2018年10月27日

サンスイ AU-5500 レストア(2)

au5500-pre-repair-1.jpg

43年前のサンスイのインテグレーテッドアンプ AU-5500をレストア中です。

au5500-pre-repair-3a.jpg

とりあえず、トップパネルを外して、電源を投入してみると、パイロットランプ(赤色LED!)はちゃんと点灯してますが、保護回路のリレーが解除されません。

すると内部からなにかの振動音が聞こえてきます。煙とかは出てこないので、ひとまず安心。

この状態で2-3分ほど放置していると、突然振動音が止まり、保護回路の解除されて、音が出力されるようになりました。

かなり濃い音で歪んでいたりはしません。歪み率やクロストーク性能はあまり良くない感じです。

この不具合は保護回路がすぐに解除されないということから、パワーアンプ周りでなにかが起こっている可能性が高いです。そこで、底板も外して、内部を観察してみました。

au5500-pre-repair-2.jpg

メタルキャンのパワートランジスタが載っている基板がパワーアンプ部、シングルプッシュプルのオーソドックスな構成のようです。パワートランジスタはサンケンの2SC1619/2SA808、Pc=50wのもので、すでにディスコンで入手困難なようです。

ここに保護回路のリレーが見つかりました。保護回路とドライバー段あたりがかなり怪しいですね。

すこし観察して、すぐわかったのは、この基板に載っている電解コンデンサーの部品劣化が相当進んでおり、これが主因のようです。

この基板は裏向き(部品面が下側)なので、どうしても熱がこもって部品の熱劣化も起こしやすい実装になっています。筐体内部にはスペースがいっぱいあるのに、なぜこんな構成にしたのか不思議です。

au5500-pre-repair-4.jpg

この電解コンデンサー、内部の電解液が膨張してきて斜めになっています。実際、部品の下半分が発熱で黒ずんで、電極もグラグラしていますので、パンク寸前なのは確かだと思います。
例の振動音もこの電解コンデンサーが発生源のようでした。

ということで、内部の劣化部品を順番に交換していくしかなさそうです。全体にばらして、各基板ごとに修理していく感じですね。

幸いパワートランジスタは無事のようなので、最低限の部品交換でなんとかなるかもしれません。

au5500-pre-repair-5.jpg

アンプ全体に汚れがこびりついているので、まずは清掃から作業を進めることにします。

フロントパネルだけは傷も少ないですが、タバコの煙で燻されてシルバーだったはずのスイッチ、つまみ類がゴールドに染まっていました。まだまだ先は長そうです。

au5500-pre-repair-6.jpg
posted by toons at 04:44| Comment(0) | サウンド

2018年10月23日

SABA de SHU - 鯖専用日本酒

SABA-deshu-1.jpg

日本酒の美味しい季節になりましたね。最近、ちょっと珍しい日本酒を見つけました!

”SABA de SHU サバデシュ” - 鯖専用日本酒

・醸造元: 吉久保酒造(茨城県水戸市)
・原材料名:米・米麹・醸造アルコール
・原料米:非公開
・アルコール度数:15.3度
・精米歩合:非公開
・日本酒度:+4
・酸度:非公開

鯖を美味しく楽しくいただくために造られた日本酒だそうです。

蔵元のある茨城県は鯖の水揚げ日本一ということで、今年3月8日(サバの日)に発売開始された新商品です。

青背の魚、とくに鯖が大好きなので、さっそくゲットしてみました。

SABA-deshu-2.jpg

多種の日本酒のブレンドとのことで、原料米も精米歩合も非公開で、このあたりに味の秘密がありそうです。

酸度とアミノ酸度が高く、やや辛口、スッキリとした味わいで、鯖特有の脂をきれいに流してくれました。

これからのシーズンの脂が乗った秋鯖にぴったりの日本酒でした!

