2022年01月22日

アップデート -「Magnetscape / Lite」ver 4.0

icon-magnetscape_v400.png icon-magnetscape_lite_v400.png

「Magnetscape」および「Magnetscape Lite」をバージョン 4.0 にアップデートしました。

「Magnetscape」は、iPhone内蔵の磁気センサーを利用して、目に見えない磁界を観測するアプリです。「Magnetscape Lite」は「Magnetscape」をシンプル化した無料バージョンです。

本アプリは周囲の磁界をリアルタイムにモニターすることが可能です。例えば、金属探知、静磁界の調査、交流磁場(電磁場)での低電磁場の探索などにもご利用いただけます。

最新バージョンで、UIデザインを更新し、内部処理を改善して安定性を向上しました。

#Magbetscape
mag_scope_1_v400.jpg mag_time_v400.jpg 

mag_time_hold_v400.jpg


#Magenetscape Lite
maglite_scope_1_v400.jpg maglite_time_v400.jpg

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

#Magenetscape
Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png

#Magenetscape Lite
Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 18:41| Comment(0) | お知らせ

2022年01月10日

無印良品「福缶」2022

fukukan-2022-1.jpg

無印良品「福缶」を受け取りに行ってきました!

昨年末にネットストアの抽選に申し込んで運よく当選したものです。福袋ならぬ福缶というのがミソです。

以前はお正月に整理券が配られて店頭販売されていましたが、昨年からネットストアの店舗受け取りサービスのみに。つまり当選した人だけが店頭で入手できるシステムになっています。

fukukan-2022-6.jpg

この「福缶」は日本各地で親しまれている手づくり縁起物と「MUJI GIFT CARD(2022円分)」が入ったセットで、価格は2022円!毎年1円ずつ価格が上がっています。

fukukan-2022-3.jpg

実質タダなのでお年玉みたいなものですね。子供の頃、森永チョコボールの「おもちゃの缶詰」が当たって大喜びしたことがありましたが、それ以来のお楽しみ缶詰です。

fukukan-2022-4.jpg

さっそく開缶してみると、手作り縁起物が一点、ギフトカード一枚、パンフレットが入っていました。

てっきり干支の寅にまつわるものだろうと、包装紙を開いてみてびっくり、、、猿の土鈴が!

fukukan-2022-5.jpg

佐賀の郷土玩具「寒水(しょうず)のガラガラ」

佐賀県三養基郡の東寒水あたりで800年以上前から作られていたとされる土鈴で、長らく途絶えていたのを佐賀一品堂さんが古い資料などを基に復刻させたものだそうです。

ちなみに、ネット検索して価格を調べてみると、、、ここには記しませんが、予想以上に価値のあるものでした。とても有難く玄関に飾らせていただきます。
.t
posted by toons at 23:56| Comment(0) | 日記

2022年01月07日

アップデート -「Vocal On Stave」ver 3.0 - 無料アプリ!

icon-vos_v300.png

「Vocal On Stave」をバージョン3.0 にアップデートしました!

「Vocal On Stave」は、ボーカルの音程(ピッチ)をグラフ表示するアプリです。

あなたの歌声を改善するためのサポートツールとしてご利用いただけます。

iPhoneの内蔵マイクに向かって歌うだけで、ボーカルの基本ピッチが五線譜上にリアルタイムで表示されます。

あなた自身の音程を確認して、歌唱力の向上にお役立てください。

最新バージョンで、UIデザインが更新され、安定性も向上しました。

vos_1_v300.jpg vos_2_v300.jpg

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 23:56| Comment(0) | お知らせ

2022年01月01日

謹賀新年

nega2022.jpg

旧年中は格別のお引き立てありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2022.1.1
TOON, LLC.

toon_logo.png
posted by toons at 18:48| Comment(0) | お知らせ

2021年12月28日

冬季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、下記日程を冬季休業とさせていただきます。

冬季休業期間:2021年12月29日 〜 2022年1月5日

休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答させていただきます。

皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

2022年も変らぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

toon_logo.png

TOON, LLC.
posted by toons at 09:00| Comment(0) | お知らせ

2021年12月25日

老松の「聖夜」

oimatsu-seiya-2021.jpg

クリスマス限定の生菓子、老松の「聖夜」

毎年楽しみにしています。

淡雪のようなふわっとした食感のつくね芋のきんとん、中はこしあん、老松らしいとても上品な味わいでした。
.t
posted by toons at 23:55| Comment(0) | カルチャー

