グループに売却されてしまい、メーカ・メンテナンスもあまり期待できそうにないので。)

f-dlp100-a.jpeg

この扇風機の場合、モーター部の前面カバーのネジ8本を外し、前面ネックカバーのネジ1本を外すと、モーターを支える金属プレートがみえてきます。

Fan-2z.jpg Fan-2v.jpg

f-dlp100-b.jpeg

さらに、金属プレートの左右の奥にあるネジ2本とモーターカバーの後部下側のネジ1本を外すと、モーターカバーを外すことができます。モーターカバー内部はすこし窮屈な設計のようで、モーターカバーの後部を持ち上げ気味にして後方へ引くと外しやすいです。

(前面カバーを止めているネジのみ外してください。金属プレートを固定しているネジ5本は外す必要はありません。もし外してネジ山を潰すと故障の原因になります。)

toshiba-sient-1.jpg

メインDCモーターの振動騒音を軽減するために、取り付け部はゴムで制振されていたり、モーターカバーのバックチャンバー部分には制振用ウエイトとサイレンサーまでついていました。

backplate.jpeg

さらに、上下首振り用、左右首振り用として完全独立したDCモータで駆動され、首振り動作のために回転運動を直線運動に変換する機構部品がついていました。

内部まで埃がすこし入ってきていたので、DCモーターや機構部品についていた埃や汚れをIPA(イソプロピルアルコール)できれいに清掃しました。

toshiba-sient-2.jpg

この状態で電源を入れて、各動作時の異音をチェックしてみました。

メインDCモーターの後側上部に、上下首振り用モータがあり、白いクランクパーツの奥に収まっていました。
クランクが回転して上下運動に変換していますが、この機構部品ではとくに異音していませんでした。

toshiba-sient-3.jpg

左右首振りのモータはメインDCモーターの後部下側にあり、下から覗くと回転運動を左右の往復運動に変換する特殊な機構部品がありました。

左右首振り時にジリジリという擦動音や、右から左に反転するタイミングで盛大な異音がこの機構部品付近からしていました。

いったん完全にバラしてしまおうかと思いましたが、プラスチック製部品でもあり破損リスクがあります。

機構部品の動作を観察すると、目視できる範囲内で機械運動しているとわかりましたので、すべての回転軸や機械動作の擦動部分にセラミック系グリースを塗って様子をみることにしました。

#タミヤ セラグリスHG/窒化ホウ素微粒子配合・プラスチック部品適合
cera-grease-hg.jpg

ちなみに潤滑グリースはプラスチックにオイルが浸潤するようなものだと変性してしまう恐れがありますので、とくに注意が必要です。樹脂材用グリースを利用しないと、プラスチック部品が破損して大きな事故が起こる可能性があります。

この修理前後での騒音レベルを騒音計測アプリ「Sound Level Analyzer Lite」を用いて計測してみました。計測設定は、A補正、FASTです。

最小風量、上下・左右の同時首振りモードでの運転動作をモーターカバーから10cmの距離で計測しました。なお、騒音計測時の暗騒音レベル(室内の無音レベル)は約28dBです。

#修理前の騒音レベル
toshiba-sient-sla-before.png

左右首振りの左反転時に盛大な異音がでていることが時間グラフでも確認できます。
異音の騒音レベルは最大48dBとかなり大きな音ですので、さすがに就寝時には使いたくないです。

#修理後の騒音レベル
toshiba-sient-sla-after.png

修理後には、騒音レベルが3dBくらい下がった感じで、グリースによる潤滑効果がかなりでています。
ただ、左右首振りでの左反転時にいまだに異音がでていますが、かなり小さい音になりました。

#修理1週間後の騒音レベル
toshiba-silent-sla-after-1w.png

修理後の約1週間使用していたら、左右首振りの左反転時での異音が発生しなくなりました。可動部分にセラミックグリースが行き渡って動作がなめらかになったためでしょう。
運転音もとても静かになり、1mも離れるとほぼ無音に近い感じです。新品時よりむしろ静かになった感じがします。

#最大風量時の騒音レベル
toshiba-silent-sla-after-max.png

ついでに、最大風量時の騒音レベルも計測してみました。
DCインバーターモーターの動作音はほとんど大きくならず、羽の風切り音が主体です。騒音レベルは51dB(羽から横方向10cm)くらいでした。さすがに風量が強すぎますし、騒音レベルも大きいので就寝時には使用できません。

ともかく扇風機の分解修理は無事成功!
簡単な整備作業でこの成果が得られてよかったです。
この夏、就寝時にも静かに扇風機の風を浴びられそうです。もうしばらくして、念の為、再分解して内部チェックをしようと思っています。

備考:
・メーカが公表している扇風機の静音性能については、計測条件も大きく異なり、さらに無響室等の暗騒音レベルが非常に低い部屋で計測した数値と考えられます。通常の室内の暗騒音レベルはせいぜい30dB前後ですので、今回計測した騒音レベルは暗騒音も含んだ計測値となります。
・電気製品の修理は感電や火災等の危険性を伴います。本記事は何ら自己修理を推奨するものではありません。修理にあたっては専門的な技術が必要になりますので、すべて自己責任でお願いします。

続きを読む
posted by toons at 12:59| Comment(0) | 環境・騒音