このノリでいけば、”SANMA de SHU”もいけそうですね。
posted by toons at 20:11| Comment(0) | フードカルチャー

2018年10月22日

ピクニック@宝ヶ池公園

akizora-1.jpg

昨日の日曜日、秋晴れのいい天気でしたので、友人たちと宝ヶ池公園でピクニックをしました。

たくさんの料理と美味しいお酒が持ち寄られて、賑やかなアウトドア宴会になりました。おかげでとても楽しいひとときが過ごせました!

akizora-2.jpg
posted by toons at 23:57| Comment(0) | 日記

2018年10月19日

長刀研ぎ - もっとも漢字が書きやすい万年筆 - 祝復活!

naginata-1.jpg

SAILOR プロフィット21 長刀研ぎ・シルバートリム・中細字 (旧モデル)

セーラーの特殊ペン先万年筆、長刀研ぎ。もっとも漢字が書きやすい万年筆といわれています。

これは、長刀研ぎの開発・製作者で「万年筆の神様」と称された長原宣義氏がご健在だった頃に入手した一本です。

naginata-2.jpg

手作業でペン先を削りだすために、とても生産量が少なく、受注生産されていました。

セーラー万年筆が2017年1月に「受注に生産能力が追いつかないため新規注文の受付中止」を発表してからは、入手困難な万年筆になっていました。

この長刀研ぎ万年筆の字幅(中細字・NMF)は、製品ラインナップでは一番の細字タイプなのですが、通常の万年筆のペン先では太字(B)に匹敵します。

naginata-3.jpg

はじめて、この万年筆を使って漢字を書いたときに、その素晴らしさに驚きました。

インクフローがとてもよくて、紙の上を舞っているような感じがする独特の書き味です。

さらに、21金ペン特有のソフトでしなやかな感触は今まで使ってきたどの万年筆よりも書やすく、力強い文字がスムーズに書けます。

つぎの試し書きは、セーラーの超微粒子顔料インク「極黒」によるもので、漆黒ともいえる濃い黒色です。むしろ「青墨」インクで書いた方がブルーブラックの濃淡がしっかり出て面白かったんでしょうね。

naginata-moji-2.jpg

下の写真は、長刀研ぎ万年筆のニブ形状。ペン先が非常に大きくて長刀のように削り出されているのがわかります。

ペンを寝かせれば太い字で、立てると細い字になる独特なラインは、この形状から生み出されているんですね。漢字ならでの文字表現がペンの角度によって自在にコントロールできます。

といっても、いまだ使いこなせていませんが、、、

naginata-4.jpg

naginata-5.jpg

naginata-6.jpg

昨日、万年筆関連の情報をネットで調べていたら、セーラーの長刀研ぎを含めた特殊ペン先の万年筆が、2018年10月5日(金)より販売再開されたとのこと!

祝復活 "《ペン先》といえば「SAILOR」" ! とても喜ばしいですね。

セーラー万年筆独自のオリジナルペン先万年筆 10月5日(金)より販売再開

これによれは、セーラー万年筆は長刀研ぎも含めた独自ペン先の万年筆を新たな仕様と価格で、生産販売を再開しているようです。

ちょっと驚いたのが、その価格。以前の2倍超にアップ、なんと5万円越えに!

http://www.sailor.co.jp/lineup/fountainpen/10-7112

今回の仕様変更によって質感は向上していますが、まさかここまで値上げするとは、、、

同社のキングプロフィットやパイロットのカスタム845など、国産各社のトップモデルに匹敵する価格です。

旧製品はネットを探すとたまに市場在庫が見つかったりするようです。
長刀研ぎ万年筆にご興味のある方で、手軽に試したいならばそちらを探すのも手かもしれませんね。

参考)ペン先の種類と特長(セーラー)
http://www.sailor.co.jp/knowledge/original

posted by toons at 15:54| Comment(0) | 日記

2018年10月12日

アップデート -「Audio Tone Generator Lite」ver 4.0 - 無料アプリ!

icon-atglite_v400.png

Audio Tone Generator Lite」をバージョン4.0にアップデートしました。

Audio Tone Generator Lite」は、iPhoneで動作する高品質な定番トーンジェネレーターアプリ「ATG - Audio Tone Generator」の無料バージョンです。

