2018年11月25日

紅葉の南禅寺

この3連休、京都はいいお天気でしたので、紅葉狩りにいってきました。

nanzenji-1.jpg

南禅寺の紅葉はようやく色づいていました。今年はどうも紅葉の赤色がイマイチなのでちょっと残念です。

nanzenji-2.jpg

かえって、銀杏の黄金色が鮮やかで秋らしい感じでした。

nanzenji-3.jpg

南禅寺の奥、水路閣の紅葉はちょうど見頃になっていました。

posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記

2018年11月23日

新之助 - 新潟の新しいお米

sinnosuke.jpg

新潟から新米・新之助が届きました!

2017年から一般販売がはじまった新潟米「新之助」、約7年かけて開発された新品種です。

新潟の代表米「こしひかり」よりはすこし安い価格で販売されています。全国各地で新しい品種のお米がリリースされて話題になっていますが、このお米は新潟の新しいアプローチのようです。

「新之助」は晩生米で「コシヒカリ」よりも少し遅めの収穫時期とのこと。収穫シーズンを分けることで天候による影響を分散化するのに役立つそうです。

shinnosuke-2.jpg

お米は普段から炊飯用土鍋で炊いています。新米ですので、すこし水加減を減らして、炊き上げてみました。

ご飯粒は「コシヒカリ」より大粒で、食感はもちもちしていてかなり甘みがあり、冷めても美味しかったです。

最近流行の超低アミロース米に比べると甘みや弾力は穏やかですが、「コシヒカリ」のような適度な粘りのあるお米を好きな人にはもってこいだと思います。
今後、新潟を代表するお米に育っていってほしいですね。

posted by toons at 10:47| Comment(0) | フードカルチャー

2018年11月21日

サンスイ AU-5500 レストア(10)

mainVR.jpg

AU-5500のメインボリュームに依然として不具合が残っていることが判明。

しばらくランニングテストをおこなっていましたが、ボリューム最小での音漏れ、ガリの突然発生、左右バランスの不安定などの症状が再発しました。

どうも、メインボリュームの内部汚れは単純なアルコール洗浄だけでは取り切れていなかったようです。

mainVR-mwave-1.jpg

さすがに、これらの症状はオーディオアンプとして致命的です。音量調整はアンプ機能の中でとくに重要なものですので。

そこで、最終手段の超音波洗浄をおこなうことにしました。部品解体して内部洗浄も考えましたが、超音波洗浄のほうがリスクは少ないと判断しました。

mainVR-mwave-2.jpg

まず少量の中性洗剤を水で薄めて洗浄水をつくり、そこに部品を浸して超音波洗浄(9分)をかけてみると、洗浄水は黄色く変色するほどの汚れがでてきました。

長年蓄積した汚れが主体でしょうが、もしかしたら過去の修理で接点復活剤をスプレー注入されていた可能性もあります。

ちなみに、接点復活剤は一時的には接触不良を改善するのですが、導電成分を含んだオイル分が固着して、よりやっかいな接触不良を起こす可能性があります。もし接点復活剤を使うなら、電気接点部分だけにごく少量だけつけるべきです。とくにボリュームのような可動接点をもつ部品にスプレーで直接吹きかけるなどは自殺行為です。

mainVR-mwave-3.jpg

残った洗剤成分を水洗いしてきれいにした後、ふたたび浄水で超音波洗浄(3分)をかけました。

さらに、乾燥後に、IPA(イソプロピルアルコール)で短時間の超音波洗浄(3分)をおこないました。
アルコールで溶けるような油汚れがこれで洗浄できますし、残っていた水分も除去できます。(ただし、アルコール99%なので、発火の危険性があります。この作業はとても慎重におこなう必要があります。)

mainVR-mwave-IPA.jpg

超音波洗浄後のメインボリューム(250kΩ、A)の抵抗値を実測すると、最大値242kΩ、最小値1.2Ωまで連続的に変化しているのが確認できました。

左右チャネルで比較計測したところ、7時から15時までの回転範囲で±2%程度のギャングエラーがありましたが、まあ許容範囲ではないでしょうか。

mainVR-mwave-0.jpg

物理的な可変抵抗器を用いるアナログアンプではギャングエラーは無視できないので、ボリューム位置で音が変わるという現象が起こり得ます。アナログ信号を直接減衰させるので、機械的なボリュームではやはり限界があります。

メインシステムで使用しているフルデジタルアンプでは左右レベル差がほぼゼロという理想的なスペックが得られています。ギャングエラーが気になる人はフルデジタルアンプを試してみるべきですね。

au-5500-restore-1120.jpg

しばらくランニングテストをして動作の安定性を確認した後、最終調整に入りたいと思います。


posted by toons at 08:57| Comment(0) | サウンド

2018年11月20日

アップデート -「Vocalise Scope」ver 4.3

icon-vocalise-v410.png

Vocalise Scope」をバージョン4.3にアップデートしました。

「Vocalise Scope」は、ボーカルの音程 (ピッチ) を推定してリアルタイムに表示するアプリです。ボーカルのセルフトレーニングをサポートします。レコーディング機能を有しており、一旦録音した音をサウンド解析表示できます。

たとえば、あなたの歌声、鼻歌、いびき、赤ちゃんの泣き声など、さまざまな人間の声帯が発する音の高さを推定してビジュアルに表示します。

vocalise_3_v410.png vocalise_2_v410.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 11:01| Comment(0) | お知らせ

御池桜 開花!

oikezakura-201811-1.jpg

御池通を歩いていたら、京都御池創生館の「リストランテ ストラーダ」のテラスにある「御池桜」がもう咲いているのを発見!

