2018年08月12日

獺祭・島耕作

saddai-shima.jpg

獺祭・島耕作、近所の居酒屋で見つけました!

8/10から販売開始された、お酒業界話題のお酒です。

獺祭の蔵元曰く、品質基準に達していないため、通常の獺祭ブランドではもう販売不可能なお酒だそうです。7月の西日本豪雨災害で、山口の旭酒造も大きな被害を受けて、通常出荷できないお酒がたくさんできてしまったことの対応策のようです。蔵元会長が経済系ニュースにたくさん露出して宣伝していました。

今回、島耕作ブランド、4合瓶で65万本の販売予定、一本1200円、内200円は被災地への義援金になるとのことです。純米大吟醸50%から3万円台のフラグシップ酒「その先へ」まで、いづれかが入っているそうです。

daddai-shima-2.jpg

今回、見つけて飲んでみましたが、とても雑味が多くて、たしかにこれは「獺祭」とは言えないようなテーストでした。酸が強くて、どうもフルーティさに欠けます。とはいえ、お酒の売れないシーズンの真夏に、夏酒と称して出している他社のお酒と比較すると、とても安くて美味しかったです。

この蔵は通年醸造で冷蔵設備が常時稼働しているのが前提の設備なので、温度管理できない状態での醸造などはありえません。まして今年の夏は猛暑なのですから、かなり難しいですよね。まあ、この値段でこのレベルの純米吟醸酒が入手できるなら、話のネタになるかもしれません。(すでに品切れのようで、プレミア価格をつけて販売している悪徳業者もいるようなのでご注意を!)

獺祭・旭酒造は、いまや大手の一角ですが、20年以上前、まだ本当に「山口の山奥の小さな酒蔵」だったときから、何度も蔵見学をしたりして見守っていましたので、今回の大きな被災からは早く立ち直ってほしいと願っています。

posted by toons at 23:55| Comment(0) | フードカルチャー

2018年08月04日

粟大福 - 仙太郎の月一餅(八月)

awa-1.jpg

粟大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

八月は「粟」を題材にした菓子でした。
粟を練りこんだ江州産羽二重餅に、こしあんを包み込んでいます。

awa-3.jpg

黄色い粟が見た目にきれいです。噛んでみると、粟のつぶつぶした食感が楽しい大福でした。

awa-2.jpg

posted by toons at 12:16| Comment(0) | フードカルチャー

2018年07月11日

はもまつり

hamo-4.jpg

祇園祭が始まり、鱧(はも)の美味しい季節です。京都では祇園祭は別名、鱧祭とも呼ばれていて、鱧はお祭に欠かせない食材です。

京都の暑い夏の乗り切るため、鱧づくしの料理をいただきました。

鱧しゃぶは、焼いた鱧の中骨からとったお出汁と薬味のネギだけでシンプルにいただきます。ポン酢よりも、ストレートに鱧の旨味が味わえるので大好きな食べ方です。

hamo-1.jpg

さらに、追加で焼き鱧も!焼き目が香ばしくてとても美味しい一品でした。

posted by toons at 22:51| Comment(0) | フードカルチャー

2018年07月06日

枝豆大福 - 仙太郎の月一餅(七月)

edamame-daifuku-1.jpg

枝豆大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

七月は「枝豆」を題材にした菓子でした。
江州産羽二重餅に、枝豆あんを包み込んでいます。

edamame-daifuku-2.jpg

枝豆大福をふたつに割ってみると、見た目も鮮やかな枝豆あんの出てきました。

枝豆の香りがとても爽やかで、ほんのり甘い枝豆あんです。一瞬、口に含んだ味は抹茶のようにも感じました。

edamame-daifuku-3.jpg

ちなみに、お皿は京焼・瑞祥窯の三代目、大野和子さんの作。女性ならではやさしい作風で、ちょっとユーモラスなパンダが楽しい一皿です。
posted by toons at 17:30| Comment(0) | フードカルチャー