2021年12月23日

アップデート -「Audio Frequency Analyzer」ver 7.0

icon-AFA_v700.png

「Audio Frequency Analyzer」をバージョン 7.0 にアップデートしました。

「Audio Frequency Analyzer」は、iPhone用スペクトラム・オーディオ・アナライザー(RTA)アプリです。

シンプルな操作感で、あなたのサウンド環境の周波数特性をリアルタイムに計測評価できます。

オーディオ機器のセッティング、スピーカーテスト、ステージ音響、サウンドミキシング環境の評価、騒音環境の調査などに最適です。様々なサウンドシーンでご利用ください。

1/3オクターブ・30バンドの周波数レスポンス解析、または、FFTアナライザーによる周波数スペクトラム解析による計測が可能です。

# 周波数レスポンス解析 - 1/3オクターブバンド
afa_oct_val_v700.jpg

# FFT解析
afa_fft_1_v700.jpg

最新バージョンで、FFTグラフの傾きを変更して表示する新機能 (Slope) が追加され、UIデザインも刷新しました。

# FFT解析 - Slope OFF
afa_slope_off_v700.jpg

# FFT解析 - Slope ON (3dB/oct、中心周波数1kHz)
afa_slope_on_v700.jpg

「Audio Frequency Analyzer」の詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 16:00| Comment(0) | お知らせ

2021年12月21日

パコ・デ・ルシア(Paco de Lucía)

paco2.jpg

本日は、偉大なギタリスト、パコ・デ・ルシア(Paco de Lucía)の誕生日(1947年12月21日)でした。

フラメンコの枠を超え、ギターミュージックの新たな地平を切り開いた天才。

来日するたびに、ライブコンサートを聴きに行っていました。

ライブといえば、「Friday Night in San Francisco - Live」(1980年12月5日, リリース1981年)のジョン・マクラフリン、アル・ディメオラとのスーパーギタートリオが有名ですが、わたしは "LIVE UNDER THE SKY"(1981年7月25日、東京・田園コロシアム)でのチック・コリアとの競演がとくに印象に残っています。あの豪雨ともいえる雨の中の野外ライブは空前絶後でした。

2014年2月25日にツアー中のメキシコで亡くなったという悲報に接したときには喪失感に涙したものです。

晩年は若い頃のように超絶技巧でギターを弾きまくるという感じではなくなっていましたが、その進化しつづける姿勢と音楽性を敬愛していました。

この「二筋の川 - Fuente y caudal」 (リリース 1973年)と題されたアルバムが私にとってパコの音楽の原点。フラメンコの伝統に立ちながら、パコが新しい音楽の創造をはじめた源流です。もし機会があればぜひお聴きください。
.t
posted by toons at 23:52| Comment(0) | オーディオ

2021年12月13日

マルシェ・ド・ノエル 2021

leMarcheNoel211212-1.jpg

昨日、クリスマスマーケット「マルシェ・ド・ノエル 2021」に、散歩の途中で寄ってみました。

leMarcheNoel211212-2.jpg

毎年12月の第2週末に、「アンスティチュ・フランセ関西・京都」で開催されています。場所は百万遍の交差点からほど近く、京大の施設に囲まれています。

leMarcheNoel211212-4.jpg

もう夕暮れ時だったせいか、昨年よりも混雑していません。ただ、出店している露店の商品もかなり売り切れ気味でちょっと残念な感じ。お昼は混んでいたんでしょう。

leMarcheNoel211212-3.jpg

日が暮れてすこし寒くなってきたので、アルザスのスパークリングワイン、ホットワイン、國津果実酒醸造所の自家醸造ワイン"TAYA"などをいただいて、すっかりほろ酔い気分に!

leMarcheNoel211212-5.jpg

スティーヴ エトウさんのパーカッション・ライブもありました。ちょっとエキゾティックな感じの即興音楽で、大きなハンドドラムの重低音がとても心地よかったです。

leMarcheNoel211212-6.jpg

どれくらいの周波数帯域が出ているのか測ってみると、最低域は40-50Hzくらいと想像より少し高めでした。生音だと音の立ち上がりが速いのでズシリと響くようですね。

すこし早いクリスマス気分を満喫!久しぶりにコロナから解放された気分で楽しかったです。
.t
posted by toons at 22:54| Comment(0) | カルチャー

2021年12月08日

我が家にもアマゾン"AWS"システム障害の余波が!

朝から我が家のスマートホーム環境がどうもおかしい!?

アレクサに呼び掛けても反応が鈍いし、家電製品をリモートコントロールしている「SwitchBot」がまったく反応しない状況!