一本だけの桜ですが、街並木の紅葉とのコントラストがすこし不思議な感じです。

oikezakura-201811-2.jpg

冬に咲く品種なのですが、かなり早めに開花してしまったようですね。この冬も可憐に咲いて目を楽しませてくれると思います。

posted by toons at 00:31| Comment(0) | 日記

2018年11月19日

紅葉の真如堂 - 京都

shinnyodo-1.jpg

左京区浄土寺にある「真如堂」(真正極楽寺)の紅葉。

参道や境内の紅葉がかなり色づいてきました。ピークは今月末くらいでしょうか。

shinnyodo-2.jpg

CM「そうだ京都、行こう。」で紹介されてすっかり有名になってしまいました。隠れた紅葉の名所でとても静かなお寺だったのですが、、、

posted by toons at 12:57| Comment(0) | 日記

2018年11月14日

アップデート -「Sound Level Analyzer Lite」 ver 4.0

icon-slalite_v400.png

Sound Level Analyzer Lite」をバージョン4.0にアップデートしました。

Sound Level Analyzer Lite」は、周辺環境の騒音やライブイベント等のサウンドレベルを簡単に測ることができる騒音計アプリです。

Sound Level Analyzer」をシンプル化した無料バージョンです。

スタートボタンを押すだけで簡単にサウンドレベルを計測できます。測定したサウンドレベルはデシベル(dB)単位で表示されます。

最新バージョンで、画面デザインが刷新され、安定性および操作性がさらに向上しました。

slalite_v400_a_fast_2.png slalite_c_slow_v400.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 16:07| Comment(0) | お知らせ

京都御所 秋の一般拝観

kyotogosho-visit.jpg

先週末、さわやかな秋空に恵まれましたので、久々に京都御所の一般拝観にいってきました。

kyotogosho-1.jpg

京都御所は2016年7月から通年公開になってからいつでも行けるということで、しばらくご無沙汰していました。3年ぶりなので、どう変わったのかが楽しみだったのですが、、、、

kyotogosho-2.jpg

高御座が東京に出張中のため、紫宸殿の奥の障子絵がすべて見ることができました。ちょっと遠すぎて写真ではうまく撮れていませんでした。

あちらこちらが、工事のための白い塀で覆われていて、かなりがっかりでした。

しかも見学ルートもかなり制限され、多くの建物がガラス張りになってよく見えなくなっています。通年公開によって、本来の京都御所の風情は伺うことができなくなったようです。

kyotogosho-3.jpg

京都御所全体に大規模な補修工事をやっていました。かなりの国家予算が下りているようです。

来年の天皇即位やオリンピック2020に付随するものなのでしょうか?

京都市内のホテル建設ラッシュのバブル状況ともオーバーラップしているようにもみえます。

kyotogosho-7.jpg

また、この夏に近畿地方を直撃した台風の爪痕が京都御苑内でも多数残っていました。

kyotogosho-4.jpg

kyotogosho-5.jpg

桜や松が折れて枯れていたり、場所によっては、大きな大木が根ごと倒伏してしまっていました。

二次被害がでる可能性のあるので、伐採してしまった木も多数ありました。

kyotogosho-6.jpg

市内中心部の京都御苑でこのような有様だと今年の紅葉はあまり期待できそうもありませんね。

posted by toons at 08:25| Comment(0) | 日記

2018年11月13日

アップデート -「Sound Level Analyzer PRO」ver2.0

icon-slapro_v200.png

Sound Level Analyzer PRO」をバージョン2.0にアップデートしました。

Sound Level Analyzer PRO」は、サウンドレベル測定(騒音計)や多彩な騒音解析ツールを備えたサウンド計測統合アプリです。

Sound Level Analyzer」をさらに進化させた高機能な騒音計測ツールです。

環境騒音、特定音源、ミュージックサウンドなどのサウンドレベルをリアルタイムに測定できます。

最新バージョンで、画面デザインが刷新され、安定性および操作性がさらに向上しました。

slapro_v200_main.png slapro_v200_ps_all.png

本アプリは強力なサウンド解析機能を有しており、リアルタイムの周波数スペクトラム解析、長時間にわたる時間変動レベル表示、サウンドレベル統計解析(ヒストグラムおよび時間率騒音レベル)を行なうことができます。

また、音源のサウンド特性や発生頻度の傾向など、多角的に分析するためにもご利用いただけます。

slapro_v200_tc.png slapro_v200_sa_hist.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 20:46| Comment(0) | お知らせ

アップデート -「Sound Level Analyzer 」ver3.0

icon-sla_v300.png

Sound Level Analyzer」をバージョン3.0にアップデートしました。

Sound Level Analyzer」は、サウンドレベル測定 (騒音計) アプリです。周波数解析などのオーディオ解析ツールも備えています。

環境騒音、特定音源、ミュージックサウンドなどをリアルタイムに測定解析することができます。簡単な操作で、サウンド状況をグラフと数値でビジュアルに確認できます。

最新バージョンで、画面デザインが刷新され、安定性および操作性がさらに向上しました。

sla_v300_main.png sla_v300_ps_all_max.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 20:40| Comment(0) | お知らせ