サイン波、サイン波スィープ、ホワイトノイズ、ピンクノイズなどのオーディオリファレンス信号を生成します。

オーディオシステムのテスト、サウンドチューニング、聴力テストなどの基準音源として、幅広い分野で利用することができます。

バージョン4.0より、AirPlayに加えてBluetooth通信にも対応しました。

atglite_v400_sine.png atglite_v400_sweep.png

atglite_v400_pink.png atglite_v400_white.png

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 16:30| Comment(0) | お知らせ

2018年10月11日

アップデート -「ATG - Audio Tone Generator」ver 5.0

icon-atg_v500.png

「ATG - Audio Tone Generator」をバージョン5.0にアップデートしました。

「ATG - Audio Tone Generator」は、iPhone上で動作するオーディオ音源生成アプリです。

オーディオシステムのテスト、サウンドチューニング、聴力テストなどの基準音源として、幅広い分野で利用することができます。

本アプリで生成される音源信号は、サイン波、サイン波スィープ、ホワイトノイズ、ピンクノイズなどのオーディオ・リファレンス信号を生成します。サイン波スィープの生成時間はユーザーが指定することが可能です。

さらに、オクターブバンドノイズ生成機能により、1/1または1/3オクターブ単位でのバンドノイズを生成することができます。
オクターブを基準とした一定の周波数帯域のサウンド特性を測定評価するためにも利用できます。

バージョン5.0より、AirPlayに加えてBluetooth通信にも対応しました。

atg_v500_sine.png atg_v500_sweep.png

atg_v500_white.png atg_v500_pink_octbandnoise.png

本アプリは、以下のような、様々な応用が可能です。

- スピーカー、ヘッドホンなどの性能テスト、エージング
- オーディオアンプ、イコライザや他の多くのオーディオ機器のテストとチューニング
- 音響試験
- オーディオシステムの周波数特性評価
-サウンドマスキング
- リラクゼーション、メディテーション
- モスキート音の生成
- 聴力テスト

本アプリの詳しい情報は、App StoreTMに掲載されていますので、下記のリンクからご覧いただけます。

Available_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png
posted by toons at 13:34| Comment(0) | お知らせ

創立6周年のご挨拶

おかげさまで、弊社は本日10月11日に、創立6周年を迎えました。
これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年10月11日
合同会社トオン (TOON, LLC.)


posted by toons at 08:23| Comment(0) | お知らせ

2018年10月06日

黒ごま大福 - 仙太郎の月一餅(十月)

kurogoma-daifuku-2.jpg

黒ごま大福、京都大丸の仙太郎(直中房)の月一餅。

十月は「黒ごま」を題材にした菓子でした。

江州産羽二重餅に煎った黒ごまが混ぜ込んであり、丹波大納言小豆の粒あんが包まれています。

とても芳ばしい黒ごまの味わいが格別でした。

kurogoma-daifuku.jpg
posted by toons at 19:38| Comment(0) | フードカルチャー

サンスイ AU-5500 レストア(1)

au5500-1.jpg

友人から、ビンテージアンプの修理をお願いされました!

サンスイ AU-5500。

1975年にリリースされたインテグレーテッド・アンプです。

先輩からリリース翌年に譲られたものということで、実質ワンオーナー品とのこと。もう43年も経過したビンテージ・オーディオ製品です。

20年超、PA機材として業務利用されてきたそうで、相当なタバコの煙に燻されているようです。シルバーのはずのスイッチやツマミがすっかりゴールドに変色しています。

故障の症状としては、出力保護回路が働いて、音が出ないとのこと。この状態であれば、修理が可能かと思って預かってきました。

正直なところ、これくらい古いオーディオ製品を修理するのは初めてなので、どうしたもなのかなとも思っています。

とりあえず、内部状態を確認して、原因と対策を検討しているところです。

posted by toons at 00:59| Comment(0) | サウンド

2018年10月05日

灯り替え

akari-summer.jpg

すっかり秋めいて、「衣替え」の季節。

季節にあわせて「灯り替え」をおこないました。これはお風呂の灯りです。

昨年、家の灯りをLED化したことを契機に、灯りの演色性や色温度に敏感になってしまいました。いまや主なLED電球の灯りは、東芝の高演色LEDランプが主体で構成されています。

akari-Autumn.jpg

身体もまだ季節に馴染まない感じですが、確実に季節は進んでいます。

ということで、室内の主要なLEDの灯りを爽やかな色合いから暖かい色合いに変更してみました。

もしかしたら、人が季節感をいち早く認識する手段は光の色なのかもしれませんね!
posted by toons at 23:59| Comment(0) | 日記