2019年04月18日

京たけのこ

wakatake.jpg

旬のタケノコ、今年はどうも不作のようですね。

京都西山あたりは筍の名産地、とくに塚原産の柔らかで真っ白な「白子筍」は生でも食べられるほどエグミがなくてとても美味しいのですが、、、かなり値段が上がっているようです。

posted by toons at 12:54| Comment(0) | フードカルチャー

2019年04月17日

シーズン到来!いちご大福

ichigodaifuku-2019.jpg

米満老舗、春限定の「いちご大福」

ichigodaifuku-2019-2.jpg

やさしい白餡とフレッシュで甘酸っぱい苺の組み合わせで、毎年楽しみにしています。

posted by toons at 19:43| Comment(0) | フードカルチャー

2019年04月05日

桜大福 - 仙太郎の月一餅

sakura-daifuku-20190405.jpg

桜大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

今月のテーマは「さくら」、京都では桜がちょうど満開です。

江州産羽二重餅にこしあんを包み、塩漬けした桜花を散らした菓子です。

桜花の香りとほんのり塩味、優しい甘さのこしあんの絶妙なハーモニーが楽しめました。

posted by toons at 23:57| Comment(0) | フードカルチャー

2019年03月22日

桜餅 - 鳴海餅本店

sakuramoti-1.jpg

京都市内の桜開花宣言にはあと3-4日かかりそうです。

ひと足早く桜の季節に思いを馳せて、鳴海餅本店の「桜餅」

桜色に染められた道明寺はモチモチとした食感、桜葉の塩気と甘さ控えめのこし餡が絶妙でした。


posted by toons at 18:10| Comment(0) | フードカルチャー

2019年03月12日

春の味覚 - ほたるいか

hotaru-ika.jpg

蛍烏賊、まだ出始めなのですこし小ぶりです。

辛子酢味噌和えが日本酒によく合います。そのプリッとした食感とはらわたの旨味がたまりませんね。

暖かい春の陽気を運んできてくれているようです。

posted by toons at 20:25| Comment(0) | フードカルチャー

2019年03月08日

新しいキッチンツール - AMORFO premium (アモルフォ プレミアム)

amorfo-1.jpg

新しいキッチンツールを入手しました! 

イワタニのカセットコンロ「AMORFO premium (アモルフォ プレミアム) 」

約4年使ってきたイワタニ製品がそろそろくたびれてきたので、今回この機種を選びました。

amorfo-2.jpg

箱から取り出してみると、ずっしりした筐体でトッププレートのステンレス鏡面仕上げがとてもきれいです。いままで使っていた鉄プレスの製品とは大違いで、しっかり重厚感があります。

ちゃんとデザインすれば、カセットコンロでもここまでいけるんですね。

とはいえ、単なるカセットコンロ、実際に使ってみなければ、その真価はわかりません。さっそく、鍋料理で使ってみました。

amorfo-4.jpg

電池式の電子着火機構でワンタッチで点火でき、とても弱いとろ火まで調整できます。立ち消えしてもすぐに自動点火してくれます。

amorfo-3.jpg

バーナー機構は内側に炎がでる内炎式です。外に広がらない炎なので省エネになります。

amorfo-5.jpg

電子着火用の単3乾電池一本が裏側に装着され、連続スパークが発生できます。圧電点火方式ではないので、低温時に火がつきにくいようなことはありません。

amorfo-7.jpg

一点気になったのが、ガスボンベを収納するステレンス・カバーに貼られている取扱注意事項を記載した銀紙シール!

表示義務があって仕方ないのでしょうが、せっかくの鏡面仕上げが台無しです。

amorfo-6.jpg

とりあえず無理やり剥がしてみましたが、超強力な粘着剤のようでしっかりシール跡が残ってしまいました。ネット上の口コミどおりでした。もうすこし剥がしやすいシールにしてほしいところです。これを一般の洗剤などで剥がすのは大変な作業になると思います。

そこで、電子機器洗浄につかっているIPA(イソプロピルアルコール)で拭き取ってみたところ、一瞬できれいに剥がれてくれました。IPAはプラスチックなどを劣化させませんので、この製品を持っている方にはオススメのシール剥がし方法だと思います。

今年の冬もあと少しですが、この「AMORFO premium」で、すき焼きや鍋料理などをいっぱい楽しみたいと思います!


posted by toons at 20:02| Comment(0) | フードカルチャー

2019年03月07日

冬の味覚 - 牡蠣のカルドソ

WinterOyster.jpg

もうじき、牡蠣のシーズンも終わり

ということで、いま旬の牡蠣を「カルドソ」で!

スペイン風スープ雑炊といえばわかりやすいですね。

posted by toons at 20:21| Comment(0) | フードカルチャー

2019年03月03日

引千切(ひちぎり)- 京の雛祭り

hichigiri.jpg

「引千切(ひちぎり)」、京都の「桃の節句」に欠かせない伝統菓子

餅を丸く伸ばしてくぼみをつくって餡やきんとんをのせた上生菓子です。

これは「笹屋伊織」の引千切、ちょっと可愛らしい形をしていますね。
お店によって形はかなり違いますが、必ず餅の部分が引きちぎった杓子のような形状になっています。

宮中で人出が足りないときに、餅を丸める手間を惜しんで引きちぎったのが由来といわれています。
posted by toons at 23:57| Comment(0) | フードカルチャー

2019年03月01日

草大福 - 仙太郎の月一餅(三月)

kusa-daifuku.jpg

草大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

三月は、早春を題材にした菓子でした。

江州産羽二重餅に「蓬(よもぎ)」を練りこんであり、中はこしあんです。

早春の味わい「蓬」の香りがさわやかで、とても美味しかったです。

posted by toons at 23:56| Comment(0) | フードカルチャー

2019年02月27日

豆餅 - 出町ふたば

demachi-futaba-mamemochi-1.jpg

「出町ふたば」の豆餅

出町柳のお店に、観光客まで行列するようになったので、並んで買うのも一苦労します。週末には20〜30分もかかったりします。

ちょうど、高島屋京都店の催事に出店していたので、運良くゲットできました。

demachi-futaba-mamemochi-3.jpg

豆餅は漉し餡の入った豆大福です。

とても柔らかでふわふわのお餅に、塩のきいた赤えんどうが入って、あっさりした餡とのバランスが絶妙です。もうひと口食べればやみつきになります。
ひさびさに食べられて大満足でした!

demachi-futaba-mamemochi-2.jpg

posted by toons at 12:55| Comment(0) | フードカルチャー