2018年06月27日

赤いルビー

sakuranbo-2018-1.jpg

山形から「さくらんぼ」が届きました。
生産者からの直送で「佐藤錦」バラ詰が1kgも!
毎年このシーズンに、この初夏の味覚を送っていただく知人にはとても感謝しています。

sakuranbo-2018-2.jpg

ほどよい酸味と甘みのバランスが絶妙で、とても上品な美味しさです。
この「佐藤錦」が、さくらんぼの王様、赤いルビーとも呼ばれるのが納得できますね。


posted by toons at 06:51| Comment(0) | フードカルチャー

2018年06月02日

玉露大福 - 仙太郎の月一餅(六月)

gyokuro-daifuku.jpg

玉露大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

六月は「玉露」を題材にした菓子でした。
江州産羽二重餅に玉露を練りこみ、あんも玉露あんです。

玉露の茶の香りがとても濃厚で、お抹茶をいただいているかのように一瞬感じました。個人的には、月一餅のなかでは一番の美味しさです。
ふくよかな玉露の香りを大福の中に封じ込めた逸品だと思います。

gyokuro-daifuku-2.jpg
posted by toons at 23:57| Comment(0) | フードカルチャー

2018年05月24日

京のいなり寿司 - いづ重・京都

izujyu-2a.jpg

いなり寿司 - 八坂神社の石段下にある「いづ重」がつくる定番の味。

「いづ重」は、京寿司の名店「いづう」から暖簾分けされたお店で、鯖寿司で有名です。

上品な味わいで、個人的には京都で一番美味しい、いなり寿司です。

一口ふくんだ途端に、酢飯の柚子の香りが広がり、ほんのり甘いお揚げとのバランスも絶妙です。

さらに食べていると、ときどきプチっとはじける食感にびっくりします。これは麻の実で、大きな粒がたくさん入っています。上品な甘さと刺激のある食感が妙にマッチしています。

izujyu-1a.jpg

このいなり寿司は、本店以外に大丸京都店と京都駅新幹線改札内の「古都みやび」でもお持ち帰りを入手できますが、店頭に並ぶとあっという間に売り切れてしまいます。年配のご婦人がここぞと大人買いしていたりして微笑ましいです。


posted by toons at 19:50| Comment(0) | フードカルチャー

2018年05月14日

いちご大福 - 米満老舗・京都


itigo-daifuku-1.jpg

米満老舗のいちご大福。

三条通にある地元の人に愛されている小さな和菓子店です。
いつも季節の味わいの生菓子をリーズナブルに提供してくれます。

itigo-daifuku-2.jpg

この菓子の中を覗いてみたら、白地にとてもきれいな赤いグラデーション、、、白あんのいちご大福でした。
新鮮でほんのり甘い苺とあっさりした白あんのバランスが絶妙です。春一押しの生菓子です!

posted by toons at 23:55| Comment(0) | フードカルチャー

2018年05月11日

焙じ茶大福 - 仙太郎の月一餅(五月)

houjicha-daifuku-1.jpg

焙じ茶大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

五月は「焙じ茶」を題材にした菓子でした。
江州産羽二重餅に焙じ茶を練りこみ、あんも焙じ茶あんです。

焙じ茶の香ばしさが溢れていて、いままで味わったことのないような美味しさでした!焙じ茶風味の菓子はこの月一餅だけで提供されるそうです。

houjicha-daifuku-2.jpg
posted by toons at 23:53| Comment(0) | フードカルチャー

2018年05月09日

ゆきさやか - 新しい北海道米

yukisayaka.jpg

北海道から「ゆきさやか」が届きました。

「ゆめぴりか」を超えるといわれる新しい北海道米で、地元でもあまり知られていない希少な品種だそうです。

「ゆきさやか」は、2010年に品種登録出願されましたが、複雑なしがらみにより銘柄認定を取得できず、闇で販売されていました。2016年に銘柄認定をようやく受けることができたため、栽培と正式販売が可能になったようです。

yukisayaka-gohan.jpg

「ゆきさやか」の炊き上がりは艶々で真っ白、「ゆめぴりか」よりふっくら感があり、雑味が少なく甘みもかなりあります。いままで、「ゆめぴりか」が北海道米のフラグシップだと思っていましたが、「ゆきさやか」は美味しさでほぼ互角だと思います。まだ流通量が少なく入手しにくいお米ですが、定期的に食べたい品種となりました。

yumepirika-yukisayaka.jpg

一応、手持ちの「ゆめぴりか」と較べてみました。
左が「ゆめぴりか」、右が「ゆきさやか」。米粒のサイズはほぼ同じですが、「ゆきさやか」の方が明らかに白くて透明感がありますね。

ちなみに、「ゆきさやか」と「ゆめぴりか」は低アミロース米です。一般うるち米よりも粘り気が強く柔らかいため、普通のご飯を炊くときよりも水加減を1割程度減らすほうがいいようです。

posted by toons at 21:05| Comment(0) | フードカルチャー