米国東海岸エリアで Amazon Web Services(AWS)が大規模なシステム障害を起こしているというニュースが流れていたので、もしかしたらと思っていましたが、、、

SwitchBotのサポートページで確認すると、AWSでシステム障害が発生して、全製品でスマート家電操作が利用できなくなっているとのこと。以前も同様なAWS障害による稼働不具合がありました。

SwitchBot【12月8日(水)システム障害のお詫びと復旧のお知らせ】
■発生日時
 クラウドサービス異常:2021年12月8日(水)2時37分〜11時39分
 サーバー混雑期間:2021年12月8日(水)11時39分〜22時59分
■影響を受けた製品:全製品
■現れた故障:
 デバイスがオフラインになり遠隔でデバイスを操作できない
 エラー190を表示する
 SwitchBotシーンが実行しない
 アカウントにログインできない
 Alexa、Googleアシスタント、Siri、IFTTT、LINEクローバからの操作失敗
■障害原因
 弊社が使用しているアマゾン ウェブ サービス(AWS)の異常が発生し、障害期間のリクエストが積んでおり、大量なアクセスが集中して回線が混み合う状況がありました。
■今後の対策について
 クラウドサービスなどによるサービスの耐障害性の向上を検討してまいります。本件について、ご不明点やサポートが必要なお客様はSwitchBotアプリのフィードバックまでお問い合わせください。ご不便、ご迷惑をお掛けしましたことに、改めて心より深くお詫び申し上げます。

SwitchBot以外にも多数のオンラインサービスやアプリが利用できなくなっているとのこと。いかにAWSのようなクラウドサービスに依存しているか改めて実感しました。

昼過ぎから反応が鈍いながらも、なんとか動き始めました。
こちらからSwitchBotサポートサイトにアクセスして確認してみないと何が起こっているのかもわかりませんし、このようなクラウドサービス経由のIoTデバイス制御が安全なのかどうか再考したいと思っています。
インターネットのメリットである分散化がクラウドサービスで逆に集約化されて、その意義が失われてしまっているという実態はとても危険ですね。
.t
posted by toons at 23:54| Comment(0) | 日記

2021年12月06日

本日は「音の日」

1877年12月6日にトーマス・エジソンが「フォノグラフ(錫箔蓄音機)」を発明した日に因んでいます。まさに、オーディオが産声をあげた日ですね。

十数年前、金沢を旅したとき、金沢蓄音機館で様々なタイプの機械式蓄音機を聴く機会がありました。

そのなかでよく覚えているのは、「Victrola Credenza (ビクトローラ・クレデンザ)」、「蓄音機の王様」ともいわれた名機、1925年に製品化されたものです。当時、家一軒が購入できる価格だったとか。

それまで、ごく一般的なSP蓄音機は何度も聴いたことがあったのですが、このビクトローラ・クレデンザの再生音には驚かされました。
78回転SPレコードを電気増幅なし、ホーンスピーカー(コンパクトに折り畳まれた全長180cmホーン)のみでメカニカルに再生しているにもかかわらず、とてもモノラルとは信じられない深く繊細な音で、臨場感がとくに素晴らしい。しかも小規模ホールでも十分なほどの再生音量(ダイナミックレンジ)でした。

たしかに再生周波数レンジは狭いですが、人の聴感のスィートスポットを知り尽くした絶妙なチューニングが施されているのでしょう。むしろ楽器といったほうがいいかもしれません。100年前に、音楽を忠実に録音再生できる技術がひとつの頂点に達していたのを改めて実感した体験でした。それから、すっかりSPレコードマニアの方々(そのセンスと耳の良さ)を尊敬するようになりました。
.t
posted by toons at 23:55| Comment(0) | オーディオ

2021年12月01日

アップデート -「Low Frequency Detector」ver 4.0

icon-lfd_v400.png

「Low Frequency Detector」をバージョン 4.0 にアップデートしました。

「Low Frequency Detector」は、耳に聞こえにくい低周波音を検出するためのサウンド計測アプリです。

人の耳は低い周波数になるほど鈍感です。あなたが気付かないうちに近隣の工事や工場などの騒音にさらされ、不快感や圧迫感を感じて気分が悪くなることもあります。そのような不快な騒音がありそうな時、簡単な操作でどのような低周波音が発生しているかを調べることができます。

最新バージョンで、キャリブレーション処理の改善により、チューニング処理を削減しました。アプリの初期設定がシンプルな手順になり、より使いやすくなりました。

本アプリは、低周波のパワーレベル、時間遷移、周波数分析(1/3オクターブバンド解析、FFT解析)を測定表示することが可能です。

<時間遷移グラフ>
lfd_time_top_2_v400.jpg

<1/3オクターブバンド解析>
lfd_oct_top_2_v400.jpg

<FFT解析>
lfd_fft_top_2_v400.jpg

また、レポート機能により、計測時間内の瞬間最大値における解析結果を表示することができます。

<レポート表示>
lfd_report_v400.jpg

低周波音の発生源としては、つぎのようなものがあります。原因不明の体調不良や気分がすぐれないとき、このような低周波音に曝されている可能性もあります。

・家庭での発生源:ヒートポンプ給湯機、家庭用燃料電池、換気扇、冷蔵庫、エアコン、送風機、脱水ポンプ、など
・屋外の発生源:自動車、電車、航空機、ビル空調の室外機、工場騒音、道路橋の長期振動、風力発電、など

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 18:52| Comment(0) | お知らせ

2021年11月30日

新しいブレッドナイフ - サンクラフト「せせらぎ」

seseragi-1.jpg

新しいブレッドナイフを入手!

