2018年02月27日

LEDシーリングライト

led-ceiling.jpg

昨年末から、家庭の照明をLED電球に順次交換を進めていましたが、天井のシーリングライトは手付かずでした。今回、蛍光灯シーリングライトをLEDシーリングライトに入れ替えてみました。

パナソニック 「LEDシーリングライト 目覚めのあかり搭載タイプ 調光・調色 くつろぎあかり」という製品です。

明るさと色合いを自由に調整でき、それらを時間設定で変えられたり、「くつろぎのあかり」というリラックスできる間接光もあって、とても気に入っています。また、朝の目覚し時計がわりに照明の明るさで起こしてくれる機能もあり、寝室にはうってつけでした。消費電力も従来の蛍光灯2灯の72Wから、LED照明では38W(最大時)に半減できました。

実は、省エネや明るさの機能よりも製品自体の内部構造に興味深々で、設置前に確認してみました。
乳白色カバーを外すと、円周状に192個もの光拡散レンズがついたLEDチップ、さらに常夜灯LEDユニットが搭載されていました。さすがに、この構造ではLEDパーツ交換は容易ではなく、製品修理は簡単ではなさそうです。

これでシーリングライトも普通の電気製品になったということですね。LED寿命・約5年で照明器具本体を買い換える需要サイクルが完全にできたみたいです。
posted by toons at 08:45| Comment(0) | 日記

2018年02月26日

アップデート - 「Low Frequency Detector」ver 1.2

icon-lfd_v100.png

「Low Frequency Detector」をバージョン1.2にアップデートしました。

「Low Frequency Detector」は、耳に聞こえにくい低周波音を検出するためのアプリです。

人の耳は低い周波数になるほど鈍感です。あなたが気付かないうちに近隣の工事や工場などの騒音にさらされ、不快感や圧迫感を感じて気分が悪くなることもあります。そのような不快な騒音がありそうな時、簡単な操作でどのような低周波音が発生しているかを調べることができます。

一般に、低周波音は、100Hz以下の周波数の音波で、その周波数成分とサウンドレベルによって人体への影響度や騒音感覚が異なります。低周波になるほど聴覚の感度が低くなり、20Hz以下の超低周波になるとほとんど認識できなくなります。このような低周波音は、身体的、物理的な影響があるにも関わらず、客観的に認識できないため、様々な社会問題等が発生しています。
たとえば、風力発電、ヒートポンプ給湯機、家庭用燃料電池など、近年よくみかけるようになった分野でも低周波による被害問題がおこっており、訴訟にまで発展しているケースもあるようです。

本アプリは、そのような低周波音を検出するためのサウンド計測ツールで、低周波のパワーレベル、周波数分析(1/3オクターブバンド解析、FFT解析)を測定表示することが可能です。

低周波騒音の1/3オクターブバンド測定の一例です。

lfdetector_oct.png


本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 10:54| Comment(0) | お知らせ

2018年02月23日

アップデート - 「Audio Frequency Analyzer」ver 4.1

icon-afa_v300.png

「Audio Frequency Analyzer」をバージョン4.1にアップデートしました。

「Audio Frequency Analyzer」は、iPhone用スペクトラム・オーディオ・アナライザー(RTA)・アプリです。iPhoneがコンパクトなオーディオ測定器に変身します。

afa_oct_2_v400.png

afa_fft_2_v400.png

afa_oct_calib_octband_v400.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 08:59| Comment(0) | お知らせ

2018年02月22日

アップデート - 「Vibroscope Lite」 ver 2.0

icon-vslite_v200.png

「Vibroscope Lite」をバージョン2.0にアップデートしました。

「Vibroscope Lite」は、加速度センサーを使った振動計測ツールです。上位アプリ「Vibroscope」の計測解析機能をシンプル化した無料アプリです。

vslite_v200_main.png

vslite_v200_main_val.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png

posted by toons at 18:48| Comment(0) | お知らせ

2018年02月21日

アップデート - 「Vibroscope」 ver 2.0

icon-vs_v110.png

「Vibroscope」をバージョン2.0にアップデートしました。

「Vibroscope」は、加速度センサーを使った振動計測/解析ツールです。リアルタイムに振動レベルとその発生状況を知ることができます。

水平方向を2軸平面グラフ表示、鉛直方向を時間軸の波形表示でグラフィカルに表示することで、直感的に振動レベル(加速度) を知ることができます。

床、机などに置いての使用や手持ちでも使えるように、端末の方向に関係なく水平、鉛直方向を判定して振動計測/解析することができます。

vs_v200_main.jpg

vs_v200_main_val.jpg

さらに、FFTアナライザーにより、低周波振動の周波数成分を解析する機能を搭載しています。振動レベル測定と同時にFFT解析をおこないますので、振動源の特徴を調べるのにも利用いただけます。

瞬間的な測定・解析表示をスナップショットする機能やデータロガー機能を備えています。

vs_v200_fft.jpg

vs_v200_fft-2.jpg

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png

posted by toons at 18:18| Comment(0) | お知らせ

2018年02月19日

ヤマサン正宗 - 島根・出雲

yamasan-1.jpg

ヤマサン正宗 純米生原酒 九号酵母 - 酒持田本店(島根・出雲)