岐阜・関の刃物メーカー、サンクラフト「せせらぎ(MS-001)」です。

seseragi-2.jpg

長らく使っていたのは、貝印ブレッドナイフ「ウェーブカット 140mm」
すっかり切れ味が落ちていたので、波刃(片刃)をセラミックやすりで目出しをして、片刃包丁の要領で研いで使っていました。
かなり切れ味は戻ったのですが、柔らかいブレード素材のためか、しばらく使っていると切れが甘くなってしまいます。波刃の包丁研ぎはとても手間が掛かるので、思い切って新調することにしました。

bread-knifes.jpg

このサンクラフト「せせらぎ」、刃渡りは210mm、かなり複雑な形状の刃をしていて、どんなパンでもきれいに切れるという評判になっていました。

2018年末に「クラウドファンディング Makuake」でプロジェクト企画され、2019年3月から一般販売されているようです。

seseragi-3.jpg

東急ハンズで入手しました。あとでメーカー直販サイトを見たら年内在庫は既に無く、入荷予定は来年1月末以降とのこと。

seseragi-4.jpg

このブレッドナイフは、先端からストレート刃、大きな波刃、小さな波刃と徐々に変化するような刃形状が特長です。ブレード全体も緩やかなカーブをもっていて、パンを切る時に余分な力をいれなくてもすっーと切れ込んでいきます。

堅いバゲットも軽い力で割れることなく、パンくずが少なくて切れました。いままで使っていた貝印ブレッドナイフがいかに無理をしていたか実感。やはり刃渡りが長いのも有利ですね。さらに、ローストビーフも試してみましたが、思った通りによく切れること。

最近、近所に新しいパン屋さんが増えてきているので、これで楽しいパンライフが過ごせそうです!
.t
posted by toons at 23:52| Comment(0) | カルチャー

2021年11月09日

二条城 ライトアップ

nijyo-2021-11-2.jpg

秋の日は釣瓶落とし、夕暮れがとても早いなぁと、堀川御池あたりを歩いていたら、とても鮮やかなイエローの灯りが、、、二条城がライトアップされていました。

nijyo-2021-11-1.jpg

すこし近づいてみると、「二条城夜会」という夜間イベントがおこなわれていました。AI駆動の大型プロジェクションマッピングを使った没入参加型デジタルアートイベントとのこと。

nijyo-2021-11-3.jpg

あまり宣伝していないのか、あるいは、入場制限して密を避けるようにしているのか、入場口の行列もわずか、人出は少なそうでした。このイベントは11/5から12/12まで、事前チケット予約したほうがいいみたいです。
.t
posted by toons at 23:14| Comment(0) | 日記

2021年11月07日

アップデート -「Sound Level Analyzer Lite」ver6.0 無料アプリ

icon-SLAlite_v600.png

「Sound Level Analyzer Lite」をバージョン 6.0 にアップデートしました。

「Sound Level Analyzer Lite」は、環境騒音やライブイベント等のサウンドレベルを簡単に測ることができる騒音計アプリです。

世界中でご愛用いただいている騒音計測アプリ「Sound Level Analyzer / PRO」をシンプル化した無料バージョンです。

スタートボタンを押すだけで簡単にサウンドレベルを計測できます。測定したサウンドレベルはデシベル(dB)単位で表示されます。

slalite_leq_a_1_v600.jpg slalite_leq_c_1_v600.jpg

騒音計に必要な周波数重み付け特性、時間重み付け特性を切り替えることができ、適切なサウンドレベル計測が可能です。

#環境騒音と騒音レベルの一例
  130dB:飛行機のエンジン音
  110dB:自動車のクラクション
  100dB:列車の通過時の騒音
   90dB:騒々しい工場の中
   80dB:電車の中、掃除機
   70dB:騒々しいオフィスや街頭
   60dB:静かな自動車、普通の会話
   50dB:静かなオフィス
   40dB:図書館の中、 静かな住宅街
   30dB:深夜の郊外、ささやき声
   20dB:木の葉の擦れあう音

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png

続きを読む
posted by toons at 10:55| Comment(0) | お知らせ