お米の優しい香り、適度な酸味がありながら、しっかりした旨味のあるお酒です。18度と高いアルコール度数のため、すっきりした辛口に感じられ、飲み応えも十分でした。
醸造パラメータがわかりやすい、シンプルなラベルも好感度が高いですね。

アルコール度数:18度
精米歩合:70%
日本酒度:+6.0
原料米:五百万石100%
酵母:9号系
杜氏:岩成 利
posted by toons at 23:55| Comment(0) | フードカルチャー

2018年02月15日

バレンタインデー

バレンタインデーのいただきもの。

love-tofu.jpg

京仁助のハートとうふ。
はじめてこの形の豆腐をいただきました。絹ごし豆腐ならではのあっさりした食感ながら、大豆の風味がしっかりして美味しかったです。湖国近江産の大豆、伊豆大島産の海水にがり、京都・桂川の伏流水で仕込んでいるそうです。

kuheiji-choco.jpg

神奈川・平塚、シルスマリア(SILSMARIA)の「醸し人九平次 純米大吟醸 別誂」が入った生ホワイトチョコレート。生チョコ発祥のお店だそうです。
愛知の萬乗醸造・醸し人九平次の大吟醸酒ならではの味わいと爽やかな酸味が抜群で、日本酒との相性も抜群でした。ただし、アルコール 1.4%とかなり日本酒が入っていますので、大人向けですね。

otoemon-cake.jpg

京都・福知山、足立音衛門のケーキセット。
栗菓子で有名なお店ですが、チョコケーキもとても濃厚かつビターな味わいで美味しかったです。

fonadan-711.jpg

セブンイレブンの逸品、「とろける生チョコのフォンダンショコラ」。
電子レンジで温めると、生チョコがすこし融けて、とても濃厚な味わいでした。この値段で、近所のコンビニで普通に手に入るのは貴重ですね。

posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記

2018年02月14日

オーディオテクニカ AT-ML170/OCC

at-ml170.jpg

オーディオテクニカ製VMカートリッジ、「AT-ML170/OCC」です。

YAMAHA GT-2000LとストレートアームYSA-1との組み合わせで愛用しています。

「AT-ML170/OCC」は、ML(マイクロリニア)針、内部配線材がPCOCC、直径0.4mmのボロンパイプ表面に金を蒸着したカンチレバー、マウントベースにファインセラミックと、とても凝ったハード構成です。

GT-2000Lとの組み合わせでは、切れ味いい中高域と低域の重量感がバランスしたワイドレンジ&スムーズな再生をしてくれています。無理なく奥行き方向に展開する音場感が好ましいです。

なお、ML針はラインコンタクト針の一種で、レコード溝との接触曲率半径が非常に小さくて高域特性が劣化しない特徴をもっています。このため、1,000時間と長い針先寿命を実現しています。トラッキングも非常に高く、チャンネルセパレーションや高域特性などが大幅に改善されていました。

at-ml170-1.jpg

Audio Technica AT-ML170/OCC
発電方式:VM型
出力電圧:4mV/1kHz (5cm/sec)
針圧:1.25 ± 0.3g
再生周波数帯域:5 - 40,000Hz
チャンネルセパレーション:31dB/1kHz, 21dB/10kHz
チャンネルバランス:0.5dB/1kHz
コンプライアンス:10×10-6cm/dyne
負荷抵抗:47kΩ
針先:ML(マイクロリッジ)針
自重:7.0g
発売:1985年3月
交換針:ATN-ML170
備考:0.4o径金蒸着ボロン・カンチレバー、ファインセラミック・マウントベース。

海外向けのマニュアルを入手しましたので、参考までに掲載します。

at-ml170-m1.jpg

at-ml170-m2.jpg
posted by toons at 12:37| Comment(0) | サウンド

2018年02月09日

うぐいす大福 - 仙太郎の月一餅(二月)

uguishu-1.jpg

うぐいす大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

uguishu-2.jpg

2月は「うぐいす」を題材にした菓子でした。
江州産羽二重餅に、丹波大納言小豆のつぶあんを包み、うぐいす粉をまぶしたものです。
丹波大納言小豆ならでは風味豊かな味わいと、きれいな若草色のうぐいす粉のさわやかさが絶妙でした!

posted by toons at 23:56| Comment(0) | フードカルチャー

2018年02月04日

吉田神社の節分祭 - 京都

setubun-0.jpg

昨日、吉田神社の節分祭にいってきました。平安時代に平安京の守護神として創建された神社で、京都大学の東側の吉田山にあります。

setubun-2.jpg

2月2日〜4日の節分祭には50万人もの参拝客が訪れるそうです。門前には約800軒の露店が出ていてとても賑わっていました。写真の大元宮は、節分詣の発祥の社だそうで、夜間拝観できるのは節分祭のときだけです。

setubun-1.jpg

境内では厄除け福豆が売られており、「福当たり」という抽選券がついています。自動車とか豪華景品の当たるので、いつも早々に売り切れてしまいます。
今年はギリギリセーフでなんとか入手できてよかったです。ちなみに、福豆は京豆菓子の老舗「豆政」謹製です。

setubun-3.jpg
posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記